JAFと日本介助犬協会がクラウドファンディングを開始!思いやりある交通社会をめざして

   
 

日本自動車連盟(JAF)は、『街をゆく全てのクルマが思いやりいっぱいだったら、もっと素敵な交通社会が成り立つはず』という思いをみんなで叶えるプロジェクト【Omoiyality Drive(思いやりティドライブ)】を展開しています。

車椅子ユーザーでも安全安心で豊かな道路利用ができる交通社会を目指すべく、【Omoiyality Drive】のパートナーである、日本介助犬協会とJAFが共同でクラウドファンディングプロジェクトを開始しました。

クラウドファンディング開始の背景

なぜ今回、クラウドファンディングという形態でのプロジェクトが開始されたのでしょうか。介助犬を育成するにあたっての問題を交えてご紹介します。

介助犬の活動数が圧倒的に少ない

肢体不自由者の自立と社会参加を目的に訓練されているのが介助犬です。介助犬を必要としている方が15000人いるのに対し、2020年10月時点で活動している介助犬は57組と圧倒的に不足しているのが現状です。

一頭あたり240万円~300万円の育成費用が必要

介助犬の頭数が増えない理由として資金面の問題があります。育成には一頭あたり240万円~300万円の費用がかかると言われています。介助犬は介助を必要とする方々に無償で提供されており、育成費用の9割以上が寄付や募金、日本介助犬協会が販売しているチャリティーグッズの売上から賄われています。

一人でも多くの肢体不自由者が介助犬と共に笑顔溢れる毎日を送れるように、今回クラウドファンディングを開催したという背景があります。

クラウドファンディングの概要

【介助犬育成プロジェクト!思いやりのある交通社会に向けてご支援を】と題しましてクラウドファンディングが開催されています。2021年3月29日時点で、3,725,000円の支援金が集まっています。

期間2021年3月15日~5月31日
目標支援金額10, 000, 000円
URLURLhttps://readyfor.jp/projects/omoiyalty

クラウドファンディングが実現すること

先述の通り、介助犬一頭を育成するためには240万円以上もの資金が必要となります。しかしながら、昨今のコロナウィルス感染拡大の影響もあり、活動が制限されることで街角募金も行えないことも重なり、例年と比較して1500万円の収入減が見込まれています。

クラウドファンディングを開催することで、資金を充当し一人でも多くの肢体不自由者に介助犬を届けたい、というのがこのクラウドファンディングが実現したいことです。

支援コースは8コース(0.5万円、1万円、3万円、5万円、10万円、30万円、50万円、100万円)用意されており、金額に応じたリターンが得られます。

例えば5万円の支援コースを購入した場合、下記のリターンが得られます。5万円コース以外のリターンにつきましては、クラウドファンディング用ページを参照願います。

  • 感謝のメール
  • 活動報告
  • スペシャルサンクスカード&バーチャル背景
  • 支援者専用オンライン介助犬デモンストレーション
  • 『シンシアの丘』オンラインツアーご招待

車内の強力消臭でリフレッシュ

社内にこびりついた匂いをなくすのは容易なことではありません。消臭スプレーでは気を紛らわせるレベルでの対応になりがちで、根本的な解決にならないことが多いです。

嫌な気持ちになりかねない社内の匂いを完全にリフレッシュする方法として、カークリーニングに出す選択肢がありますが、なかなか高価で手の出しにくいサービスでもあります。

そこで、もっと手軽かつ強力に消臭できる商品として、CarZoot社のClearOnemistをご紹介します。

この商品は、超音波を使ったミストで消臭を行うことで、従来のスプレータイプでは届きにくかった部分にも効果を発揮します。

USBで駆動するタイプですので、車内で使う場合はシガーソケットからの給電で簡単に駆動します。また、車だけでなく、オフィス等でも使用可能となっています。使う前には専用ボトル内に液滴を5滴ほど垂らすだけですので、使い勝手も良いです。

何よりも、プロが実店舗で使用しており、実際に施工メニューとして採用されているという折り紙付きとなっています。

【日立造船】実用化へ前進、全固体電池容量7倍に拡大前のページ

トヨタ販売現場はプチバブル状態!?アルファードやハリアーの売上が好調な理由とは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    「燃費向上が計れる!燃費アップグッズを販売する「燃費向上」とは?」

    「自分の自動車の燃費向上を図りたい!」「燃費効率を上げるため…

  2. 記事

    チームトムスが2021年の4チーム体制を発表!ジュリアーノ・アレンジを起用!

    チームトムスが2021年に参戦する3つのカテゴリーで、4チームの体制…

  3. 記事

    今はもう亡き日産のステーションワゴン、『エキスパート』について紹介します!

     皆さんエキスパートという車をご存じでしょうか。 エキスパー…

  4. 記事

    石川県でおすすめの車のボディーカラーを変えられるお店はこちら!良質店のみを徹底紹介!

    石川県は、県の大部分が日本海に面している、美しい海を感じられる県です…

  5. 記事

    エンジンの最適な回転数とは?危ない回転数はどのくらい?

    エンジンの回転数について普段から気にしている人は少ないのでは…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    フォードモーターが12年ぶりの赤字を計上!赤字の原因とは何なのか?徹底解説します…
  2. 記事

    中山選手はランドクルーザー!水戸ホーリーホック所属選手で高級車に乗ってるのは誰?…
  3. 記事

    バッテリーを正しくチェックするには?調べ方を3選してご紹介!
  4. 記事

    車ってすぐ飽きちゃう!そんな人にこそ見てほしい乗り続けたくなる車について解説!
  5. 記事

    雪国で多い車トラブルを紹介。その対策方法とは
PAGE TOP