おすすめのアルミモールコーティングの紹介

   
 

欧州車を最近購入した方はいらっしゃいますか?欧州車には、日本車にはない特有の悩みがあります。こんなはずじゃなかったのに…と後悔してしまうときがあるかもしれません。

なぜなら、欧州車には雨染みが非常につきやすいからです。

この記事では欧州車に雨染みができてしまう理由とその対処法について、そしておすすめの商品を紹介します。是非参考にしてください。

欧州車に雨染みができてしまう理由とは?

さて、なぜ日本車は雨染みができにくく、欧州車は雨染みができやすいのでしょうか。その違いは使われている素材にあります。

日本車の素材

日本車のモールには主にステンレスが使用されています。ステンレスは耐腐食性が強い素材であり、さびにくい性質があります。そのため、日本車で雨染みができているのはほとんど見かけません。

欧州車の素材

欧州車の素材には主にアルミが使用されています。アルミは耐腐食性が弱い素材であり、さびやすい性質があります。アルミをそのまま使用されているわけではなく、ある程度の加工は施されていますが、それでも腐食が進み雨染みができてしまいます。

雨染みを防止する方法とは?

ここでは、厄介な雨染みを防止する方法について挙げていきます。

①こまめに洗車をする

上記でも説明したように、雨染みの原因はアルミが腐食してしまうことです。腐食を防ぐには、こまめに洗車をして、常にきれいな状態を保つことが理想的です。

しかし、そのような時間的余裕を持つ人は少ないと思います。できる範囲で洗車することを心がけましょう。

②時々磨く

雨染みを早期発見することは大切です。少しでも発生していることに気づいたらその軽度な状態のうちに市販のクリーナーで研磨することをおすすめします。研磨することによって、悪化を防ぐことも可能になります。研磨には金属を磨くためのものを使用しなければ雨染みを落とすことは困難です。

③プロテクションフィルムで覆う

確実に雨染みを避ける方法として、プロテクションフィルムで覆うことが考えられます。透明度が高いため見た目では施工しているかは分かりません。紫外線や雨風から完全に防護することが可能になります。しかし、プロテクションフィルムを施工するためにはそれなりの予算が必要です。

④コーティング剤で保護する

プロテクションフィルムでは予算が必要なため、コーティング剤で保護することをお勧めします。雨染みが発生してしまった後でも、磨いてキレイな状態にした後にコーティング剤で保護することができます。

注目の商品「【CarZootプロ仕様】アルミモール/ ドアモールの白サビを落としてコーティングの力で再劣化防止」

私が注目している商品はCarZootの「【CarZootプロ仕様】 アルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモールの白サビを落としてコーティングの力で再劣化防止】」です。

従来のアルミモールコンパウンドクリーナーは汚れやさびを落として終わりでしたが、この商品は違います。この商品はさびを落とすだけでなく汚れにくくするためのコーティングまで施工することが可能です。他社製品と比べると洗浄力は圧倒的です。

また、CarZootの商品はすべて実際にプロが使っているため、高品質なものが揃っています。使うだけでプロ気分を味わえることでしょう。施工マニュアルが付属しており、不明点は問い合わせればプロのスタッフによるサポートを受けることができるため安心です。

さて、この記事をご覧になってどの様に感じましたか?あなたの車が欧州車ならば、先ほど紹介した商品を一度使ってみるべきです。使用後は、自分の愛車は見違えるほど良くなり、CarZootの商品の虜になること間違いなしでしょう。

おすすめのヘッドライトクリーナーとは?前のページ

なぜBLEST(ブレスト)のホイールとCarZootホイールコーティング剤は相性がいいのか?次のページ

関連記事

  1. 記事

    トラックコーティングを安くやれる群馬のお店を紹介!

    この記事では、群馬県でトラックのボディコーティングをしたいと考えてい…

  2. 記事

    ホイールコーティングした1年後のホイールと何もしていないホイールって、そんなにも違うの?

    車のホイールって、みんなコーティングしてるの?それに、そんなにコーテ…

  3. 記事

    京都競馬場へ行く方必見!周辺の安い駐車場!

    京都競馬場はイベントなどで盛り上がり非常に楽しいですが、駐車場を見つ…

  4. 記事

    渦磯だけじゃない!徳島県でおすすめの道の駅を紹介!~2020年度~

    コロナ渦だからこそ、近場で楽しむというのはどうでしょうか?地…

  5. 記事

    車のバッテリーが上がった後は迅速に対処!再充電の方法など解説

    車のバッテリーが上がった後、エンジン始動ができたとしても、そのバッテ…

  6. 未分類

    小傷からホイールを守る方法を国家一級整備士がご紹介!

    皆さんはホイールに小傷がついてしまってお悩みになったことはございませ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    おしゃれなカー用品のブランドまとめ!人気のグッズを厳選してご紹介
  2. 記事

    鹿児島県のEV(電気自動車)充電スタンドをまとめてみた! 2020年最新版 
  3. 記事

    健康保険が自動車事故に使えるってほんと?保険を使う際の注意点も解説
  4. 記事

    大分県でドライブで愛犬と一緒にドライブ+ドッグランが楽しめる場所をご紹介!
  5. 記事

    日本と外国の駐車は逆!どうして違うのかを詳しく解説 
PAGE TOP