BMWが2023年のEV戦略を発表!計画前倒しで電気自動車の拡大が加速

   
 

新車購入の際に「電気自動車」を選択肢に入れていますか?
ドイツの大手自動車メーカーBMWグループは、2020年12月、電気自動車(EV)の生産を強化する計画を発表しました。そこで、BMWのEVに関する戦略についてご紹介します。

BMWが発表した2023年のEV計画とは

BMWの最高経営責任者ツィプセ氏は、2020年12月、電気自動車の生産を強化する計画があると発表しました。この計画により、2021年から2023年にかけてBMWのEV車が大幅に生産されると予想されます。では、具体的にどのような計画なのでしょうか。

2023年までにEV率を20%に高める

ツィプセ氏は、2021年から2023年にかけて電気自動車の生産台数を当初の計画から25万台上積みすることを発表。さらに、BMWが販売する車のEV率を2020年の8%から20%に引き上げると話しています。

EV車のラインナップ増加もめざしており、2023年までに25の電動車両を発売予定です。2020年にBMW初となる市販のEV『X3』ベースの『iX3』を導入。2021年には新型のEV「iNEXT」や「i4」を投入します。

計画を2年前倒しした背景

BMWの2023年のEV車に関する計画は、当初、2025年を目標にされていました。なぜ前倒しされたのでしょうか。考えられる理由を2つ挙げます。

■急速なEV市場の拡大に対応
ヨーロッパでは、電気自動車の売り上げとシェアが拡大しています。特にドイツでは、2020年10月のEV新規登録台数が前の月と比べて約365%増加。過去最高を更新しました。ドイツが本拠地のメルセデス・ベンツもこれまでのガソリン車を電動化する計画を発表しています。

BMWもその流れに乗り、2025年までに電動化のための研究開発費300億ユーロ(約3兆5000億円)を投入。他のメーカーと同様にEV車の販売台数の拡大をめざすために計画を前倒ししたと考えられます。

■販売台数減少に歯止めを
新型コロナウイルス感染拡大により世界的に販売台数が減少しています。業界全体の業績悪化が懸念される中、次の一手を打つために、ユーザーの関心の高いEV車を充実させようとしていると考えられます。

懸念されること

EV車の市場が拡大している一方で、充電のためのインフラ整備が追い付いていない現状があります。ドイツでは、今後1000万台の電気自動車が走行すると見込まれています。その場合、1週間で約1万8000カ所の民間・公共充電施設が稼働することになります。ドイツでは充電場所の設置が追い付いていないのが現状です。EV車の台数の増加とともに充電施設の増設が急がれています。

EV車が環境問題と不況を打破するか

BMWが発表したEV車の計画についてご紹介しました。電気自動車は環境だけではなく、新型コロナの影響を受けた経済にも大きな影響を与える可能性があります。また、BMWはじめ世界のトップメーカーがEV拡大を進めることで、日本の電気自動車市場にも良い刺激を与えると考えられます。

充電施設の不足など課題はありますが、今後、新車購入の際に電気自動車を選択肢に入る人が増えることでしょう。

快適なドライブには、「快適な車内環境」が欠かせません。
CarZoot社の「ClearOne」は、車内のにおいトラブルを解決してくれるアイテムです。

使い方は簡単。ClearONEを水で希釈し市販のスプレーボトルに入れます。車内のにおいが気になる部分にスプレーし、冷房をつけて車内を乾燥させるだけ。ClearONEがタバコ、ペット、アンモニアなどの染みついた悪臭を無臭化します。

無香料なので香りが苦手な方も安心。高い消臭・除菌効果がありますが、安全な薬剤を使用しているためお子さんやペットが乗車するときも使用できます。ClearONEはプロ仕様。車内のにおいに気を遣うタクシー会社やごみ収集車にも使用されています。

芳香剤で車内のにおいをごまかしている方、染みついたにおいに悩んでいる方は、日本で開発・製造されたClearONEを試してみてはいかがでしょうか。

スバルがBRZ新型をスーパーGTで披露!その内容に迫れるか?前のページ

2021年、フェラーリからSUVが登場!これからも新型モデルを続々と世に放つ予定か次のページ

関連記事

  1. 記事

    愛知県で車のボディーカラーを変えられるお店はこちら!おすすめのお店を徹底調査!

    愛知県と言えば、トヨタ自動車の本社がある事で有名です。それだけ道路も…

  2. 記事

    【保存版!】タイヤ購入と交換について安いお店を石川県で3店ご紹介!

    「石川県にあるタイヤ交換ののおすすめのお店ってどこか教えて!」「ちょ…

  3. 記事

    岐阜県から引っ越し予定の人は要チェック!乗り捨て出来るレンターカーショップを5選紹介!

    引っ越しする際には新居の家具家電を揃えたりと何かと物入りになりますね…

  4. 記事

    キャンプデビュー!奈良県でおススメのキャンプ場を紹介!

    自然を感じてレジャーも楽しむ方法にキャンプがあります。しかし…

  5. 記事

    マツダロータリーが2022年に復活へ! 

    マツダのロータリーエンジンは2012年で生産終了になりましたが、20…

  6. 記事

    雪道を運転する方必見!スリップした時の対処法を紹介!

    雪が降った後に運転をしているとタイヤが滑って危険な思いをした。なんて…

新着記事の一覧

  1. どうしてそうなった!青森で除雪が行き届かずにクレームが多数!…
  2. ホワイトアウトによる事故が東北で発生!遭遇した場合の対処法を…
  3. 阪神高速で作業員が死亡!何が起こったのかを徹底解説!
  4. 道路空間利活用はこのままで良いのか?マネジメントのあり方の議…
  5. 【コロナ禍】中古軽自動車の販売が好調だった2つの理由とは?
  1. 記事

    「トヨタモビリティ基金」が作成!高齢ドライバーと家族のための総合サイト「高齢者ド…
  2. 記事

    【カワイイ!】ケロケロケロッピーのカーグッズを紹介
  3. 記事

    2020年発売!【Buddy】ネオクラシック光岡自動車おススメ車3選!
  4. 記事

    車にハンドルリモコンを取り付けて安全にナビを利用しよう!
  5. 記事

    【SUZUKI 2020年NEW CAR】スズキ セーフティ サポートで走りをも…
PAGE TOP