DAIHATSU(ダイハツ)のジュンセナビの特徴とおすすめ2020年春夏モデルをご紹介!

   
 

ダイハツはタフトやタントなど、人気車種を次々と登場させています。購入を検討している方も多いのではありませんか?そこで気になってくるのがカーナビです。

今回は、ダイハツのカーナビの中でおすすめの2020初夏トレンドモデルを3つご紹介します。ダイハツの純正ナビの特徴も明らかにするので必見です!

DAIHATSU(ダイハツ)純正ナビの特徴とは?

ダイハツの純正カーナビにはどのような特徴があるのでしょうか?

すべての車種に対応しているわけではない

ダイハツの純正ナビは複数ありますが、そのすべてが全車種に対応しているわけではありません。たとえば9インチ スタンダードメモリーナビについては、タントとトールに対応しています。9インチ スタンダードメモリーナビ WiFiセットについては、ロッキー専用です。 

確かにダイハツではたくさんの純正ナビを用意していますが、実際に選択できるものには限りがある、と覚えておきましょう。

ドライブレコーダーと連動するナビあり

ダイハツの純正ナビは最新鋭の機能として、ドライブレコーダーとの連動機能があります。ドライブレコーダーで撮影した画像をナビ上で再生や削除ができるものまであるのです。

ナビとドライブレコーダーの連動機能を使いたい、という方は専用のものがいくつか用意されているので、ぜひ選んでみてください。

DAIHATSU(ダイハツ)のカーナビおすすめ2020春夏トレンドモデル3選!

DAIHATSU(ダイハツ)のカーナビのなかで2020春夏のトレンドモデルのものを3つご紹介します。それぞれの注目すべき機能についてもお伝えするので、是非参考にしてください。

9インチ プレミアム メモリーナビ(NMZL-Y70D)

  • 9インチの大画面
  • 声で操作できる音声認識機能あり
  • ブルートゥースに対応しているためハンズフリーで通話が可能
  • 無償地図更新最長5年

9インチの大画面であるため、尺度をあげたとしても細かい路地までくっきりと確認できます。DVDなどの映像を見るときにもHD対応の大画面が役に立ってくれるはずです。

ハンズフリーで操作および通話ができます。ボイスタッチと呼ばれる機能がついており、最大46もの音声操作に対応しています。画面をテレビに変更したりディスクの読み込みに変更したりなど、音声を認識して自動的に操作されるのです。

無償地図更新にも対応しており、その期間は最長5年とかなり長い時間に対応しています。スマホアプリからの更新、およびディスク送付による更新に対応しています。

8インチ スタンダード メモリーナビ(NSZN-X70D)

  • スマホ連動による音声検索が可能
  • 音の匠による音質の向上
  • スマホからAV操作が可能

こちらのカーナビはスマホとの連動に力を入れています。スマホとナビを連動させることで、ナビと会話しながら目的地を検索できます。たとえば「近くのガソリンスタンド」などとスマホの音声認識に語りかけることで、近くのスタンドを自動的に探してくれるわけです。

またスマホからもAV操作ができるため、同乗者がナビにわざわざタッチせずに気軽にAVの設定を変更できます。

音質の良さも指摘しておかなければなりません。音の匠とコラボしており、しっかりとチューニングされています。アルパイン プレミアムサウンドシステムとの組み合わせで、迫力のある音を再現してくれます。広域を強調してくれるなど、車内での音楽鑑賞を楽しみにしている方にもおすすめのナビです。

ワイド プレミアム メモリーナビ(NMZL-W70D)

  • カウンドダウンガイダンスあり
  • ボイスタッチ機能あり
  • 7インチ画面でありつつも高画質のHD液晶ディスプレイ採用

より繊細なナビゲーションシステムを採用しているのが、こちらのナビです。カウントダウンガイダンスと呼ばれる、信号の数や曲がるまでの距離を音声で知らせてくれる機能があります。

声だけでカーナビを操作できるボイスタッチ機能も見逃せません。9インチ プレミアム メモリーナビ(NMZL-Y70D)と同様に、最大46の音声操作に対応しています。

高解像度HD液晶画面を採用しているため、テレビやDVDなどもたっぷりと楽しめます。画質にこだわりがある、という方でも納得できる逸品なのです。

まとめ

DAIHATSU(ダイハツ)のカーナビおすすめ2020春夏トレンドモデルを3つご紹介しました。それぞれの価格は20万円から28万円程度です。取付費も含まれているため、その点も考慮した上で導入するか判断しましょう。

各ナビのサイズにも注目しましょう。7インチから9インチのものを紹介しました。サイズに関しては、実際に目で見て確かめて購入するか判断するのがおすすめです。ディーラーに行き、ナビを試用させてもらいましょう。

avatar
本日のおすすめはこちら

愛車で行けるインスタ映えスポットを12選紹介!in佐賀!!前のページ

【癒されたい人必見】神奈川県内の車で行けるインスタ映えスポットを10選紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    大坂なおみの200キロを打ち返す?ニッサン パビリオンってなに?

    テニスプレイヤーの大坂なおみ選手がアンバサダーを務めるニッサン パビ…

  2. 記事

    超小型モビリティ(ミニカー)って何?高速を走れるのか? 

    近年になり、コンビニエンスストアの配達用車として普及し始めた「超小型…

  3. 記事

    茨城県の警察マスコットキャラクターはひばりくん!その特徴などをご紹介!

    道路の整備もしっかりと行き届いて、東京までもすぐに行ける県、茨城県。…

  4. 記事

    マフラーの太さはエンジンのトルクと馬力にどんな影響を与える?

    車のチューニングと言えば、タイヤとホイールの交換に並んで多いのがマフ…

  5. 記事

    引っ越しするなら乗り捨てがおすすめ!茨城のレンタカーショップを4選紹介! 

    広大な面積を持つ茨城県。茨城県の移動では車は不可欠です。もちろん、引…

  6. 記事

    島根県の免許センターは2カ所!特徴を紹介!

    免許更新は免許センターでするのが便利ですが、曜日や時間帯によっては大…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    ホイールコーティングにはKeeperラボが良い?ブレーキダストにお悩みの方必見
  2. 記事

    トラックドライバーにおすすめの車輪止め!安く販売している場所を紹介
  3. 記事

    F1技術が市販車にも採用!?e-ターボってなんだ!?
  4. 記事

    福島県では日本三大ラーメンの「喜多方ラーメン」が楽しめる!
  5. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーならこれ!CarZootプロ仕様「HeadLig…
PAGE TOP