F1のハンドルはどうして着脱式なのかご存知?その秘密を教えちゃいます!

   
 

車マニアならハートを熱くさせてくれるF1マシンに限りない魅了を感じることでしょう。F1は、最先端のテクノロジーがぎっしりと詰め込まれていた最高峰の車です。

そのF1のハンドルが脱着式であることをご存知でしょうか?そこでこの記事では、脱着式のF1のハンドルに迫りたいと思います。

ハンドルか?ステアリングか?

F1のハンドルがどうして脱着式なのかを見ていく前に、ハンドルの名称について考えてみていくことにします。F1のようなレースでは、ハンドルのことを「ステアリング」と表現する場合もありますが、どちらが正しい表現なのでしょうか?

どちらも正しい表現なのですが、なぜ、2つの呼び方があるのでしょうか?英語圏では、ハンドルのことを「ステアリングホイール」と呼んでいることから、「ハンドル」やステアリング」という名称があるわけです。

英語の”handle”

そのために普段「ハンドル」と呼んでいる私達日本人が外国人にこの言葉を使うと、全く通じないことがあります。英語の”handle”(ハンドル)が「扱う」という意味であることを知ると、何となく理解できます。

このことから海外がメインの舞台であるF1では、ステアリングホイールと呼ぶことが、自然な流れなのです。

F1のハンドルが取り外せる理由

ここで本論に入っていきますが、結論を先に申し上げると、F1マシンのハンドルは簡単に取り外すことができます。

簡単に外すことができるのですが、レースの最中でハンドルの調子がおかしくなったら、途中で簡単に交換することができます。F1マシンがピットインしてから、交換時間が僅か3秒という早業です。

それ程までに簡単に取り外すことができるようになっています。しかし、どうしてハンドルが取り外せるようになっているのでしょうか?その理由は、レーサーがスムーズにコックピットに乗り込むことができるためです。

実はF1マシンのコックピットに構造は、非常に窮屈な構造になっています。コックピット内は、まるで棺桶のようなスペースしかありません。

そのために、F1ドライバーが乗り降りする特にハンドルが邪魔になってしまい。無理な姿勢と取らなければなりません。そのためにハンドルが取り外しできるようなったわけです。

それだけでないF1のハンドルの秘密

しかし、F1のハンドルは取り外しができるだけが特徴ではありません。ハンドルの前面には、色々な機能が設定できるボタンやダイヤル、情報ディスプレイが装備されています。この複数のボタンで即座に設定が変更できるのです。

ラックピニオン方式のハンドル

また、F1のハンドルは、「ラックピニオン方式」が採用されています。「ラックピニオン方式」とは「ステアリングギア機構」のことで、回転力を直線の動きに替える仕組みです。

ピニオンという小口径の円形歯車と平板状の棒の歯が付いたラックを組み合わせた構造となっています。F1マシンのハンドルは非常に小判なサイズになっていますが、ラックピニオン方式で僅かな操作でも、大きな操舵角度が可能なようなギヤ比が設定されています。

動作原理としては、ハンドルの回転がステアリングシャフトからステアリングギヤボックス内の外歯ピニオンギヤに伝えられ、ピニオンギヤには板状歯車のラックが噛み合い、ピニオンギヤの回転運動を報復運動に替えていきます。

そして、ラック両端にあるタイロッドがアップライトを押したり引いたりすることで前輪に操舵角を作りだす流れです。

このラックピニオン方式は、軽量でシンプルな構造になっていますが、路面からの振動がハンドルに伝わるキックバックが出やすいデメリットもあります。

しかし、F1マシンではドライバーがキックバックから路面の状況や把握できるように配慮されているのです。

このようにF1のハンドルは脱着式なだけでも驚きなのですが、コンマ数秒の速さを競う世界だけに多くの機能が盛り込まれているのです。

おすすめ商品:[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】

施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート「育艶-IKUTSUYA」

自慢の愛車は、しっかりとコーティングをしておきたいものです。そんな時に必須アイテムが『育艶-IKUTSUYA』 です。Amazonでは価格:2,980円で販売されていますが、とてもリーズナブルなお手頃価格で購入できます。

「育艶-IKUTSUYA」の特徴が次の通り。

・新感覚の愛車をピカピカにしてくれるコーティング剤です。

メンテナンスするたびに艶を重ねてボディが美しく輝かせることができます。

くコーティング剤です。

・ショールームでも採用されるほどのプロ仕様の高い光沢と艶を作り出します。

・メンテナンス方法は簡単で洗車の後に塗り込むだけで、短時間で艶と光沢を出すことができます。

「育艶-IKUTSUYA」でしっかりと車をきれいにして、快適なドライブを楽しんでください。

avatar
ハンドルが着脱式なのには理由があるんだね!

快適なドライブを演出するために知っておくことも重要だよ!

初心者におすすめなハンドルの捌き方や上手に運転するためのコツをご紹介!前のページ

クイックレーサーという商品名が始まりのカスタマイズが楽しいミニ四駆次のページ

関連記事

  1. 記事

    埼玉県で高級輸入車を買いたかったらここ!おすすめの輸入車販売業者はこちら!

    東京のベッドタウン埼玉県。きれいに整備された道路があるので、どこに行…

  2. 記事

    車を安く買うなら誰に相談?値引き交渉の裏技! 

    皆さまは自動車を買い替える予定はあるでしょうか?いい車に出会えるかは…

  3. 記事

    岡山県でおすすめしたい交通安全お守りと神社はこちら!

    交通事故を起こさないように、交通事故に巻き込まれないようにとの願いを…

  4. 記事

    島根県の車で行けるオススメ夜景スポット3選

    皆さんは夜景を見に行く事がありますか?今の季節昼間に出かけるのは少…

  5. 記事

    栃木県のサービスエリアでグルメを堪能!魅力を解説!

    栃木県には魅力的なサービスエリアがあります。グルメやお土産購入を楽し…

  6. 記事

    なぜ180キロまで?スピードメーターと制限速度の関係を詳しく解説!

    「車のスピードメーターと制限速度の関係について知りたい」「スピードメ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    おすすめのヘッドライトコーティング!ヘッドライトコーティングのコツを伝授!
  2. 記事

    【道の駅】くまもんが有名!熊本県を紹介!~2020年度~ 
  3. 記事

    静岡県ドッグラン3選とおすすめのドライブ場所 
  4. 記事

    トラック業界は人手不足が深刻!トラック業界に外国人の需要が高い!
  5. 記事

    壊れにくい進化した現代のマフラーとは?
PAGE TOP