なぜ国産車のヘッドライトは黄ばみが目立つのか?

   
 

ヘッドライトの黄ばみは、国産車を持っている方であれば誰しも一度は悩まされたことがあると思います。ヘッドライトは車の部品の中でもとても重要なパーツです。ですが、黄ばみを気にしないでそのまま放置しているドライバーの方も多いです。

この記事では、国産車のヘッドライトの黄ばみが目立つ理由や、黄ばんでしまったヘッドライトの改善方法について紹介しますので、是非参考にしてください。

ヘッドライトの重要性とは

ヘッドライトはご存知の通り車の前方についているライトのことです。このライトがなぜ重要かというと、夜運転する場合に点灯させるだけではなく、昼間でも雨の日などの悪天候時ライトを点灯します。また、ヘッドライトを点灯すれば周りに自分の存在をしめすことも可能です。

ヘッドライトが黄ばんでしまうと

ヘッドライトが黄ばんでいると、見た目が古く見えてしまう傾向があります。またそれ以外のデメリットとして、点灯しても見ずらかったりヘッドライトの黄ばみが原因で車検が通りにくくなってしまうこともあります。以上のことからヘッドライトの黄ばみはドライバーにとって早急に対処したい問題となります。

なぜ国産車のヘッドライトは黄ばみが目立つのか?

ここでは国産車のヘッドライトの黄ばみが目立つ理由について紹介をします。昔はヘッドライトが黄ばんでいる車は見かけることがなかったですが、最近になってヘッドライトが黄ばんでしまっている車を多く見かけます。ヘッドライトが黄ばむ原因や昔の車と今のヘッドライトの違いについて下記でご紹介いたします。

ヘッドライトが黄ばむ原因

ヘッドライトが黄ばんでしまう一番の原因は、紫外線が原因とされています。ヘッドライトのレンズ部分は紫外線を吸収しやすい素材なため、時間が経つにつれ黄ばんでしまう一方です。一度黄ばんでしまったら、いくら入念に洗車をしても元に戻すことは出来ません。ヘッドライトの黄ばみはとても厄介ですので、日ごろからコーティング剤を塗るなどのメンテナンスが重要となってきます。

昔の車と今の車のヘッドライトの違い

昔の車は今の車と違って、ヘッドライトの黄ばみなど全くなかったです。昔と今の大きな違いとして、「レンズの素材が違う」という点が上げられます。昔の車のレンズ部分はガラスで出来ていましたが、今のヘッドライトのレンズはポリカーボネート素材といった紫外線を吸収しやすい素材に変わっています。そのため今の車は昔の車に比べると、ヘッドライトが黄ばみやすくなっています。ですが、昔の車はヘッドライトがガラスだったため割れやすかったですが、ポリカーボネート素材のヘッドライトは物理的な衝撃には強く作られています。

現在、ヘッドライトが黄ばんでしまっていて困っている方は大勢います。そんな方にこそ、黄ばみとりアイテムの中でも最もおすすめできる商品を最後にご紹介しますので是非参考にしてみてください。

注目の商品「『CarZootプロ仕様』ヘッドライトレストレーション」


私の注目商品はCarZootの「『CarZootプロ使用』ヘッドライトレストレーション」です。こちらの商品の魅力的な点は下記のようになっております。

・良心的な価格設定

・完全プロ仕様の製品

・ヘッドライトのくすみとりや黄ばみ除去、コーティング専用としての開発

・新車同様の透明感

この商品は3680円と通常価格でもお買い得ですが、Amazonで購入する際キャッシュレス払いであれば5%還元されるので、さらにお得に購入することが可能です。紫外線が強くなっていく夏前に、ヘッドライトのメンテナンスとして是非一度試してみてはいかがでしょうか?

ホイールを交換した最初にやるべきことを解説!ホイールを守るために!前のページ

アルミホイールのケアにはホイールコーティング剤がおすすめ次のページ

関連記事

  1. 記事

    埼玉県で車のガラスコーティングをするなら?おすすめの業者3選!

    皆さんはしっかりと車のガラスコーティングを行っていますでしょうか。車…

  2. 未分類

    ヘッドライトを小傷から守る方法

    自動車のヘッドライトの小傷は放っておくと、黄色くなってしまう原因の一…

  3. 未分類

    小傷からホイールを守る方法を国家一級整備士がご紹介!

    皆さんはホイールに小傷がついてしまってお悩みになったことはございませ…

  4. 記事

    車のエアコンの汚れはクリーナーで落ちる?自分で掃除する方法を解説!

    車のエアコンの清掃は難しいというイメージがあり、なかなか手をつけられ…

  5. 記事

    デートにおすすめ!山梨のデートコースを4つ紹介!

    コロナ禍で、出歩くことを控えている方もいると思います。もちろ…

  6. 未分類

    メルセデスベンツのアルミモールの磨き方

    ヨーロッパの代表的な自動車メーカー、メルセデスベンツ。私…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    道の駅を満喫しよう埼玉県の駅を紹介!~2020年度~
  2. 記事

    府中(駿府)の魅力をご紹介!【19番目】おすすめスポットも合わせて!
  3. 記事

    栃木県でホイールの加工や塗装をしたい!!おすすめの店や自分でやるデメリットなど紹…
  4. 未分類

    2021年に購入したい?TVRのおすすめな車種を徹底解説!
  5. 記事

    BMWグループ生産計画プロセスを30%効率化に成功!仮想計画ツールとは?
PAGE TOP