JR西日本が自分で開ける踏切を現地実験?踏切の事故についても解説!

   
 

皆さんは「踏切」と聞いてどんな踏切を思い浮かべますか?
踏切による事故は年々減ってはいるものの、「直接横断」と呼ばれる事故原因が後を立ちません。
そこで今回JR西日本は、自分で開けて通行する踏切を試験的に導入しました。
今回はどんな踏切なのか、ドライバーに何か影響はあるのかご説明していきます。

・自分で開ける踏切とは?

皆さんは踏切を想像すると、遮断器があり列車が近づいてくると自動で「カンカンカン」と音がなる踏切を想像するのではないでしょうか?
それは第一種踏切と言い、全国に29836箇所設置されています。
今回の自分で開ける踏切とは第4種踏切に分類され、「遮断機と踏切警報機のいずれも設置されていない踏切」を指します。

今回JR西日本は第4種踏切の踏切ゲートを、てつでん・サンポールと共同開発しました。
2月中旬から3月下旬にかけて、山陰線 長門三隅~長門市にある中山第1踏切(山口県長門市)で試験運用を行うとしています。この試験の結果を踏まえて今後どのようにするか検討しています。
第4種踏切では遮断器と警報機がないため、「直接横断」と呼ばれる、電車が見えていても横断してしまう、安全確認を怠ったまま侵入してしまうなど、踏切事故が良く発生しているのです。

Youtubeで紹介されている動画を添付しておきますので見てみてください。

・従来の対策とは?

第4種踏切での直接的な対策には、踏切そのものを「廃止」したり、第一種踏切に変えたり(遮断器の設置と、踏切警報機を設置)することでした。
ですがこれらを実行すると多額の設備投資がいるのと、近隣住民の理解が必要でした。

暫定対策として車両の通行を制限する「車両規制の杭」の設置や、一時停止を促す「カラー舗装化」見通し距離を確保する「防草コンクリート化」などを実施してきました。
ですが、最初に紹介した「車両規制の杭」は農耕車などが使用する場合は、設置が出来ないなどの課題がありました。

そこで新しく開発したのがこちらの踏切ゲートです。
これによって一時停止と左右確認を促し、直接横断を無くそうと考えています。
また常時下がっている仕組みで一時停止を促し、農耕車や軽車両が、降りることなく押し開けが可能な水平開閉式を採用しているのも特徴です。
また半自動式を採用しているため押した後は元に戻る必要がなく自動で戻り、アームも引っかかりを防止するためにあのような形状になっています。

・踏切事故の推移

年代事故件数割合
2016年14件車以外7件、車7件
2017年24件車以外17件、車7件
2019年17件車以外11件、車6件

また2019年の第一種踏切の100箇所あたりの事故件数は0.26、第4種踏切の1箇所の事故件数は0.70と、圧倒的に多くなっています。
また第4種種踏切の方が、通行量、鉄道の数も少ないはずなのにです。
また2019年の17件のうち11件が60歳以上の高齢者が事故を起こしている。
また、17件のうち7件が無理な横断が原因の事故となっています。

・まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は自分で開ける踏切に関してと踏切事故の推移についてご紹介してきました。
事故による、鉄道の遅れなどは多大な迷惑がかかる行為になります。
決められたルールをしっかり守って、踏切を横断するようにしていいきましょう!

・CarZoot 車 ガラス 撥水 

雨の日の運転で「見えにくいな」と誰しもが感じたことがあるのではないでしょうか?
雨の日は晴れた日よりも視界が悪く運転がしにくいです。
そんな時におすすめしたいのが「Car Zoot社のフロントガラスの撥水コーティング」です。

こちらの商品はプロ仕様であり、圧倒的な撥水能力を有しています。
また撥水コーティングと同時に、フロントガラスに付いた油膜取りも行ってくれるので一石二鳥です。
また施工すれば1年程度は効果が持続するので、何度も施工する手間が省けるのもいいですね。

この機会に一度試してみませんか?

MaaSの最前線 中部ニュービジネス協が講演会を開催!講演会の内容やMaaSについて紹介前のページ

静岡県でタンクローリーが横転する事故が発生?事故の詳細を徹底解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    【新情報】NEXCO中日本の大雪時の対応について徹底解説!

    NEXCO中日本が管理する北陸自動車道と東海北陸自動車道で2021年…

  2. 記事

    【福島県】ドライブがてら須賀川牡丹園で紅葉狩りしていきませんか?

    福島県には紅葉狩りの名所がたくさんあります。今回そんな紅葉狩…

  3. 記事

    車の燃料はガソリンや軽油だけではない。タクシーがLPG燃料を重宝する理由 

    突然ですが、タクシーがガソリンスタンドを使っている光景を見たことがあ…

  4. 記事

    広島県にある車で行ける年末を迎えるのにピッタリの年越しそば店を2紹介!

    広島県にある車で行けるおすすめ年越しそばが食べられるお店2店を紹介し…

  5. 記事

    プライベート空間だから集中できる愛媛県でおススメのパーソナルジムを紹介します!

    「最近身体が重くなってきた」、「久しぶりに身体を動かしたい」など近年…

  6. 記事

    30年近い歴史を持つSUBARUインプレッサからG4に注目してみた

    インプレッサと聞くと、ハッチバックタイプの「SPORT」やかつての世…

新着記事の一覧

  1. 滋賀県警察年頭視閲式に注目だ!滋賀県で行われる主な交通系イベ…
  2. 2020年は中止が続出!三重県で行われる交通系イベントを徹底…
  3. 【年末の交通安全県民運動】愛知で行われる交通系イベントをご紹…
  4. 静岡県で開催されるおすすめ交通系イベントをご紹介~2021年…
  5. 【岐阜県】実施予定の交通イベントの情報を集めてみました!
  1. 記事

    車が雪で立ち往生!必ず外気導入に切り替えよう!そのスイッチ操作方法も解説します!…
  2. 記事

    広島県の車事情と2021年おすすめ中古車ショップを紹介!
  3. 記事

    OKIエンジニアリングが電気自動車、ハイブリッドに搭載する大電力対応シロキサン暴…
  4. 記事

    プラスチック製品総合メーカー【天馬】の株価動向と事業内容とは?
  5. 記事

    車好きの父親にプレゼントするなら?喜ばれるギフト5選!
PAGE TOP