カーナビならMITSUBISHI MOTORSだ!おすすめ2020年春夏モデルを紹介!

   
 

今回はMITSUBISHI MOTORS(ミツビシモーターズ)のカーナビおすすめ2020年春夏モデルを紹介していきます!

MITSUBISHI MOTORS(ミツビシモーターズ)のカーナビは社外品と純正品どちらがおすすめ?

ミツビシモーターズの車種といえば、デリカやekワゴン、アウトランダーが主流ですが、カーナビを選ぶ際は社外品と純正品どちらがおすすめなのでしょうか。

社外品の方がおすすめ

ミツビシモーターズに関しては社外品の方がおすすめです。

2020年2月にカーナビのリコール発生

2020年2月13日にナビゲーションシステムに不具合があるとして国土交通省にリコールの申し出をしています。
対象車種は『アウトランダーPHEV』、『アウトランダー』、『デリカD:5』の3車種で約4000台が対象となっています。
直近でリコールが発生しているというのはマイナスポイントですし、選ぶ際の大きなポイントにもなります。

連動するシステムが少ない

ホンダであれば、ホンダセンシング、マツダであればマツダコネクトとカーナビだけでなく、リアカメラや安全性とも連動しているシステムが多いのですが、三菱に関してはこういった連動するシステムが少ないです。
リアカメラの連動性は確認が必須ですが、車の性能で気にするポイントが少ないのは社外品を載せようと思っている人にとってはメリットと言えるでしょう。

スペックを選べる

社外品カーナビを選ぶメリットはやはりスペックを自由に選べるという点。
たとえば「車で音楽を聴きたい!」という人であればハイレゾ対応のカーナビを選べば音楽も楽しめるでしょうし、ナビ機能の充実さを重視する人であれば、ナビゲーション機能が充実したカーナビを選べます。

自分の好きなようにカーナビを選べるというのも社外品のメリットのひとつと言えます。

価格も安く済む可能性も

社外品カーナビのメリットとして純正品よりも安く済む可能性があります。カーナビにそこまで機能を求めず、最低限の機能で、ということであれば、純正品よりも安くなる可能性は高いです。

ただし、リアカメラの連動性やサイズなどきちんと確認して購入しないと思わぬ出費に繋がりかねないので注意しましょう。

MITSUBISHI MOTORS(ミツビシモーターズ)のカーナビのおすすめ3選

パナソニック Gorilla「CN-G530D」機能豊富なのに価格が安い!初心者でも安心して購入できるポータブルナビ

ひとつめはパナソニックのGorillaシリーズです。

このシリーズの最大のメリットは価格。本体価格だけであれば、2万円台で購入できるというのが非常に大きなメリットです。
誘導カラーレーンがリアルに表示されるなど、交差点地図拡大図がさらに見やすくなっています。

また、一時停止など標識の見落としを音とアイコンで注意喚起する「安全・安心運転サポート」機能を搭載しています。
初心者であれば、十分な機能を搭載しているのでおすすめです。

ケンウッド 彩速ナビ「MDV-M906HD」彩速ナビ初の7V型HDパネルを搭載

次のおすすめはケンウッドの彩速ナビシリーズです。高精細、広視野角な7V型HDパネルを搭載しており、明るく鮮やかなナビが非常にきれいなのが大きな特徴です。
うれしいのが別売りのドライブレコーダーと連動できる点。あおり運転が厳罰化されたことで、ドライブレコーダーを載せている人も多いと思いますが、カーナビと連動させることで、すぐに録画映像も確認できるので、カーナビとの連動性もほしい機能のひとつだと思います。

カロッツェリア 楽ナビ「AVIC-RZ710」大人気シリーズ楽ナビのエントリーモデル

最後は大人気シリーズ、カロッツェリアの楽ナビシリーズです。
とりあえず、社外ナビで悩んだらこのシリーズをおすすめします。

高解像度のHD液晶を搭載しており、「カロッツェリア史上最高の画質」を実現しています。

ぜひ、MITSUBISHI MOTORS(ミツビシモーターズ)のカーナビを選ぶ際に参考にしてください。

時代はゼロスポーツだ!おすすめな車種を詳しく解説!! 2020年度版前のページ

車のホイールの洗浄方法は?ホイールクリーナーのおすすめ3選!次のページ

関連記事

  1. 記事

    スズキのスイフトが2020年インドでベストセラーを記録!インドの自動車市場も徹底解説

    日本車は世界からみても信頼度が高く、地域を問わず実に幅ひろい車種が毎…

  2. 記事

    密を避けて遊ぼう!クルマで行きたい佐賀県のゴルフコース 

    九州の北西部に位置する佐賀県は、1年を通じて平均気温が暖かな気候。&…

  3. 記事

    日野自動車「お客様テクニカルセンター」の累計来場者が10万人を達成 ICTを活用した講習も導入検討へ…

    日野自動車は11月17日に、ユーザー向けの講習・試乗施設である「お客…

  4. 記事

    ReVisionモビリティサミット開催!モビリティビジネスを新たな視点から

    ReVisionモビリティサミットが開催され、モビリティビジネスを新…

  5. 記事

    【2021年高知県のイベントで警察や消防署の交通に関するものは参加にするときの注意する時の注意点まと…

    警察や消防、交通に関するイベントは子どもたちにとっても大人にとっても…

  6. 記事

    昭和から存在している神社もある西日本エリア

    納車直後に受ける人が多い車のお祓い。新車、中古車に関わらず納車後1週…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    大阪でおすすめのおそばは?年越しそばドライブがてら食べに行こう!
  2. 記事

    キーレスエントリーとは?その仕組みや電池交換についても解説します
  3. 記事

    ホンダの軽トラが2021年4月に生産終了|44年の歴史に幕を閉じる。今後のホンダ…
  4. 記事

    岐阜県には家族で楽しめる魅力テニスコートあり!車で出かけよう!
  5. 記事

    女性人気の筆頭車「ミラアヴィ」!人気の秘密をコンセプトとスペックの両面から解説!…
PAGE TOP