F1 ケビン・マグヌッセン 2019年にレッドブルの兄弟チーム加入への機会を選択せず

   
 

3月28日に中東バーレーンにて2021年シーズンの開幕戦が行われたF1グランプリ。ホンダの第四期ラストイヤーということで多いに注目される中、レッドブル・ホンダは惜しくも優勝を逃すも、予選など週末を通じてほぼトップに立ち、打倒王者メルセデスが現実味を帯びてきたと感じている方も多いのではないでしょうか。

そしてレッドブルの弟分とも言えるアルファタウリ・ホンダもマシンの戦闘力は昨年にも増して期待ができそうな状態です。昨年からチーム名が変わったアルファタウリですが、以前のトロロッソ時代に移籍の可能性があったもののその機会を選択しなかったこともあり、F1から離れてしまったドライバーがいることがわかりました。

デビュー戦でキャリア唯一の表彰台

離れた, 道路, 公園, 木, フォーク, 道路の分岐点, ジャンクション, 孤独な

そのドライバーの名はケビン・マグヌッセン。昨年まで7年間F1で戦った北欧デンマーク出身の28歳は今年、北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にチップ・ガナッシというチームで参戦しています。来年からはプジョーから世界耐久選手権(WEC)に参戦することも決定しています。

マクラーレンの育成ドライバーとして確かな才能

父親のヤン・マグヌッセンもF1ドライバーだったこともあり、2世ドライバーのイメージが強いですが、2010年にマクラーレンの育成プログラムに加わると、2014年の開幕戦でいきなり3位表彰台、レース後には2位に繰り上がりと衝撃のデビューを果たします。これは同じくマクラーレンで表彰台デビューした現在4連覇中のルイス・ハミルトンを上回ります。

翌2015年にはチーム事情もありリザーブに降格し、2016年にはルノーへ移籍、しかし戦闘力に劣るため、2017年にハースに移籍すると2018年にはマグヌッセンにとってキャリアハイとチームメイトを上回る結果で、チームにとってもベストリザルトをマークすることができました。

運命の分かれ道

そして訪れた2018年シーズンオフ、F1も他のプロスポーツ同様ストーブリーグの動きが激しくなる年がありますが、まさにこの年がそうで、レッドブルのダニエル・リカルドがルノーへ電撃移籍すると、玉突き的にドライバーの移籍や昇格が起こり、好成績を収めたマグヌッセンにもトロロッソ移籍への非公式オファーが届きます。ここでマグヌッセンが選択したのはハースへの残留です。

そして結果的には2019年からハースは失速し、2020年限りでマグヌッセンもF1のシートを失います。方やトロロッソはホンダとタッグを組むと状態は上向きとなり、2020年は1勝を挙げることができました。今年2021年はまだ開幕戦を終えただけですが、期待値は相当なものとなっています。

おわりに

マグヌッセンが当時ハースに残留した経緯は、チーム成績を考えると妥当だったかも知れませんが、トロロッソで活躍すればレッドブルへ昇格できる可能性が高いことを考えると、難しい判断であったと思います。あの時分かれ道の逆を選んでいれば、今頃レッドブルのフェルスタッペンと2世ドライバー同士のチームメイトとしても話題になっていたかも知れません。

分かれ道を明るく照らすためにも

突然やってくる運命の分かれ道、日常のカーライフではあまりありませんが、遠出や初めて行く道ではたまに遭遇しませんか?それが夜間走行だったらヘッドライトの汚れによる薄暗さは致命的になるかも知れません。そこでCarZootの「ヘッドライト 黄ばみ くすみ 黄ばみ取り カバー 車 ライト くすみ 汚れ

ヘッドライトの黄ばみ・くすみを簡単に除去できる専用クリーナーと汚れにくくするコーティング剤がセットになっているのでいつまでも新車のような透明感で、綺麗な状態が続きます。従来のクリーナーとは異なり落として終わりではなく、戻らないようにしっかりとコーティングまで施工できます。

F1第2戦 エミリア・ロマーニャGPも無観客レースとして開催に前のページ

【新潟県】2023年春に開通予定の橋の名前を募集!新潟中央環状道路を結ぶ橋が開通!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ジェイピットショップって何だろう?

    カーアイテムを売っているお店はたくさんあるため、どのお店にするか選ぶ…

  2. 記事

    神奈川県を100%満喫できる道の駅はどこだ?!

    皆さんは自動車でどこにでかけますか?最近は寒くなってきたので、温泉目…

  3. 記事

    初春の怪!トヨタが過去最高益なのに下請けに部品の値引きを要求!その理由を探ってみた!

    2021年の春にとても奇妙なニュースが飛び込んできました。トヨタが過…

  4. 記事

    日産ノートの4WDに注目!日産ノートは雪道での走行性能が高い

    日産ノートは雪道での走行性能が高くなっています。適切なトルク制御が、…

  5. 記事

    車内のおしゃれ度を上げてみよう!おすすめのカー用品の選び方

    自慢の愛車、洗車や塗装はバッチリなのに、車内に入ってみたらインテリア…

  6. 記事

    北海道・東北の車博物館といえばここ!おすすめの施設を紹介!

    車ファンの方におすすめのおでかけスポットが車博物館です。車博物館に行…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    GM 雨水利用や排水で水使用量を35%削減 その目的とは?
  2. 記事

    車通におすすめ!三菱の新車を徹底解説!! 2020年度版
  3. 記事

    2021年的お花見はドライブかお散歩で~徳島~
  4. 記事

    【危険です】埼玉と千葉県で起きた実例!自転車での煽り運転を解説
  5. 記事

    子供の成長に合わせて調節可能。グレコおすすめチャイルドシートとは?
PAGE TOP