GMのロゴが57年ぶりに刷新!その理由とは?

   
 

アメリカで大人気の「GM(ゼネラル・モーターズ)」が、57年ぶりにロゴを維新しました。

2021年には、ゼネラル・モーターズはEV自動車産業に本格参戦するというニュースも以前飛び込んできました。

そんな中でのロゴ変更なので、もしかしたらなにか関係あるのかもしれませんね。

当記事では、アメリカの自動車メーカー「GM(ゼネラル・モーターズ)」のロゴについて紹介しました。

GMが57年ぶりにロゴを変更!

アメリカの人気自動車メーカー「 GM(ゼネラル・モーターズ)」57年ぶりにロゴを変更したことがニュースになりました。 

なんと、「ゼネラル・モーターズ」がロゴを変更したのは57年ぶりだそうです。

新しいロゴは、「GM」の文字が小文字になり、またMマークは電気プラグを連想させるようなデザインとなっています。

実は、 「ゼネラル・モーターズ」は2021年から本格的に EV 事業への参入を決意表明しました。

ロゴとともに公式サイトもリニューアルされており、マーケティングキャンペーンとして「 Everybody In」もスタートさせます。

このキャンペーンでは、ゼロエミッション社会を目指して、よりたくさんのEV自動車を普及させるということを目的としています。

GMはなぜロゴを変更したのか

「 GM」は、全てが小文字になっており「M」の下には水色の一本線が書かれています。

GM の代表デボラ・アール氏は、「楽観的でエネルギーと活気があり、当社の未来に対して見方を反映しているのことなっています。」と語っています。

そして、「 当社でしっかりと受け継がれてきたものに、一目見て分かるような一貫性と信頼というような奴は変わっています。」

つまり、このロゴはこれからの「 GM社」信念と取り組みを表すと同時に、これまでと考えを一新して、 自動車メーカーの動きをすばやくしていき、 技術を中心に捉え未来にどのように貢献していくのか表しているろごとなっています。

愛車を小石の傷や汚れから守りたいなら、CarZoot社の「ガラスコーティング剤」を利用しよう

みなさんの自慢の愛車は、傷1つ付いていませんか?

新車のようにピカピカの状態と思っていますか?

何も対策していない方は、おそらく愛車に小さな傷や擦り傷などついているはずです。

自動車は外で運転するものなので、傷がつくことは当たり前のことです。

しかし、自慢の愛車となると、やっぱり傷をつけたくはありませんよね。

そんな時は、CarZoot社のガラスコーティング剤を利用しましょう。

 CarZoot社のガラスコーティングを利用することで、あなたの自慢の愛車を小石の傷や汚れから守ることができます。

このコーティング剤は、1回塗るだけで自動車のボディにガラスコーティングを行うことができます。

実際に、プロのカーメンテナンスショップでも使用されているガラスコーティング剤なので、かなり評判の良いコーティング剤です。

また、商品の中にはヘラやクリーニングクロス、そしてプロのクリーニングスタッフが実践してくれるマニュアルも付いているので、初心者でも安心して利用することができます。

マニュアルを読めば、誰でも簡単にガラスコーティングを行うことができます。

気になった方はぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は、アメリカの自動車メーカー「GM(ゼネラル・モーターズ)」が57年ぶりにロゴを変更しました。

新しいロゴマークには、小文字で「gm」とかかれており、mマークには電気プラグのようなイメージになります。

実際に、ゼネラル・モーターズでは2021年にEV自動車産業に本格的に参入するので、これからのEV自動車業界が楽しみです。

デトロイトの自動車ショーは2021年も中止に!どのようなショーだった?前のページ

現代自動車とApple社がEV開発へ!現代自動車とはどんな会社?次のページ

関連記事

  1. 記事

    【武蔵村山市】おすすめの月極駐車場はコレ!防犯面も安心でリーズナブルな駐車場一覧

    「武蔵村山市の月極駐車場について詳しく知りたい」「安い駐車場…

  2. 記事

    MINI最強の「JCW GP」に専用ウインタータイヤを欧州で設定

    2021年2月17日にイギリスの名門MINIが、MINIの最強ハイパ…

  3. 記事

    安全なハンドルの握り方はこちら!「内掛けハンドルが危険な理由」を知っていますか?

    あなたは車の運転をする際に、正しい位置でハンドルを握ることが出来てい…

  4. 記事

    トヨタパッソが115馬力のEvo  登場は2021年春に

    トヨタのパッソ(PASSO)と聞くと、ポップなデザインで女性人気の高…

  5. 記事

    お遍路好きにもおすすめ!宮城県のお寺を3選紹介 

    宮城県・岩手県・山形県・秋田県・青森県・福島県の各6ヶ所には東北三十…

  6. 記事

    宮崎県でカスタマイズ!カーセキュリティを強化できるお店を見つけよう!

    宮崎県には、車のセキュリティを強化できるお店はあるのでしょうか。実は…

新着記事の一覧

  1. 生活に不便なし。亀山市の特徴と関宿について
  2. 江戸時代に風景がそのまま残る。三重県亀山市とは?
  3. 国内外問わず観光客が集まる。鈴鹿市と庄野宿とは?
  4. 世界有数のサーキット場がある町。鈴鹿市と石薬師とは
  5. 工場地帯の夜景がおすすめ。四日市の魅力とは?
  1. 記事

    新潟県内の車で行ける紅葉スポットTOP3!
  2. 記事

    【知らなきゃヤバい】ディーゼル車の一律免税終了について徹底解説
  3. 記事

    ネットオークションで車は買える!?トラブルと注意点を紹介!
  4. 記事

    メルセデス・ベンツの最高峰4ドアセダン「AMG GT」に新グレード「73e」が追…
  5. 記事

    この冬必見!車内の寒さに対抗しよう!ポカポカ車内専用毛布をご紹介!
PAGE TOP