BMWの超高性能クーペのM4 CSLがスクープ!どんなスペックなのか?

   
 

BMWの超高性能クーペのM4 CSLがスクープサイトに登場です。あのCSLが帰ってくると大きな話題を呼んでおり、スペック等が気になっている方も少なくありません。

今回は、そんな大注目のM4 CSLについて徹底解説します。ぜひじっくり読んでみてください。

BMWの超高性能2ドアクーペ「M4 CSL」の開発情報を徹底解説!

BMWの超高性能2ドアクーペ「M4 CSL」の開発ジュオ法を分かっている範囲で詳しくお伝えします・ファンの方はもちろん、スクープサイトを見て気になっている方は要チェックです。

そもそもCSLとは?

CSLはCoupe Sport Lightweight であり、BMWの2ドアスポーツ車の頂点に君臨する車と言って差し支えありません。CSLシリーズは、これまでに1973年に伝説的な「3.0CSL」が登場し大注目を集めました。さらに2003年にはE46型「M3 CSL」が登場し、これまた大人気に。E46型「M3 CSL」 は、後者はブラックとシルバーの2色のみで提供され、クールな印象に多くの方が病みつきになったとされています。また、カーボンファイバー製のルーフが使われており、ボディパネルにもカーボンファイバーが使用。その上リアウィンドウの薄いガラスも大きな特徴でした。

ただ、その後は長き渡り沈黙を続けています。いつ復活するのか、とヤキモキしていた方も多いでしょう。

今回のBMWの超高性能クーペのM4 CSLが新モデルとして登場することになれば、約19年ぶりの復活となります。今年の話題をかっさらうことになるかもしれません!

市販型ボディのプロトタイプの中身を考察!

これまでにもM4のテストミュールはスクープされていました。ただ今回大きく異なるのが、市販型ボディのプロトタイプである点です。これはかなり開発が進んでいることを意味しており、そろそろ発表の時期と言っても過言ではないでしょう。

市販型ボディのプロトタイプからみられる特徴ですが、ノーマルよりもはるかに大きなフロントスプリッターが搭載されている点に注目です。複雑なスポークパターンを持つブロンズ仕上げの大径ホイールも目玉になりそうな印象。そして目立つリアスポイラーを装着してインパクトを与えています。

大型リアディフューザー、デュアルエキゾーストパイプがインストールされている点にも注目です。

  • カーボンコンポジットフード
  • ルーフ
  • フロントスプリッター
  • ミラーキャップ

以上の装備も濃厚とされており、M4より104kg(230ポンド)軽量化が図られるとの具体的な話も伝わってきています。

気になるパワートレインには、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンの搭載が検討されており、最高出力は510psにもなります。最大トルクは600Nmであり、海外スクープサイトによると6速マニュアルギアボックスと組み合わされるのが濃厚とのこと。

発売日はいつに?

早くても2022年に受注を開始し、夏頃からの生産開始になると考えられています。もし発売されれば、ポルシェ『911 GT3』新型と競い合うことは間違いなさそうです。

ガラスコーティング剤の効果をより高めるスポンジを使ってみませんか?

あなたのクルマのボディは光り輝いているでしょうか?それとも残念ながらくすんでいるでしょうか?せっかくならガラスコーティング剤の効果をより高めてみませんか?そもそもクルマのボディは平坦ではなく、凹凸もあります。塗りムラができることもしばしばであり、うまくコーティングができないことも…。

そこでチェックしてほしいのが「【CarZootプロ仕様】 ガラスコーティング コーティング剤 塗布用 スポンジ 4個セット (4個セット) 」です。

今回紹介しているのは4個セットですが、中には8個セットや12個セットの大容量タイプもあります。コーティングの頻度によっては大量買いもおすすめなので、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?

【朝日新聞社とトヨタが強力タッグ】『トヨタ環境こどもプログラム(トンボ篇)』学習冊子を無料提供へ前のページ

VWのミニバン[マルチバン]の次期型が2021年後半にヨーロッパで公開へ!次のページ

関連記事

  1. デザイナーB

    トミーカイラの亀のエンブレムの意味とは?

    トミーカイラは京都府にあった自動車メーカーの「トミタ夢工場」が製造、…

  2. 記事

    【交通事故に遭遇したらここ】新潟県で通院できるおすすめの整体院や医者を紹介! 

    自分が真面目に交通ルールを守っていても、ドライバーの中には一定数交通…

  3. 記事

    ストラドビジョンの日本戦略!車載カメラの低価格化か?

    我々の日常には、機械が欠かせないものになっています。技術の進歩により…

  4. 記事

    【2021年版】ポールスミスで春・夏のドライブにおすすめのキーケース小物5選を徹底紹介

    新年度になり新しいブランド物を購入しドライブにでかけようという人も少…

  5. 記事

    三密対策!!クルマを走らせキャンプに行こう!茨城県でおススメキャンプ場2選

    緊急事態宣言が終息し、GOTOキャンペーンがはじまったにもかかわらず…

  6. 記事

    高級車にも使われているブレーキメーカー「ブレンボ」の魅力と歴史とは?

    自動車にとってブレーキは、事故を防ぐためにとても大切なパーツです。…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    無限列車!?】山形県にある鬼滅のおすすめスポットを徹底調査してみました!
  2. 記事

    【2021年冬】熊本県は”映える”の宝庫!?SNSで映えるおすすめスポットを紹介…
  3. 未分類

    車の消臭剤は置く場所によって効果が違うの?
  4. 記事

    酔いやすい人におすすめの酔い止めを3選紹介!
  5. 記事

    株式会社日本ヴューテックのおすすめドライブレコーダーを紹介
PAGE TOP