シュアラスター [ヘッドライトクリーナー トリプルコーティング]について調べてみた

   
 

最近ヘッドライトの黄ばみが気になるという時、どうしていますか?私が一番に思い浮かぶのは専門店での施工ですが、最近では市販のヘッドライトクリーナー剤でも良いものがたくさん出ています。中でも、口コミが良い「シュアラスター」のものを見つけましたので、ご紹介していきます。

シュアラスターとは?

シュアラスターというのばメーカー名で、「業界内外で歴史と品質を認められたカーワックスを始めとするカーケアメーカー」です。

歴史は長く、1947年アメリカ・カリフォルニア州で自動車ワックスの製造から始まり、今もなお愛され続けているブランドなのですが、商品の質を裏付けるようなコンテストの受賞歴などもあり、信頼できるブランドと言えそうです。

シュアラスターの魅力は?

シュアラスターは多くの人に選ばれていますが、その魅力は何なのでしょうか?

その魅力は商品力にあります。「シュアラスター公式ホームページ」に商品のラインナップがありますが、どれもパッケージがわかりやすく、商品の種類も豊富です。また、洗車用品として、パーツ別の商品までそろっているので、一貫して「シュアラスター」を使用することができます。同じメーカーで揃えた方が、施工の効果考えられてるので安心感があります。

愛車を自分に置き換えてみると、シャンプーとコンディショナーは同じメーカーであったほうが効果を感じられやすいのと同じと考えると良いでしょう。

ヘッドライトコーティングの手順 

良いヘッドライトコーティングをする前に、流れをご説明しておきます。

具体的な手順

➀洗車をする

まず、車全体をキレイにすることでヘッドライドとの隙間などまできれいにします。汚れが残ったまま作業をしてしまうことで、傷がついてしまう可能性がありますので、

またせっかくヘッドライドコーティングをするのであれば、車のボティのコーティングも一緒にしてしまってもいいかもしれません。

➁マスキングテープをはる

ヘッドライドを磨く時に研磨剤を使うので、車のボディに傷がついてしまわないようにしっかりとテープで保護する必要があります。

➂研磨剤で磨く

耐水ペーパー(防水性の紙やすり)を何種類か用意します。目の粗いものが数字が小さく、目の細かいものは数字が大きくなっています。黄ばみが強い場合は、目の粗いもの1000番台~、黄ばみが少なければ2000番台~というように削ってきます。

より細かく磨く場合はコンパウンドという研磨剤を使うこともおすすめです。

④コーティング剤を塗る

キレイになったヘッドライトにコーティング剤を塗っていきます。コーティング剤には、紫外線からヘッドライドを守る効果があります。一度乾かしてから再度塗るなど、しっかりと塗ることで耐久性が高くなります。

シュアラスター [ヘッドライトクリーナー トリプルコーティング] ゼロリバイブ SurLuster S-104

・ヘッドライトの黄ばみ、くすみをクリアに! UVカットトリプルコーティングで

 透明感が持続!

・使用可能箇所: 各種ライトカバー、バイザーなどのクリアパーツ表面の黄ばみ、くすみ、 小キズの除去及び保護

・対象詳細: ヘッドライトカバー、バイザー等のクリア樹脂パーツ(シボ・艶消し・メッキ

 など表面加工されたパーツを除く)

・研磨粒子有無: コンパウンド入り 液性: アルカリ性

・内容量: 70ml


まず、「反射」「放出」「吸収」のUVカットトリプルコーティングになっているので、ヘッドライドの素材の天敵である紫外線から、しっかりとヘッドライドを守ることができます。また、コンパウンド入りの研磨剤が入っているので、より細やかに磨くことができます。この「シュアラスター [ヘッドライトクリーナー トリプルコーティング]」を使えば、耐久性の高いヘッドライドコーティングができます。

また、他のメーカーですが、液体のクリーナー剤とコーティング剤がセットになっているヘッドライドコーティング剤もあります。

[CarZootプロ仕様]【ヘッドライトのくすみを新車の輝きに戻す】ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』

・Amazon新着ランキング1位を獲得☆高評価の秘訣は手軽にプロ仕様のクリーナーとコーティングが施工できるところにあります

・ヘッドライトの黄ばみ・くすみを簡単に除去できる専用クリーナーと汚れにくくするコーティング剤がセットになっているのでいつまでも綺麗な状態が続きます。

・専用クリーナーが付属しているので黄ばみや汚れを簡単に除去して新車のような透明感を実感できます。

・従来のクリーナーとは異なり汚れや黄ばみを落として終わりではなく、さらに汚れにくく黄ばみが戻らないようにしっかりとコーティングまで施工できます。

・品質にこだわる日本クオリティ 国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております

たくさんの市販のヘッドライトコーティング剤がありますが、どれにするか悩んだ場合は、その商品のメーカーについて調べてみることをおすすめします。

シュアラスターのようなメーカーがしっかりとしている商品を選ぶことで、耐久性の高いヘッドライトコーティングができるようになります。ぜひ、ご参考にしてみてください。

【徹底比較】CarzootヘッドライトコーティングとワコーズHC-Kハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤はどちらがおすすめ?前のページ

WORK(ワーク)にオススメのホイールコーティング剤3選次のページ

関連記事

  1. 未分類

    ジムニーにお乗りの方必見!オススメのホイールコーティング剤3選

    せっかくの愛車は綺麗に乗りたい。そう思われる方は多いと思います。…

  2. 記事

    宮崎県で交通祈願におすすめ!お守りと神社2選を紹介!

    車を運転する時は何を心がけて運転していますか?殆どの人は、「…

  3. 未分類

    CarZoot社のアルミモール クリーナー コーティングAmazonレビューのまとめ

    欧州車の窓枠の「アルミモール」。乗っているうちに、いつの間にか白くく…

  4. 未分類

    【車好き必見】おすすめのヘッドライトコーティングについて!

    あなたの車のヘッドライトは新車の時のような輝きを今でも放っていますか…

  5. デザイナーA

    港区に車で遊びに行く人にオススメ安い駐車場3選!

    東京都内で最も家賃が高いのが「港区」です。高級マンションが立ち並び、…

  6. 未分類

    オートライトの義務化ってどういうこと?

    皆さんは、今後「オートライトが義務化される」ということをご存知でしょ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    ブレーキダストをつきにくくする裏技を紹介!
  2. 記事

    季節で性能が変化するパワーウインド
  3. 未分類

    おすすめのヘッドライトコーティング剤2選!メリットや注意点について
  4. 記事

    和歌山県でコロナを気にせず安全に使える貸切バス会社をご紹介!
  5. 記事

    車のバッテリーのつなぎ方は?ブースターケーブルの使い方を解説
PAGE TOP