AT車のギアの配列がどうして一緒なのか?を徹底解説します!

   
 

あなたが今乗っている、AT車のギアの配置はどのようになっているでしょうか?今回は、このAT車のギアの配置について具体的に解説していきます。本当は、ドライバーによって、様々意見が分かれるのが、AT車のギアの配置なのです。

AT車のギアの配置は殆ど一緒なことが多い

AT車のギアの配置は、殆どの場合が同じです。上から下に向かって、「P R N D S」のようになっていないでしょうか?これは、単純に、操作ミスによる交通事故を防ぐ目的で、このように全メーカーで統一されているのです。ギアの操作レバーの形状は、ストレートタイプやコラムシフトのように、様々な形式になっていますが、どれも上から「P R N D S」となっていることが殆どでしょう。

どうして、AT車のギアの配置は一緒なのか?

前述したように、AT車のギアの配置を同じにすることによって、自動車事故のリスクはかなり抑えられています。DからいきなりRに移動するようなことがあれば、前進するつもりが、バックを始めてしまう事になります。後続車がいた場合には、かなり大きめの接触事故になるかもしれません。また、ギアの位置を同じことにすることで、どの車種に誰が乗っても、同じ感覚で運転でき、この場合も自動車事故の抑制につながるでしょう。

近年はギアの配置が多様化しているAT車が増えている

ただし、近年はギアの配置がどんどん多様化しているのが現状です。以前はボタンを押して移動させるストレートタイプのギアが主流でしたが、ジグザクの形状のラインを行き来させるATシフトもあります。また、P N が一体化し、D Rが上下に独立したタイプのシフトもあります。さらには、以前のAT車であれば、サイドブレーキのすぐ横にシフトレバーがあるのが一般的でしたが、社内のスペースの問題から、インパネ式になっている自動車も、軽乗用車でよく見かけられるようになりました。

車の操作系を電気信号でつなぐ「バイワイヤ技術」の登場により、AT車の場合、シフトレバーとトランスミッションが機械的なパーツは不要になったことが、こうした、AT車のギアの配置をどんどん複雑化している一因になります。ただ、ドライバーの中には以前のシステムに不満を持っていた方も多く、その好みは千差万別です。どちらにせよ言えることは、全ての操作をゆっくり落ち着いて行う事がとても重要になって来るという事です。

CarZoot社の硬化型ガラスコーティング剤 『G’zero』プレミアムセット A-01を使って、愛車を小傷から守ろう!

というわけで、今回は自動車のAT車のギアの配置はどうして一緒なのか?と、今後はどうなっていくのか>ということについて、詳しく解説してきました。自動車開発の技術は以前よりもさらに加速度的に高まっています。そうした時に、その新しい自動車のスタイルに私たちも、合わせていくことが重要になるでしょう。自動車の事故を万が一起こしそうになった時には、CarZoot社の硬化型ガラスコーティング剤 『G’zero』プレミアムセット A-01を使っておくことをおすすめします。簡単に商品の特徴をまとめました。

・プロが実際に工場で使っているコーティング剤と同じ成分なので、プロ並みのガラスコーティングを得ることが出来る

・下地処理からコーティングまでに必要な道具が全てパッケージ化されているので、商品が届いたその日から施工を行うことが出来る

・初心者でも簡単な4つの工程を行うだけで、誰でも簡単にムラなくコーティングできる

・専門の業者に依頼すると10万円はかかる費用が、たったの3,980円で済んでしまう

このように、素晴らしい内容の商品になります。あなたが、慣れないAT車を運転して事故につながる前に、予め強固なガラスコーティングを施工されておくことをおすすめします!ボディが小傷からも守られるのでおすすめです!

avatar
統一していないといつもの癖で間違えてしまうかもしれませんね!

慣れていない人は気を付けて運転しよう!

337拍子を刻む道路が存在? 所在地とその理由、費用は?前のページ

茨城県で輸入車を買うならここがおすすめ!リーズナブルで安心!次のページ

関連記事

  1. 記事

    トラックも停めれちゃう!京都府上京区のお安い駐車場2選を厳選! 

    「京都市上京区でトラックを停めたい!でもどこがあるんだろう…。」…

  2. 記事

    山梨県の車で行けるゴルフ場は?おすすめの場所をご紹介!

    山梨県にある、車で行けるゴルフ場をご存じでしょうか。個性的でインスタ…

  3. 記事

    飛行機・車・電車で致死率が高いのは車?気を付けるべきことや原因を解説!

    私たちのまわりには様々な乗り物がありますが、飛行機、車、電車で致死率…

  4. 記事

    超小型モビリティ(ミニカー)って何?高速を走れるのか? 

    近年になり、コンビニエンスストアの配達用車として普及し始めた「超小型…

  5. 記事

    ガレージや車などの防犯面に強いおすすめの警備会社3社をご紹介!

    大切な車や、備品などが置いてあるガレージを、他人に荒らされ壊されたこ…

  6. 記事

    知っていましたか?車と燃料の関係

    今は人の生活になくてはならなくなった車。例えば日常的に乗らなくても、…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    福島県ではここに行って運転体験をしよう!おすすめの施設を一挙大公開!
  2. 記事

    静岡県の免許センターは3か所!アクセス、混雑情報を紹介!
  3. 未分類

    【徹底比較】CarZootヘッドライトコーティング VS 3M ヘッドライト用ク…
  4. 記事

    リンゴだけじゃない?青森県でおすすめ道の駅を紹介!~2020年度~
  5. 記事

    山口県の車で行くおしゃれで美味しいカフェを紹介
PAGE TOP