F1 角田裕毅の今シーズンのマシンはアルファタウリAT02! ホンダのパワーユニット搭載でどんな車なの?

   
 

2月19日にホンダのパワーユニット搭載のF1で参戦しているアルファタウリが、今季2021年型マシン「AT02」を発表しました。

日本の角田裕毅選手がこのマシンでF1を戦うことでも注目され、今回はこのAT02にフォーカスします。

角田裕毅の参戦

今季2021年から、アルファタウリ・ホンダにピエール・ガスリーが残り、新たに昨シーズンFIA-F2選手権でシリーズ3位となった角田裕毅選手が参加することとなりました。

F1では7年ぶりの日本人F1レースドライバーとして大きな期待を集めています。

昨シーズンは初優勝

イタリアに本拠地を置くF1チーム・アルファタウリは2018年シーズンからホンダのPUを搭載してF1を戦ってきました。

このタッグは今季で4年目に入りますが、ガスリー選手は2020年にタッグ通算50戦目でイタリアGPで初優勝。

アルファタウリ・ホンダとしてもタッグ初優勝し、2021年のレースは角田選手で大いに盛り上がることが期待されているのです。

AT02は最後のホンダPU搭載マシン

今シーズンに投入され型AT02は、アルファタウリにとって最後のホンダPU搭載マシンとなります。

それは、ホンダが昨秋に2021年限りでのF1参戦を終了することになっているためです。

但し、2022年以降、レッドブルとアルファタウリがこのPU技術を使用できることをホンダと合意してます。

2022~2024年にホンダの技術を使用して制作

この合意に基づき、PU開発が凍結される2022~2024年の間は、レッドブルとアルファタウリはホンダの技術を元にPUを自ら製作してレースで戦えるようになっています。

このことから今季の駆るAT02は、アルファタウリにとって実質的にホンダPU搭載の最後のマシンと言えるかもしれません、

AT02というF1マシン

アルファタウリの2021年F1マシンとなる「AT02」は、従来型からカラーリングが変わりイメージが大きく変わりましたが、複雑な形状をしているフロアが注目点となっています。

但し、マシンの基本部分は昨年型を継続しているため、形状もよく似ています。

細いノーズ

特徴的なのがノーズで、見た目細くなっている印象があり、先端部とフロントウイングステーの間のスペースが狭められています。

今シーズンはマシンの大半の部分で昨年型を引き継ぐ必要があるのですが、各チームともトークンを2ずつ持っていて、開発が凍結されている部分には習性を加えることができるようになっています。

そのために、アルファタウリはノーズ変更に2トークンを費やたと見られています。

最注目点はサイドポンツーン横フロア~リヤホイール内側のエリア

最も注目すべき点は、サイドポンツーン横フロアからリヤホイール内側のエリアです。

今季のF1ではタイヤへの負荷を抑えるため、フロアが前方から後方に向けて斜めにカットされたデザインとなっています。

また、フロア下を流れる気流をフロントタイヤ後方の乱れた気流から守るためのエアカーテン発生に使われていたフロアの穴は今季は禁止されています。

そのためにAT02のフロアは途中から段がつけられた複雑な形状になり、ディフレクターから後方に向けて長い板を伸はずことで、板とフロア間に隙間が生まれてエアカーテンが生み出されると見られているのです。

これに伴い、サイドポンツーン下部も左右に張り出した形になっており、上面はタイトに絞り込まれてて前後の長さが短くコンパクトな仕上がりになっています。

7年ぶりの日本人ドライバーのF1デビューで。このAT02がどのような活躍を見せるか、大きな期待が集まるところです。

CarZoot ホイールガラスコーティング

CarZootホイール ガラスコーティングは、アルミホイールの保護専用のコーティング剤です。

強固なガラス被膜でホイールの汚れも寄せ付けず、美しく輝きを生み出します。

3年以上の耐久性を持ち耐熱性にも優れた強固なガラス被膜を形成します。

【EVの未来を】リチウムイオン電池のリサイクル技術開発へ。丸紅が北米大手と提携。前のページ

日産ノートの新型に派生車?3ナンバー上級仕様になっているの?次のページ

関連記事

  1. 記事

    国内・国外旅行管理業務取扱責任者はどんな資格?鉄道業界や旅行業界には必須?

    旅行業界で必ず必要とされる資格、それが国内・国外旅行管理業務取扱責任…

  2. 記事

    霊柩車と遭遇した時に親指を隠すのはなぜ?

    霊柩車を見ると多くの人が親指を隠します。なぜなんでしょう。何か特別な…

  3. 記事

    マツダ CX-8は安全性能、デザイン性が高い!マツダ CX-8のスペックを紹介!

    マツダ CX-8は、機能性、デザイン性が非常に高いです。多くの方に愛…

  4. 記事

    運転中の居眠りを検知!居眠り防止アラームについて紹介

    居眠り運転が原因となる事故は、死亡事故となるケースが多く、一瞬の過ち…

  5. 記事

    【知ってた?】パリとその近郊の駐車場の平均相場をエリアで徹底解説

    「パリの駐車場事情について詳しく知りたい。」「パリと郊外のパ…

  6. 記事

    静岡県のワクチン接種は進んでる?接種会場や接種会場の駐車場を徹底解説!

    新型コロナウイルスのワクチン接種が急がれる中、続々とワクチン接種がで…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    サンキューハザードはどこから始まった?
  2. 記事

    IJTTはいすゞ系自動車部品工場!全部で7社の集まり?
  3. 記事

    ソフト99からぬりぬりガラコの最大級サイズが発売!どんな製品なのかご紹介します!…
  4. 記事

    ドゥカティが新型モデルを発表!2021年6月より販売開始!バイクに乗るメリットも…
  5. 記事

    宮崎県でカスタマイズ!カーセキュリティを強化できるお店を見つけよう!
PAGE TOP