BMWのSUV、X5 X6 X7 にマイルドハイブリッドが登場!内容を解説します!

   
 

ドイツの高級自動車メーカー「BMW」。この度BMWは自社のモデル「X5X6」などについて、マイルドハイブリッドのパワートレインを搭載したモデルを投入すると発表しました。今回の記事では、マイルドハイブリッドを搭載するとどう変わるのか?などについて詳しく解説していきます。

BMWのX5やX6とはどんな車?

今回マイルドハイブリッドが追加されると発表されたX5、X6、X7とはどんな車なのでしょうか?いずれもBMWが製造販売する「クロスオーバーSUV」になります。X5の歴史が最も古く2000年から製造が始まっています。

初代のモデルから3度のモデルチェンジを行い、現状のX5は4代目のX5です。初代モデルよりもボディサイズは大きくなり、重厚感が増しています。

また、エンジンはダウンサイジング化が進み、初代モデルでは4.6Lエンジンが搭載されていましたが、4代目では3.0Lターボエンジンにまでコンパクトにされています。

X6も同様にSUVですが、こちらのモデルはクーペとSUVが融合されたような変わったデザインとなっています。X6も2度のモデルチェンジを行っていて、現在は3台目のX6です。よりパワフルな4Lエンジンが搭載されているSUVです。

マイルドハイブリッドに変わるとどうなるのか?

どの車種にも、今までは「クリーンディーゼルエンジン」がラインナップされていましたが、今回はそれに加えて48Vのマイルドハイブリッドが導入されるのです。マイルドハイブリッドでは、ガソリンエンジンが低速回転中は、ハイブリッドバッテリーに勝手に充電されるようになっています。

そして、そのバッテリーの動力とモーターを組み合わせて、ガソリンエンジンの使用頻度を減らして言ってくれるシステムです。そのため、従来のガソリンエンジン車よりも燃料の消費を抑えることが出来るのです。

ヨーロッパでは、排ガス規制があってパワートレインの変更が急務?

ヨーロッパでは独自の排ガス規制を設けていて、ディーゼルエンジンでの走行が出来なくなります。そのため、ディーゼルエンジンに変わるパワートレインの導入が加速度的に進んでいるのです。

今回BMWが導入した、マイルドハイブリッドは殆どのメーカーで導入が進められていて、今後も、どのメーカーでも使用されていくことは間違いないでしょう。電気自動車は増やしていかなければいけませんが、まだまだ価格が高いため、多くの人に行きわたらないと見られているのです。

マイルドハイブリッドなどを活用しながら、徐々に広げていくことが重要でしょう。

日本国内で電気自動車を普及させるポイントとは?

日本国内でも2035年以降はガソリンエンジンの新車販売が行えなくなる法律が作られます。つまり、PHVか電気自動車しか乗れなくなる時代は近いのです。その時に最も重要になることは「充電場所の確保」です。各ガソリンスタンドはかなりのペースでEV充電機を増やしていますが、充電スポットの台数は限られています。

大手のコンビニなどでも充電スポットの導入は進んでいます、そしてショッピングセンターやホームセンターなどでも、お買い物の間に充電ができる施設を続々と作っています。

それでも、充電スポットがまだまだ不足していると言えるでしょう。この「充電場所の確保」が進まない限り、2035年までの電気自動車の普及は難しいのではないでしょうか?

まとめ

というわけで、今回はドイツの高級車メーカー、BMWがこの度発表したX5、X6などのマイルドハイブリッドについて詳しく解説してきました。ヨーロッパでは世界に先駆けて電気自動車などの導入がどんどん進んでいっています。

日本もヨーロッパの事例を参考にしながら、早急に普及を広げていかなければ、国際社会から乗り残されていく可能性もあるでしょう。今後の取り組みに期待大です。

レッドブルホンダの2021年マシンRB16Bについて徹底解説!ホンダのエンジンで大活躍!前のページ

吉利汽車とボルボの関係とは?合併をさせて何をしようとしたのか?徹底解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    GMがマイクロソフトと提携!その理由や今の車技術の進歩についても詳しく解説

    自動車メーカーのゼネラル・モーターズ、略してGMは2021年1月19…

  2. 記事

    国交省が3次補正予算で自動運転試験設備などを整備

    12月8日に政府で閣議決定され、15日に国土交通省が発表した補正予算…

  3. 記事

    軽自動車のCMに女優さんが多く採用されている理由は?いま最も売れている軽自動車も調査!

    テレビをつけると、必ずと言っていいほど放送されている自動車のCMでは…

  4. 記事

    アウディのe-tron GTが物凄い性能!おすすめポイントを解説!

    世界中の自動車メーカーが電気自動車の生産に踏み切り始めています。今回…

  5. 記事

    【滋賀県でジムを探している方必見】プール付きのスポーツクラブ「ラック栗東」をご紹介します!

    コロナウイルスの影響で、海やプールで泳ぐ機会が減ったという方も多いの…

  6. 記事

    気象庁Webサイトが19年ぶりに大幅リニューアル!車でおでかけする前のチェックに最適

    2021年2月24日に気象庁はホームページを大幅にリニューアルしまし…

新着記事の一覧

  1. 佐藤琢磨が挑んだ「2021年インディカー・シリーズ」開幕戦!…
  2. ドバイで無人タクシーを導入!米の自動運転開発会社と契約へ
  3. 北陸電力が発表した「環境・エコカー割」とは?エコカーの種類も…
  4. 畑中慎吾選手がエヴァンゲリオンレーシングのドライバー!D1 …
  5. 3月の中国新車販売を確認!トヨタは6割増でホンダは2倍強
  1. 記事

    ASTI株式会社はワイヤーハーネスメーカー!楽器から自動車まで重要部品を作り続け…
  2. 記事

    多様化が求められる時代UDトラック車以外に行っている取り組みを紹介! 
  3. 記事

    惜しまれつつ2019年に販売終了!三菱・ランサーカーゴ(LANCER CARGO…
  4. 記事

    一人乗りロボ「ラクロ」のシェアリングサービスのフランチャイズオーナー募集!新たな…
  5. 記事

    【知ってた?】スズキが高齢者向け車販売で残価設定クレジットを販売
PAGE TOP