おすすめのヘッドライトクリーナー10選

   
 

ヘッドライトは気が付かないうちに黄ばんでいることがよくあります。しかし、この黄ばみが原因でライトの明るさに影響が出ることもあり、危険が伴うこともあるのです。そう考えると、車を乗るうえでヘッドライトのケアは義務と考えても良いでしょう。

そんなヘッドライトの黄ばみには様々な原因があります。後ほど黄ばみの原因についても少し説明します。

また、そんな様々な原因の黄ばみからヘッドライトを守るのに役立つのが、ヘッドライトクリーナーです。確かに、ネットでもヘッドライトクリーナーを観てみるとたくさん紹介されています。

どのクリーナーが良いのかわからず迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、そんな皆様におすすめのヘッドライトクリーナーをランキング形式で紹介します。

この記事の目次

ヘッドライトの黄ばむわけとは?

ヘッドライトの黄ばむわけとは何?色んな原因があるのですが、基本的には劣化によるものが多いでしょう。しかし、このヘッドライトは、ポリカーボネートが採用されています。この素材は非常に優れており、強度はガラスの200倍以上もあります。最高級の耐衝撃性で身近なところでは、スマホなどに使われています。また、破損しても飛び散りにくく防弾材料などに使われているほどです。

他にも、耐熱性に優れ130度から-100度まで耐えることが出来ると言われています。透明性もあり言う事なしの素材なのですが、当然デメリットもあります。それが、アクリルよりもキズが付きやすく、紫外線はカットできますが、紫外線で変色してしまうというデメリットです。キズがつきやすくなれば、そのキズに汚れが付着し黄ばみの原因となります。また、紫外線に当たることも多いので、変色し徐々に黄ばんでしまうのです。

ヘッドライトクリーナーをチョイスするポイントとは?

ヘッドライトクリーナーと言っても、何を基準にチョイスすればいいのでしょうか?悩んでしまいます。そこで、ちょっとした選ぶうえでのポイントを紹介します。

液体 or クリームタイプ

まず、最初に悩むであろうポイントは、そのヘッドライトクリーナー自体のタイプでしょう。特に初心者にとっては悩みどころです。初心者におすすめは、しっかり汚れに付着出来るクリームタイプ(チューブ)が使いやすいでしょう。黄ばんだヘッドライトの汚れた部分に直接塗ることが出来ます。そのため、失敗しにくく初めてでも安心して使えるタイプと言えます。

また、液体タイプの良いところは、容量が多めなため何度も使えたり、頑固な汚れにもたっぷりクリーナーが使えると言う点です。また、コスト的にも液体の方が比較的お手頃なのでおすすめです。ただ、クリームと違いしっかり汚れに付着しにくいので、初めてで自信がない方にはクリームタイプをおすすめします。もちろん、その他のタイプもあります。

ヘッドクリーナーの注意するべき成分

ヘッドライトクリーナーの中には、コーティング機能などがある優れたものもありますが、少し注意すべき成分が含まれたものもあります。まず、1つ目が研磨剤です。ヘッドライトクリーナーの中には、研磨剤が含まれているものがあります。この研磨剤は、黄ばみなどの汚れを落としてくれるものもあり大変役立ちます。

しかし、研磨剤の粒子が大きめの場合には注意が必要です。つまり、研磨剤は、汚れを削り落とす役割なのですが、粒子が大きすぎると効果以上にヘッドライト自体を傷つけてしまう場合もあります。その点は、注意すべきポイントです。

また、2つ目が有機溶剤です。あまり聞き慣れないかもしれません。この有機溶剤は、色々なものを溶かす特徴があります。この溶かす作用が、汚れだけに止まらずヘッドライト自体までも溶かしてしまう可能性があります。これらの、2つの成分は、必ずヘッドライトクリーナーを購入する際に成分表を確認しましょう。特に、有機溶剤は成分に含まれていない方がおすすめです。

おすすめヘッドライトクリーナー10選

黄ばみの原因やヘッドライトクリーナーの選び方について少し分かったところで、おすすめのヘッドライトクリーナーを紹介していきましょう。どれも人気のあるクリーナーですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

第10位 ホルツ ヘッドライト プラスチックレンズ・カバー磨き ツヤ出し・保護成分配合 ネルクロス付 Holts MH958

ペーストタイプのヘッドライトクリーナーで、しっかり汚れに付着してくれるので初心者にもおすすめです。綺麗にしてくれるだけでなく、ツヤ出しや保護成分配合で表面のツヤ・透明感が持続します。これなら、自分でもしっかり黄ばんだヘッドライトを綺麗にできると人気のヘッドライトクリーナーです。

第9位 プロスタッフ 洗車用品 ガラス系コーティング剤 魁 磨き塾 

黄ばみやくすみを落として表面をコートするヘッドライト用コーティングセットです。透明感や光沢は12ヶ月も持続する優れものです。ヘッドライトの汚れや黄ばみを除去し光沢を取り戻してくれるアイテムがセットされているので、到着後すぐにお使いいただけます。

第8位 RINREI(リンレイ) ヘッドライトクリーナー ヘッドライト&樹脂パーツコート [HTRC 3] F-9

ヘッドライト&樹脂パーツを透明に復元してくれるクリーナーで、透明樹脂+未塗装樹脂のガラス系ハードコート剤です。耐久性は6か月となっています。黄ばみ、くすみ、すりガラス状のくもりを解消してくれる人気のクリーナーです。

第7位 ウィルソン(WILLSON) ヘッドライトクリアmini 02077

まず試してみたい方におすすめのヘッドライトクリーナーです。2か月に1度位のペースで磨けば、いつも綺麗で明るいライトの光が維持でき安全です。価格的にも負担が少なく、その都度綺麗なスポンジで磨けるのも嬉しいポイントです。また、信頼ある日本製のクリーナーと言う点でもおすすめです。

第6位 カーメイト 車用 ヘッドライトクリーナー & コーティング プレミアムコート 黄ばみ・くすみ除去 (クリーナー50ml/トップコート10ml) C137

人気のカーメイトの本格的な2液式(クリーナー&コーティング)のヘッドライト復活セットです。クリーナーで黄ばみやくすみを除去し、専用クロスで汚れの付着防止や透明感を出し、浸水コーティングで雨天時の水滴による乱反射を防止してくれます。その効果は、6か月となっていますので、1年に2回で効果を実感できる本格的クリーナー&コーティング剤です。

第5位 シュアラスター [ヘッドライトクリーナー トリプルコーティング] ゼロリバイブ SurLuster S-104

超微細研磨粒子が気になる黄ばみなどの汚れをスッキリ除去してくれるヘッドライトクリーナーです。ヘッドライトがクリアになれば、明るさも戻ります。また、反射・放出・吸収のUVカットトリプルコーティングがヘッドライトを紫外線による劣化から守ってくれるおすすめのクリーナーです。

第4位 ブライトフォーム BRIGHT FOAM プラスチックレンズクリーナー&コーティング剤 BF-001

洗浄・ツヤ出し・コーティングの3つの効果が期待できるヘッドライトクリーナーです。こちらのクリーナーは泡状なので液だれしにくく、どなたでもご利用しやすくなっています。しっかり汚れをとるだけでなく、フッ素ポリマー配合のコーティング剤も魅力のクリーナーです。

第3位 SOFT99 ( ソフト99 ) LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ 03133 [HTRC3]

ソフト99の研磨剤が入ったヘッドライトクリーナーです。こちらは、研磨剤が汚れがしっかりとれると人気があります。しかし、磨きすぎると逆効果でキズをつけてしまうので注意する必要はあります。また、このクリーナーの効果は6か月となっていますので、1年に2回のケアを行うだけで綺麗なヘッドライトが持続出来ます。

第2位 シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコート W-138

非常にレビューなどの評価も高く人気のヘッドライトクリーナーです。黄ばみを落としクリアな輝くヘッドライトが1年も続くとされています。特に紫外線による樹脂の劣化を長期間防止できるとされています。初心者には使用方法が少し難しいと言う声もありますが、慣れてくれば1年の耐久性は非常に魅力的と言えます。

第1位 [CarZootプロ仕様]【ヘッドライトのくすみを新車の輝きに戻す】ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』

人気のお手軽プロ仕様のクリーナーとコーティングセットです。また、品質にこだわった安心安全の日本製なのも人気の要因となっているでしょう。プロ仕様にもかかわらず簡単でお手軽なセットは、到着すればすぐにお試しいただけます。

まとめ

(カッコいい車の正面画像)

おすすめのヘッドライトクリーナーをランキング形式で紹介しました。色んな声もあり、それぞれ商品ごとの評価も違いますが、やはりクリーナーとコーティングを施すことで綺麗なヘッドライトが長続きします。

また、ヘッドライトの汚れは、ライトの明るさにも影響し時には安全運転と言う観点からも重要になってきます。こまめなケアが苦手な方こそ、コーティングなどを施すことがおすすめです。手軽に出来るクリーナーを紹介していますので、ぜひ一度ご自慢の愛車で試してみてはいかがですか。

SONAX(ソナックス)のホイールコーティングは使い心地が悪い?調べてみました。前のページ

おすすめのヘッドライトコーティング次のページ

関連記事

  1. 記事

    トラックコーティングを愛媛でお得に!

    トラックのコーティングをすることで、トラックのメンテナンスが非常に楽…

  2. 未分類

    ENKEI(エンケイ)にオススメのホイールコーティング剤ベスト3選

    車好きなら誰もがその名を耳したことあるENKEI(エンケイ)。車のホ…

  3. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナー

    アルミモールのお手入れされていますか。アルミモールはヘッドライトやホ…

  4. 記事

    話題の車「RAV4PHV」ってどんな車?スペックなど徹底解説! 

    売れ行きを伸ばし続ける大人気のSUV。その人気ぶりは今では新車購入検…

  5. 記事

    トラックを駐められる北区の駐車場を伝授!

    北区は公園が多数あり、駐車場も多そうなイメージがありますが、意外と見…

  6. 未分類

    アルミモールを綺麗にするコツ

    洗車をする際、アルミモールの掃除もしていますか?落ちそうに見えてなか…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 未分類

    愛知県の車で行けるコロナ対策ばっちりの動物園2選を紹介!
  2. 記事

    コロナ禍でも大丈夫!【2021年】3密を避けて青森県をドライブしよう!
  3. 記事

    【ドラレコ市場を支える!】荒川製作所とはどんな会社?ドライブレコーダーの製造会社…
  4. 記事

    【電車へ進化】2021年浮く銀河鉄道999TVアニメ版を徹底解説
  5. 記事

    2020年上半期決定版!上半期で売れたレクサスの車をランキング形式で紹介! 
PAGE TOP