アルミモールを綺麗にするコツ

   
 

洗車をする際、アルミモールの掃除もしていますか?落ちそうに見えてなかなか落ちないアルミモールの汚れに悩まされている欧州車のオーナーも多いのではないでしょうか。国産車にはアルミモールがある車は少なく、欧州車特有の悩みでもあります。

この記事では、アルミモールを綺麗にするコツや綺麗に保つコツとそのための商品を紹介していきます。アルミモールの汚れに悩んでいるオーナーはぜひ参考にしてみてください。

欧州車のアルミモールが汚れやすい理由

欧州車のアルミモールは、アルミ合金にアルマイト加工を施したものが多いことが汚れやすい原因です。国産車にはアルミモールがあるもの自体が少なく、ある場合には樹脂やメッキ加工を施したものが多いです。アルミモールの汚れは欧州車オーナー特有の悩みでもあります。

アルミモールの鱗のようや汚れは、鏡などにつく水アカと似ていますが、成分は異なります。日本の気候の特徴である酸性雨がモール部分に付着することによりできてしまうアルカリの汚れです。日本の気候に合わせて造られた国産車とは素材が違うため、どうしても汚れが目立ってしまいます。

自分で掃除をすることは可能?

普段洗車をしている際にアルミモールの汚れも綺麗にできたらいいのに、と思うことはありませんか?水アカに似ているのにカーシャンプーとスポンジだけではなかなか落ちず、汚れを放置してしまっているオーナーも少なくはないでしょう。

もちろん、プロに施工してもらうのは確実ですがアルミモールの汚れだけでお願いするのはもったいない気がしてしまいます。削りたくないボディ部分にはもちろん、不安な場合は窓などにもマスキングテープを貼り、施工しましょう。

汚れを防止することがなかなか難しい部分なので、自分で定期的にコンパウンドで削る習慣をつけるといいでしょう。カーシャンプー、スポンジでは落ちないので必ず専用の研磨剤を使用しましょう。

ですが、研磨剤を使い過ぎてしまったり、間違った方法で綺麗にしようとすると逆に傷がついてしまったり、汚れが悪化してしまう原因に繋がるので、汚れを落とす前にきちんと調べてから行うようにしてください。

汚れがきちんと取れた後はコーティングを使うことによって、被膜を作ってアルミモールに汚れが付着しないようにすることが大切です。

コーティングで汚れを防止

アルミモールは、意識して汚れを防止するのは難しい部分です。しかし、定期的にコーティングを施すことで、ある程度の汚れは防ぐことが可能です。コンパウンドで汚れを削りとり、綺麗な状態にした後はコーティングをしましょう。

汚れやすい部分ではありますが、自分で掃除するのも簡単な部分なのでぜひ自分で施工してみてください。コーティング剤の選び方としては持続時間やコーティング剤に含まれている付属品などを比較して選んでみることをおすすめします。

最後におすすめしたい商品について紹介をしていきます。

アルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモール の 白サビ を落としてコーティングの力で再劣化防止】

自分で手軽にアルミモールの掃除をする際におすすめなのが、CarZootアルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモール の 白サビ を落としてコーティングの力で再劣化防止】です。

・汚れを落とすアルミモール専用のコンパウンドクリーナーと汚れを防止するアルミモール専用のコーティング剤がセットになっている

・他社製品と比べ、洗浄力が強くみるみる汚れが落ちる

・初めての利用でも手軽に施工が可能

こちらが魅力の商品です。プロも実際に店舗で利用している商品なので、洗浄力が高く、扱いやすさも抜群です。アルミモールの汚れに悩んでいるオーナーはぜひ購入を検討してみてください。

油膜とウロコの違いとは?予防方法について詳しく解説!前のページ

QUIXX(クイックス) ヘッドライト用レストアキットが全然ダメだった件次のページ

関連記事

  1. 記事

    ホイールにコーティングは必要なの?

    ホイールは汚れやすいので、メンテナンスの仕方が分からず悩む方が多いで…

  2. デザイナーB

    細かい所にもこだわりたい、おすすめのカッコいいシフトレバー6選!

    車のアクセサリーでシフトレバーまで改造する方は、以前よりは少なくなっ…

  3. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーは?

    ヘッドライトのくすみを取りたいとあなたはそう思われたこと…

  4. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーを紹介!

    普段の車のメンテナンスの中でもヘッドライトの汚れは落としにくく悩んで…

  5. デザイナーA

    自分のボートをけん引したい!けん引をするのに必要な資格などを紹介!

    海が好きなあなた。この海で車のように自分でボートを操縦したいと思った…

  6. 未分類

    ヘッドライトクリーナーはこんなに大事だった!?おすすめ商品レビューまとめ

    皆さんの中には、最近ヘッドライトの曇りが気になってきた、という方が多…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    愛知県で話題沸騰!輸入車が安く買えるおすすめ店舗3つ!
  2. 記事

    洗い残しあり!洗車した時に忘れがちな箇所5選!
  3. 記事

    【安心の業者をチョイス】東京都でおすすめの貸し切りバス業者はこちら!コロナ禍でも…
  4. 記事

    子どもが運転するなどのいたずらを防止するために有効なグッズを徹底調査しました!
  5. 記事

    2020年度版 フォルクスワーゲンならこの車種がおすすめ!
PAGE TOP