F1のハンドルはどうして着脱式なのかご存知?その秘密を教えちゃいます!

   
 

車マニアならハートを熱くさせてくれるF1マシンに限りない魅了を感じることでしょう。

F1は、最先端のテクノロジーがぎっしりと詰め込まれていた最高峰の車です。

そのF1のハンドルが脱着式であることをご存知でしょうか?

そこでこの記事では、脱着式のF1のハンドルに迫りたいと思います。

ハンドルか?ステアリングか?

F1のハンドルがどうして脱着式なのかを見ていく前に、ハンドルの名称について考えてみていくことにします。

F1のようなレースでは、ハンドルのことを「ステアリング」と表現する場合もありますが、どちらが正しい表現なのでしょうか?

どちらも正しい表現なのですが、なぜ、2つの呼び方があるのでしょうか?

英語圏では、ハンドルのことを「ステアリングホイール」と呼んでいることから、「ハンドル」やステアリング」という名称があるわけです。

英語の”handle”

そのために普段「ハンドル」と呼んでいる私達日本人が外国人にこの言葉を使うと、全く通じないことがあります。

英語の”handle”(ハンドル)が「扱う」という意味であることを知ると、何となく理解できます。

このことから海外がメインの舞台であるF1では、ステアリングホイールと呼ぶことが、自然な流れなのです。

F1のハンドルが取り外せる理由

ここで本論に入っていきますが、結論を先に申し上げると、F1マシンのハンドルは簡単に取り外すことができます。

簡単に外すことができるのですが、レースの最中でハンドルの調子がおかしくなったら、途中で簡単に交換することができます。

F1マシンがピットインしてから、交換時間が僅か3秒という早業です。

それ程までに簡単に取り外すことができるようになっています。

しかし、どうしてハンドルが取り外せるようになっているのでしょうか?

その理由は、レーサーがスムーズにコックピットに乗り込むことができるためです。

実はF1マシンのコックピットに構造は、非常に窮屈な構造になっています。

コックピット内は、まるで棺桶のようなスペースしかありません。

そのために、F1ドライバーが乗り降りする特にハンドルが邪魔になってしまい。無理な姿勢と取らなければなりません。

そのためにハンドルが取り外しできるようなったわけです。

それだけでないF1のハンドルの秘密

しかし、F1のハンドルは取り外しができるだけが特徴ではありません。

ハンドルの前面には、色々な機能が設定できるボタンやダイヤル、情報ディスプレイが装備されています。

この複数のボタンで即座に設定が変更できるのです。

ラックピニオン方式のハンドル

また、F1のハンドルは、「ラックピニオン方式」が採用されています。

「ラックピニオン方式」とは「ステアリングギア機構」のことで、回転力を直線の動きに替える仕組みです。

ピニオンという小口径の円形歯車と平板状の棒の歯が付いたラックを組み合わせた構造となっています。

F1マシンのハンドルは非常に小判なサイズになっていますが、ラックピニオン方式で僅かな操作でも、大きな操舵角度が可能なようなギヤ比が設定されています。

動作原理としては、ハンドルの回転がステアリングシャフトからステアリングギヤボックス内の外歯ピニオンギヤに伝えられ、ピニオンギヤには板状歯車のラックが噛み合い、ピニオンギヤの回転運動を報復運動に替えていきます。

そして、ラック両端にあるタイロッドがアップライトを押したり引いたりすることで前輪に操舵角を作りだす流れです。

このラックピニオン方式は、軽量でシンプルな構造になっていますが、路面からの振動がハンドルに伝わるキックバックが出やすいデメリットもあります。

しかし、F1マシンではドライバーがキックバックから路面の状況や把握できるように配慮されているのです。

このようにF1のハンドルは脱着式なだけでも驚きなのですが、コンマ数秒の速さを競う世界だけに多くの機能が盛り込まれているのです。

おすすめ商品:[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】

施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート「育艶-IKUTSUYA」

自慢の愛車は、しっかりとコーティングをしておきたいものです。

そんな時に必須アイテムが『育艶-IKUTSUYA』 です。

Amazonでは価格:2,980円で販売されていますが、とてもリーズナブルなお手頃価格で購入できます。

「育艶-IKUTSUYA」の特徴が次の通り。

・新感覚の愛車をピカピカにしてくれるコーティング剤です。

メンテナンスするたびに艶を重ねてボディが美しく輝かせることができます。

くコーティング剤です。

・ショールームでも採用されるほどのプロ仕様の高い光沢と艶を作り出します。

・メンテナンス方法は簡単で洗車の後に塗り込むだけで、短時間で艶と光沢を出すことができます。

「育艶-IKUTSUYA」でしっかりと車をきれいにして、快適なドライブを楽しんでください。

初心者におすすめなハンドルの捌き方や上手に運転するためのコツをご紹介!前のページ

クイックレーサーという商品名が始まりのカスタマイズが楽しいミニ四駆次のページ

関連記事

  1. 記事

    メリーバはオペルのミニバン!基本スペックや性能が知りたい!

    メリーバは、ドイツの自動車メーカーが発売したミニバンであり、日本では…

  2. 記事

    山形県でおすすめの車関連スポット・サービスを紹介!トレンドをチェックしよう

    山形県でおすすめの車関連スポット・サービスを知っておくと、楽しむこと…

  3. 記事

    ゼロスポーツは残念ながら自己破産!ゼロスポーツの歴史から失敗を探ろう!

    ゼロスポーツは、かつて自動車業界で注目されていましたが、大量発注が失…

  4. 記事

    耐久性と軽さの両立。Tarudol.Rのおすすめ運転用サングラスを紹介

    皆さんにはお気に入りのアイウェアがあるのでしょうか?遊びに行…

  5. 記事

    アルコール入りのお菓子・チョコを食べても飲酒運転になる?教えてください!

    今では飲酒運転での道路交通法の罰則が厳しくなっています。では…

  6. 記事

    ランボルギーニを大きく成長させた「ミウラ」

    イタリアの高級スポーツカーである「ランボルギーニ」車にあまり詳しくな…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    プジョーが商用版EVを2021年に発売
  2. 記事

    【中古車を活性化】ビックウェーブがキッチンカー販売参入する2021年
  3. 記事

    日産セレナの新型情報があるの?フルモデルチェンジはいつ?
  4. 記事

    【宮崎伝統工芸】車で行くコロナ対策バッチリの伝統工芸や地域体験を紹介
  5. 記事

    貸切バスを岩手県で借りるならここ!コロナ対策も万全の会社ばかり!
PAGE TOP