F1用語の解説:コンストラクタ(チーム) アストンマーティンについて詳しく紹介

   
 

F1用語と言えば、マシンの部品に関する用語をまず思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかしながら、ドライバーやチーム、はたまた関係者などもレースを構成する要素と言えます。そのため、これらについて詳しく知ることで、よりレースを楽しむことができます。今回は、コンストラクターチームのアストンマーティンについて詳しく紹介します。

実にF1の世界に61年振りに復活

アストンマーティン, 車両, 車, 自動車, 自動, ノスタルジア, 絶品, 贅沢, 古い, 元, レトロ

アストンマーティンと言えば、高級スポーツカーで知られるイギリスの自動車メーカーです。あまりF1のイメージがない方も多いと思いますが、それもそのはずで、1959年と1960年の2年間のも参戦しただけで、1ポイントも獲得することなく長らくF1には参戦していませんでした。

しかし2021年、ドイツのメルセデスエンジンを搭載し、アメリカの通信会社コグニザントをタイトルスポンサーに迎え、アストンマーティン・コグニザントF1チームとして参戦しています。開幕戦から2戦連続でポイントを獲得すると、直近のモナコGPでは2台揃ってのポイントも獲得し、ドライバー、コンストラクタ共にランキング中位につけています。

ピンクから深緑へ

チームとしての復帰は今シーズンからですが、2018年から3年間は自身がレッドブルレーシングのタイトルスポンサーとして関わっていました。その時にはライバルチームであったレーシングポイントF1チームのオーナーが2021年からアストンマーティンのワークスチームとして仕切り直すことを決定し、同時にレッドブルとの契約も終了となった経緯があります。

前身となるレーシングポイントは元々の変遷を辿っていくとジョーダングランプリに行きつきます。レーシングポイントはピンク色のチームカラーが印象的であったため、アストンマーティンでは打って変わって深緑色が際立っています。ドライバーフェラーリから移籍したは度の年間王者経験を持つセバスチャン・ベッテルとレーシングポイント時代から所属する若手のランス・ストロールです。

今後はストロール次第!?

カナダ人のストロールの父親は資産家として有名で、前身のレーシングポイントもそれまで約10年参戦してきたフォース・インディアF1チームの資金難にともなう破産が起因で、ストロールの父親率いる共同事業体が買い取りました。そのため、アストンマーティンの未来はストロールの父親に委ねられているとも言えます。

もちろんストロール選手自身もある程度実力を持つドライバーとして参戦していますので、好成績を収めたいでしょうし、そうなれば長きに渡って深緑色ボディのマシンをF1で見ることができるのではないでしょうか。また、今は移籍1年目のベッテル選手がマシンなどに慣れ、競争力の高いメルセデスエンジンと、2022年度からの大幅なレギュレーション変更にフィットすれば期待が高まります。

おわりに

今回はアストンマーティンF1チームについて紹介しました。近年、アルファロメオがネーミングライツで参戦したり、ルノーが傘下のアルピーヌの名称で参戦を継続したりと新鮮な名前がグリッドを賑わせ楽しい事態になっています。尚、今シーズンからセーフティーカーにもアストンマーティンの車がメルセデスと並び採用されています。

インテリアクリーナーは緑のボトルで

アストンマーティンのF1マシンが渋い深緑色のボディで話題となっています。同じ緑でも色味は明るいですが、CarZootの「車 クリーナー インテリアクリーナー 掃除 ダッシュボードクリーナー 内装」のボトルも印象的な緑色です。機能においてもプロが実店舗で使用している車内インテリアクリーナーのため、徹底クリーニングが可能です。また、プラスチックや布など車内のパーツを傷めず、レザー部分にも安心して使えるように開発されています。

F1用語の解説:長谷川祐介とは?今シーズン中に絶対知っておきたい人物前のページ

【必見!】不二36景の歴史とともに千葉県のおすすめドライブスポットをご紹介!次のページ

関連記事

  1. 未分類

    車内の空気はいつでもクリーンに!車用クレベリンで除菌&消臭にチャレンジ

    快適なドライブを楽しむためにも、車内の空気はいつでもクリーンな状態に…

  2. 未分類

    アメ車におすすめのヘッドライトクリーナー&コーティング!黄ばみを徹底防止!

    アメ車のヘッドライトは材質上非常に黄ばみやすくなっています。ヘッドラ…

  3. 未分類

    今日本で、ヘッドライトコーティング剤の王様と呼ばれているのは?

    日本国内には多くのヘッドライトコーティング剤が販売されています。その…

  4. 未分類

    おすすめのホイールコーティング剤!ピカピカのホイールをキープ!

    ホイールは汚れやすいですが、構造が複雑でメンテナンスしにくいという問…

  5. 未分類

    おすすめのホイールコーティング剤

    愛車のホイールは綺麗に保っていますか?走行中についた傷やブレーキダス…

  6. 未分類

    色んな車内消臭剤があるけど結局NO1は?

    車内の悪臭に悩んでいる方が多いと思います。車内環境をよくするためには…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    任意保険をロードサービス観点から選ぶ!おすすめポイントはこちら!
  2. 記事

    【車検の不正】ネッツトヨタ愛知が不正車検5千台について解説
  3. 記事

    四輪自動車の先駆け!日産 サファリとは
  4. 記事

    新型コロナでタイヤメーカーもピンチ!?ブリジストンが3年間の中期事業計画を発表
  5. 記事

    毎年恒例の合同サーキット走行会を開催!?第1回は6月12日に愛知県美浜サーキット…
PAGE TOP