ドイツ人が日本に来て買うカー用品 1位ホイールコーティング剤

   
 

タイヤとホイールは、車体の中でも1番地面に接している部分であり、汚れがたまりやすく目立ちやすいです。車体の綺麗さも重要ですが、ホイールを綺麗に保つことも重要です。

普段の洗車の際、カーシャンプーとスポンジだけではホイール特有の汚れが落ちず時間がかかってしまっていませんか?なかなか汚れが落ちず、中途半端に掃除を終わらせてしまったり、交換が必要になるまで放置してしまったり、というオーナーも多いのではないでしょうか。ブレーキダストは、金属の粉塵であるためカーシャンプーでは落ちにくいのも納得です。

この記事では、ドイツ人が日本に来た際に購入していくランキング1であるホイールコーティング剤について紹介します。

どうしてホイールコーティングが必要なの?

タイヤとホイールは車体の中で一番地面に触れる部分であり、運転の際には必ずブレーキを踏みます。ブレーキを踏むたび、ブレーキダストによってホイールが汚れていきます。

ブレーキダストは、金属の粉塵であるため専用の洗剤が必要となります。

しかし、毎回の洗車の際にカーシャンプーで地道に汚れを落としたりホイール専用洗剤で洗うのは意外と骨の折れる作業です。

そこで、ホイールコーティングを使用するのがおすすめです。

ホイールコーティングは1回のコーティングで約3年ほど効果が持続します。ホイールを綺麗に保つため、洗車の手間を減らすために効果的と言えるでしょう。

日本製のホイールコーティング剤が人気な理由

国産車と欧州車では、ホイールの作りが異なります。国産車はナットで固定されているのに対し、欧州車はボルトで固定されています。これが原因で欧州車のホイールはブレーキダストなどの汚れがたまりやすい構造になっています。

海外製のホイールコーティング剤ももちろんありますが、日本製が選ばれる1番の理由は「臭い」でしょう。海外製のホイールコーティングは臭いがきつく、コーティングをするのも一苦労なほど。自分で作業するには耐えられないものも多く、近隣に迷惑がかかってしまうものもあります。臭いのきつくない日本製は人気が高く、多くのドイツ人が購入していく商品です。

国産車と欧州車のホイールの汚れの違い

上記でも説明した通り、国産車のホイールはナット、欧州車のホイールはボルトで固定されています。それ以外にも異なるのが、ブレーキパットの素材です。日本では道路が狭く、スピードを出すのは高速道路くらいでしょう。土地の広い欧州では走行速度が早くなるため、速度が出ていても安全に止まれるようにブレーキパッドの素材が柔らかく造られています。

柔らかい素材を採用することで、速度を出しての走行はしやすくなりますが、ブレーキダストがたまりやすくなることが難点です。国産車よりも汚れがたまりやすい構造であるのに、海外製のコーティング剤は自宅で使用するのには向いていないということから、日本製のコーティング剤が人気を集めています。

【ホイールがダストで汚れない!】ホイール専用ガラスコーティングキット

ドイツ人からも支持されているホイールコーティング剤は、CarZoot【ホイールがダストで汚れない!】ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』です。洗車専門店やコーティングショップなどでプロも愛用している商品です。

・ボディコーティングではなく、ホイールコーティングに特化している。

・ホイールの細かい部分にもコーティング剤をムラなく塗れる専用のスポンジ付き

・欧州車特有の汚れに強い

こちらが特徴です。プロにも愛され実際に店舗でも使用されている商品ですが、Amazonで気軽に入手することができます。海外製のものと比べ、臭いのキツさもなくホイールコーティング専用のスポンジが付属しているので自宅でも気軽に施工することができます。ホイールの汚れに悩んでいるオーナーはぜひ購入を検討してみてください。

油膜とウロコの違いとは?予防方法について詳しく解説!前のページ

QUIXX(クイックス) ヘッドライト用レストアキットが全然ダメだった件次のページ

関連記事

  1. 未分類

    QUIXX(クイックス) ヘッドライト用レストアキットが全然ダメだった件

    やっと念願の愛車を手に入れたときは、特殊なコーティングをしたり定期的…

  2. 記事

    ナマハゲで有名!トラックが洗車できる秋田県の洗車場を紹介!

    普通車に比べると大型トラックは長距離を走ることが多いため、その分メン…

  3. デザイナーA

    車の水垢の落とし方を徹底解説!クリーナーで綺麗に落とそう!

    車の水垢はどうやって落とせばいいのだろう?とお悩みの方がいるのではな…

  4. 記事

    プロがオススメするホイールコーティング剤3選

    ホイールの汚れに悩む方は多いです。ホイールコーティングをすることで、…

  5. 記事

    プロ野球チームも持っている!ヒュンダイのおすすめな車種を徹底解説!! 2020年度版

    韓国の自動車メーカーと言えば、「ヒュンダイ自動車」が一番です。ヒュン…

  6. 記事

    トラックコーティングを安くやれる岩手のお店を紹介!

    岩手県は、四国4県と同じ面積を持つ広さがあり、冬は大変厳しい環境です…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. デザイナーA

    東海オンエアりょうの経歴や乗ってる車のスペックを紹介!
  2. 記事

    【車の未来とバスケット】2021年スマートバリューがプロバスケットを子会社化
  3. 記事

    準中型免許を徹底解説!新しくなった法律を認識しよう!
  4. 記事

    世界遺産の国!コロナ禍後にスリナム旅行へ遊びに行くならチェックしておきたいスポッ…
  5. 記事

    国交省が新方針!電動車両を導入する運送事業者を支援へ
PAGE TOP