CMCが2輪向け協調型高度道路交通システムの普及に向けた活動を継続!その内容とは?

   
 

去る1月29日に日欧2輪メーカーで構成するCMCが、2輪車向け協調型高度道路交通システム(C-ITS)用の車載機の基本仕様を決定し、その活動を延長・継続することになりました。

そこでこの記事では、これについて解説していくことにします。

CMCが発表した2輪車向け協調型高度道路交通システム(C-ITS)の動き

今回、2輪車向け協調型高度道路交通システム(C-ITS)用車載機の基本仕様が決まったことで、4輪車や他のモビリティー分野の事業や産業と連携協調を進めていくことがさらに重要性を増していくことになります。

これを契機にこれまでの「CMC」を「CMC “Next”」として活動を延長。

2021年以降も協働しながら、2輪車の安全性の向上させていくことを参加メーカーを目指すことに同意したのです。

CMCとは

”CMC”とは、”Connected Motorcycle Consortium”の略で、ホンダやヤマハ発動機を始め、BMWモトラッドの3社が2輪車向けの協調型高度道路交通システムの「C-ITS」を強化する目的で、2016年に設立されました。

その後に、この3社に加えて、スズキ、KTM、トライアンフなどのバイクメーカーも参加してきて、日欧の2輪メーカー8社と関連団体で構成されるようになったのです。

CMCは、ライダーの安全性を高めることを目的に、C-ITS用の車載機に求められる”車とモノ”との通信システムである「V2X」の基本仕様の設定に取り組んできました。

その結果、CMC基本仕様を2020年12月11日に公表することになったのです。

この基本仕様は、2輪車V2Xシステムの機能を定義する第1ステップ段階にあり、CMCでの活動の多いな成果としても評価されています。

しかし、本格的な進展はこれからのことでもあり、2021年以降もこの取り組みを進化しつつ、同時に普及拡大に向けて、さらに実現性の高い仕様策定に踏み込んでいくことになるのです。

V2X(車とモノとの通信)システムとは

では、CMCが取り組んできたV2X(車とモノとの通信)システムとは、どのようなものなのでしょうか?

V2Xは、正式には「車間・路車間(V2X)通信」とも呼ばれており、自動車とその周囲にあるモノなどとのデータ交換を目的としたワイヤレス通信技術のことを意味しています。

V2Xの技術は、5.9GHz専用の短距離通信に基づき、この規格はWi-Fiから派生したものです。

特に高速移動をしている物体での運用が規定されており、送信側と受信側の間に障害物がある条件下でも安定した信頼性の高い無線リンクを確立されることを可能にします。

V2Xは、「車・車間(V2V)通信」と「路車間(V2I)通信」の2つの通信で構成されていますが、このシステムでは、位置や速度などのデータを周辺にある自動車やインフラストラクチャーと共有させることができます。

その情報が共有されることによって、想定される事故やトラブルなどに対してドライバーの危機意識を高めていき、衝突を比較的容易に回避することを可能にしています。

このことから、事故による死亡者数や重症度の人の発生数を大幅に低下させることが期待できるのです。

予想される渋滞も警告

さらに、V2X技術は予想される渋滞についても警告を発することができます。

この機能により、進むべき別ルートを提案して運転環境に優しいドライビングを実現させることができるようになります。

アダプティブ・クルーズ・コントロールやさらにスマートになった輸送管理によって、CO2排出をも削減することが可能にあり、交通の効率を高めることに貢献できると考えられています。

CMCの今後の動き

今後は2輪車の安全性を高めていくためには、4輪車に加えその他のモビリティ産業との協調が重要になってきます。

4輪車では車載センサーやドライバーアシスト機能の装備が進んでいますが、あらゆる交通機能が複雑に入り交じわる交通環境下では、安全性を確保することが大変難しくなっていくことから、他の4輪車など様々な車両から2輪車が確実に認知されることが必要となってきます。

そのためには、2輪車だけでなく4輪車特有の道路シナリオを設定することやテスト条件を開発して、共通化する必要があると考えられているのです。

その具現化した活動が「CMC “Next”」という活動になっていきます。

CMC “Next”は、2021年1月から今まで参加してきたCMC企業のうち6社で活動をスタートしていく予定です。

今後は数々の課題に対応するために、他の2輪メーカーだけでなく4輪車メーカーやサプライヤーなど関連する企業や団体・組織にも参加を呼び掛けていくことになります。

CarZoot ガラスコーティング

今回紹介するCarZoot ガラスコーティング剤は、市販品では実現は出来なかっ持続力と艶を見事に実現することができるコーティング剤です。

艶と光沢を引き出し、傷から愛車を守ることができます。

完全無機質のガラス膜を形成して車の塗装を強力にガードしてくれ、コーティング施工に必要な専用の下地処理剤も付いてくるので、ボディの状態をコンディションに戻すことも可能です。

トヨタが世界生産台数を5年ぶりに首位奪還!トップスリーの状況と今後の展開は?前のページ

【2021年版】山口で車中泊をするなら道の駅阿武町で夕日を堪能すべき!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ゼロスポーツは残念ながら自己破産!ゼロスポーツの歴史から失敗を探ろう!

    ゼロスポーツは、かつて自動車業界で注目されていましたが、大量発注が失…

  2. 記事

    ハイブリッドカーで悩んでる方必見!プリウスの事故原因を徹底解説!

    国内のハイブリットカーと言えばプリウスですがニュー…

  3. 記事

    【決定版】自動車用ドライブレコーダー用の新CMを2021年に開始!

    「ドライブレコーダー新CMについて詳しく知りたい。」「You…

  4. 記事

    運転免許証の有効期限延長の対象者が拡大に

    車の運転免許証を取得すると、例え現在ペーパードライバーだとしても数年…

  5. 記事

    回転灯の色の種類とは?それぞれの意味を解説しましょう

    回転灯は色で使い分けされているのをご存知でしょうか。街中で多く見かけ…

  6. 記事

    群馬県でホイールの塗装や加工をしたい方必見!オススメの店舗やお店の選び方を紹介!!

    「ホイール塗装をしたい。群馬県にも塗装をやってくれる店舗などはあるの…

新着記事の一覧

  1. 【2021年版】新潟県警が行う交通イベントをご紹介!オレンジ…
  2. 【2021年版】神奈川県で行われている交通イベントをご紹介!…
  3. 【2021年版】東京都の交通イベント!高齢者向け講習・シュミ…
  4. 【2021年】千葉県の交通イベントの取り組みをご紹介!キラリ…
  5. 【2021年版】埼玉県で行われる警察による交通イベントをご紹…
  1. デザイナーB

    マツダという表記は神様が関係していた!エンブレムに込められた深い理由とは?
  2. 記事

    スピード違反は現行犯以外も捕まる?スピード違反について詳しく解説!
  3. 記事

    購入したい人におすすめ!ガレージを3選紹介!
  4. 記事

    佐賀県で発見! コロナ禍でもドライブ帰りに寄れる駄菓子屋さんをまとめてご紹介!
  5. 未分類

    スマホ連動!SUZUKIのおすすめカーナビ3選
PAGE TOP