おすすめのヘッドライトクリーナーを紹介!

   
 

長らく車を使っていると、どうしてもヘッドライトが汚れてしまいなかなか落ちない汚れになってしまいます。紫外線や前走者からの小石による傷や砂などのダメージを受けるため、どうしても劣化を避けることができません。ヘッドライトは一度汚れるとなかなか落ちない部分でもあります。

定期的にメンテナンスするのも大切ですが、時間がかかる作業でありつい諦めがちになってしまったり。そんな時は自分でも簡単に出来るコーティングがおすすめです。

こちらの記事では汚れを落とすために使うコーティング剤の説明とおすすめ商品を紹介していきたいと思います。

 ヘッドライトは汚れやすい箇所である

車のヘッドライトは従来ガラス製が主流でしたが、現在では多くの車にポリカーボネートが使用されています。ポリカーボネートは衝撃に強いため事故時の安全性が高いというメリットがありますが、紫外線に弱いというデメリットもあります。そのため、ポリカーボネートが使用されたヘッドライトに関しては、黄ばみに悩む方が多いです。

ヘッドライトコーティング剤で汚れを防ぐ

ヘッドライトは紫外線の影響を受けて劣化します。青空駐車をしている場合は、劣化を避けることができません。定期的にヘッドライトクリーナーを使用してクリーニングする必要がありますが、時間が取れないという方も多くいます。そのような方におすすめなのが、ヘッドライトコーティングです。ヘッドライトをコーティングして保護することで、黄ばみを防ぐことができます。

ヘッドライトコーティング剤の選び方

ヘッドライトコーティング剤選びは非常に重要です。ヘッドライト専用の商品を使用することで、しっかりと保護することができます。ボディ用などとは性質が異なるので注意が必要です。効果の高さ、施工のしやすさも着眼点として重要です。

洗車をしっかり行ってからコーティングする

ヘッドライトコーティングをする際は下地処理を入念にする必要があります。下地処理が不十分な状態では、コーティング剤がしっかりと定着しません。

まず、しっかりと汚れている箇所を洗車してコーティングをする際の準備をしてください。

洗車でもしっかりと落とせる汚れを落としていないと十分な効果を発揮させることができず、失敗してしまいます。

上記の点を踏まえた上で、最後におすすめの商品を紹介したいと思います。

注目の商品「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」

私が注目している商品はCarZootの「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」です。この商品の魅力は下記のようになっています。

・製造工程も全て国内なので安定のクオリティ

・プロ仕様のクリーナーとコーティングが施工可能

・専用クリーナーが付属しているので黄ばみや汚れを簡単に除去可能

この商品は通常価格3,680円で購入が出来ます。ヘッドライトのくすみを新車の輝きに戻す魅力的なヘッドライトコーティング剤です。

実際に使用したお客様の声

・このコーティング剤を使用すると、ヘッドライトの黄ばみが取れました!

・汚れが落ちなくて悩んでいましたがこちらぼ商品を使ったらあっという間に綺麗になりました!

・初めて使いましたが、マニュアルも分かりやすく、大変綺麗にできました!

など、実際に効果を実感できた方からの口コミが多いことが分かります。この機会に是非購入を検討してみては如何でしょうか?ぜひご興味持ちましたら、今回紹介させて頂いた内容を参考にしてみてください。

ホイールを綺麗にする方法!前のページ

おすすめのヘッドライトコーティング剤とは?次のページ

関連記事

  1. 未分類

    緊急!車内・シートの嘔吐後の消臭、除菌について知ろう!

    車内で嘔吐した場合の対処法が分からないと、適切な対応ができずに臭いが…

  2. 記事

    車のブースターケーブルのつなぎ方!バッテリーの交換手順や注意点も解説!

    車のバッテリーが運悪く電圧不足を起こしてしまったり、バッテリー上がり…

  3. 記事

    セレッソ大阪本拠地周辺で安いおすすめの駐車場を紹介!

    セレッソ大阪の本拠地「ヤンマースタジアム長居」。そのスタジアムは大阪…

  4. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナーをご紹介します!

    あなたの愛車は国産車でしょうか?欧州車でしょうか?ひょっとすると、あ…

  5. 未分類

    輸入車アルミメッキモールの白サビの対処方法

    輸入車のうち、特に欧州車は、ウィンドウ周りのアルミモールの白サビに悩…

  6. 記事

    オペルのおすすめな車種を徹底解説!! 2020年度版

    オペルの車は、経営不振のため、2006年、日本から撤退していたので、…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    街で良く見かけるキーパーのコーティングってどうなの?評判を調査!
  2. 未分類

    車の中のシンナー臭を軽減する工夫
  3. 記事

    トラックコーティングを安くやれる新潟のお店!
  4. 記事

    痛車って高そう…作るのにいくら費用が掛かるのか徹底解説!
  5. 記事

    ハイエースユーザーにおすすめ!乗り心地をよくするためのカスタム! 
PAGE TOP