HARMAN(ハーマン)のカーナビは生産中止?2020年春夏モデルのおすすめナビをご紹介!

   
 

スズキの純正ナビとして知名度を誇るのがハーマンです。ただここ2年から3年で、ハーマンの話を聞かなくなってきたのではありませんか?実は、現在ハーマンのナビを手に入れるのは難しいです。

今回はカーナビメーカーのハーマンと、中価格帯のおすすめカーナビ2020春夏トレンドモデルを3つをご紹介します。 

スズキ純正ナビ「ハーマン」が生産中止ってホント?

生産が中止されているのは本当です

純正ナビでありつつも人気の高かったハーマンですが、2017年に生産中止となりました。

生産中止になった理由には様々なことが考えられますが、実は不具合がかなり多かったことも事実です。道案内精度の悪さが話題になることもあったり、使い勝手が悪いなどの指摘を受けることも多々ありました。

一方で純正ナビであるにも関わらず、低価格で提供されていたためファンが多かったのも事実です。全方位ナビの評価もまずまず高かったので、生産中止になったことを残念がっている方も多いでしょう。

ハーマンは生産中止になっているので、他のナビを探している方もいるはずです。よって、今回はハーマンと同価格帯と考えられる中価格帯の2020春夏トレンドモデルを3つご紹介します。ハーマンからの乗り換えを検討している方は必見です。

中価格帯のおすすめカーナビ2020春夏トレンドモデル3つ!

中価格帯の機能性のあるおすすめカーナビを3つ紹介します。

 パナソニック ストラーダ CN-F1X10BD

中価格帯と言いつつ若干高めに感じるかもしれません。実売価格は15万円程度です。

パナソニック ストラーダ CN-F1X10BDは10インチが用意されているため、大きな画面でナビを利用したい、と考えている方におすすめです。ブルーレイディスクや地デジをHD画質で楽しめるところにも注目しましょう。

最大のメリットと呼べるのがフローティング構造です。

フローティング構造とは、ナビ本体からディスプレイを独立させたものです。今まではナビ本体とディスプレイは一緒のものであり、車の規格によっては設置できないカーナビが多かったのです。しかしフローティング構造を採用することで、多くの車に装着できるようになりました。またパネルが浮遊するような存在になり座席に近づけることも出来るため、より近くで画面を確認できるようになったのです。 

以下、アマゾン価格を紹介します。

  • 税込み・・・14万9,386円
  • 送料・・・無料

サイバーナビ AVIC-CZ910-DC

14万円から15万円台で販売されていることが多いです。人気カーナビメーカーのカロッツェリアのもので、機能性も充実しています。

7インチタイプの2Dメインユニットであり、高性能なHDパネルを採用しているため映像の美しさにも定評があります。さらに市販タイプのカーナビで初めて採用された車内向けインターネット接続サービスにも注目しましょう。定額で車内でネットが使い放題になるため、車内にいる時間が長い、という方にもおすすめのナビです。

ナビ性能で注目したいのが、ルート探索機能です。より効率的なルートを表示してくれるため、スムーズな運転が出来るようになります。複雑なルートも簡潔でわかりやすく表示してくれる点にも注目です。

以下、アマゾン価格を紹介します。

  • 税込み・・・15万4,448円
  • 送料・・・無料

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S707

6万円台で購入できることもあるため、比較的安いもので高性能なものを探している方におすすめです。

注目して欲しいのが、レスポンスの高さです。画面操作に素早く反応してくれるため、ストレスフリーで地図操作ができます。またドライブレコーダーとの連携機能もあるため、事故の記録、およびあおり運転などの記録にもおすすめです。

以下、アマゾン価格を紹介します。

  • 税込み・・・5万8,384円
  • 送料・・・無料

まとめ

スズキ純正ナビ「ハーマン」の現状、および中価格帯のおすすめカーナビ2020春夏トレンドモデルを3つご紹介しました。

残念ながらスズキ純正ナビ「ハーマン」は生産中止しているため、新品で手に入れるのは難しいです。 ハーマンと同様の価格で購入できそうなカーナビを3つご紹介したので、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。価格だけではなく、機能性なども確認したうえでどのナビを選ぶか決めましょう。

窓ガラスのコーティングにおすすめのお店を2選紹介!in秋田!!前のページ

【癒されたい人必見】神奈川県内の車で行けるインスタ映えスポットを10選紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    TVアニメでハマる人続出⁉ウマ娘と痛車

    「ウマ娘プリティーダービー」はCygames社が手掛けるスマートフォ…

  2. 記事

    気をつけて!駐車スロープは違法!

    自転車に乗っていたり、歩いているときに駐車スロープを見かけた…

  3. 記事

    carrozzeria(カロッツェリア)の2019~2020年モデルのサイバーナビを紹介!

    ドライブに欠かせないカーナビ。多くのメーカーがさまざまなタイ…

  4. 記事

    長崎県でタクシー会社を調査!コロナ対策ばっちりの会社を選びました!

    西洋文化と日本の文化が混じりある街、長崎県。この長崎県はどこに行けば…

  5. 記事

    スバル ニュル24時間参戦を見送りへ SUPERGTには新型BRZ GT300で参戦

    2月22日に、スバルとSTI(スーパーテクニカインターナショナル)は…

  6. 記事

    パイオニアが検証を実施する交差点監視システムとは? 

    パイオニアが行う交差点監視システムの検証とはどんなことなのかご存じで…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    ホイールのブロンズ塗装とは?施工例やおすすめの塗料3選!
  2. 記事

    ドイツで公道でのレベル4の自動運転が可能に!法改正に注目
  3. 記事

    【知っておこう】トヨタ社ミライの燃料電池型を米国で発売開始へ!
  4. 記事

    鳴門市に新しい道の駅?くるくる なると?どんな道の駅なのか徹底解説!
  5. 記事

    おすすめのカーワックスまとめ【2020年度版】
PAGE TOP