スマートガード ヘッドライトコートが全然ダメだった件

   
 

車の経年劣化で気になりやすい部分といえば、ヘッドライトの黄ばみではないかと思います。車の顔の「目」とも言える部分なので、見栄えが必要以上に悪く見えてしまうのです。そこで今回は黄ばみを取るヘッドライトコートについて、安価なものとそうでないものとを比べてみました。

結果としては仕上がりに差があったのですが、この記事ではその差がどれほどあったのかについて紹介をしています。しっかりとヘッドライトを復活させられる、効果のある商品のお手伝いのための記事です。なお今回使用したものは「スマートヘッドライト(1,200円ほど)」と、「CarZootヘッドライト専用コーティングキット(3,000円ほど」」となっています。

スマートヘッドライトの効果は微妙?仕上がりがパッと見で分からない

まず、試しに使ってみたのは「スマートヘッドライト」という商品です。価格は1,200円ほどなので、手頃な値段が魅力の商品となっています。しかも必要な道具が全て入っているので、あれこれ用意をする必要はありません。この価格で効果があるなら、これ以上良いことはないといった値段の設定です。しかし仕上がりのほどはというと、そんなにうまい話はありませんでした。

スマートヘッドライトの内容物を確認後、使用手順に沿って作業をしていきます。ザックリとした手順は洗浄→粗削り→拭き取り→仕上げ磨き→コート剤を2回塗布です。削るところから始まり、薬剤のコーティングを2回するという割と本格的な手順を踏みました。そのため作業時間は1時間弱かかっています。

全ての手順を終えて仕上がりを確認すると、ビフォー・アフターの違いが分かりません。磨いた分だけ綺麗になってはいるものの、肝心の黄ばみは取り切れていないというのが正直な感想です。

CarZootヘッドライト専用コーティングキットの実力とは?

続いては「CarZootヘッドライト専用コーティングキット」を使用してみた感想です。こちらの商品は上記のスマートヘッドライトに比べて、2倍以上の価格とやや高い印象となります。しかし使用者の多くの高レビューや、プロが実際に使うアイテムであることから効果への期待は大です。スマートヘッドライト同様、必要な道具が全て揃っているのは嬉しいポイントと言えます。

CarZootヘッドライト専用コーティングキットについても、手順書に沿ってヘッドライトの手入れをしていきました。手順自体はスマートヘッドライトとほぼ同じですが、研磨の部分で使用するものが違っています。スマートヘッドライトでは耐水ペーパー出の研磨だったのですが、こちらでは専用の研磨剤での施工です。この専用クリーナーが非常に有能なので、素人でも簡単にしっかりと汚れを落とすことができます。そしてしっかりと汚れを落とした上で、専用のコーティング剤を重ねていくことで透明感を実現してくれるのです。

全ての施工が終わった後の感想は、ビフォー・アフターでしっかりと違いが分かると言ったものでした。施行前と施行後で写メなどで比べると分かりやすく、その差は歴然です。写真を通しても分かるほどなので、かなりの効果と言えます。しかもコーティング剤の効果が長続きするようで、数ヶ月から半年程度は問題なくヘッドライトはクリアなままです。仕上がりの綺麗さと、効果の持続性を考慮するとコスパについても文句無しといった感想となります。

ヘッドライトの黄ばみの原因は?

なぜ上記2つの商品で効果の違いがあるのか?は、ヘッドライトの黄ばみの原因にあります。その黄ばみの原因は主に熱による経年劣化、傷が原因となった変色です。これらの原因は黄ばみだけではなく、特有のくすみにも繋がっています。そのため、まずこの傷や劣化した部分を除去する必要があるのです。そのためヘッドライトの透明感を復活させるためには、適切な研磨が重要な工程となります。その点CarZootヘッドライト専用コーティングキットでは、専用の研磨剤を使用しているため綺麗に汚れや劣化部分を落とすことができるのです。つまりこの研磨剤の質が、そのまま仕上がりの質に繋がっています。上記2点の商品の大きな違いは、ここの研磨剤の質にあるのです。

ヘッドライトの変色は、放置をしておくと正しく機能しなくなることで事故などの危険を引き上げてしまいます。さらに酷くなると、車検に通らない場合も出てくるのです。そのため自身でのヘッドライトの手入れは必須作業と言え、しっかりと効果のある商品を選ぶ必要があると言えます。

CarZootヘッドライト専用コーティングキットが買えるのは?


こちらの商品をおすすめする理由には

・プロが実際に使う商品である

・専用の研磨剤が優秀

・コーティング剤がヘッドライト専用のため効果が長続きする

などが挙げられます。また通常では3,600円以上での販売が多い中で、Amazonでは3,128円で購入することができるのでお得です。ヘッドライト手入れは、事故防止の観点から重要な工程となっています。そのため確実に効果のある商品をえらぶ必要があるのです。そうした中で、プロも使う効果に信用の持てるCarZootヘッドライト専用コーティングキットをお勧めします。

ホイールを交換した最初にやるべきことを解説!ホイールを守るために!前のページ

アルミホイールのケアにはホイールコーティング剤がおすすめ次のページ

関連記事

  1. 記事

    痛車って高そう…作るのにいくら費用が掛かるのか徹底解説!

    好きなアニメやゲームなどの”推しキャラ”を車体いっぱいに描いた、いわ…

  2. 記事

    運転者を敬おう!助手席に乗る人のマナー5選!

    大人になると特に、友人、職場の後輩や先輩、彼氏彼女に運転をしてもらい…

  3. 記事

    福岡県ではここがおすすめ!カーポート業者徹底調査!

    九州の一大都市博多を有する福岡県。大宰府や小倉を行き来するのにも、自…

  4. 未分類

    アルミモールのウロコは何故出来てしまうのか!?防止するおすすめの方法について徹底解説

    欧州車をお持ちの方であれば分かると思うのですが、アルミモールに出来る…

  5. 記事

    おすすめの車のバッテリーは?選び方のコツや特徴をご紹介!

    世の中には多くの車のバッテリーがあります。あなたが自分でバッテリーを…

  6. 未分類

    車内に残ったペットや猫の臭い、原因と対策

    皆さんの愛車には「猫やペットの匂い」というものがありませんか?もちろ…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    NASA月面着陸船開発に向けてイーロン・マスク氏率いる スペースXと契約
  2. 記事

    ダコタのキーケースや時計がおしゃれ!車を運転するときに身に着けたいアイテムは?
  3. 記事

    新潟県でおススメの車中泊アイテムが揃うお店を紹介します!新潟県発祥のショップも
  4. 記事

    トーヨータイヤがSUV向けに新しいタイヤ「オープンカントリー A/T EX」を販…
  5. 記事

    アバルト595が期間限定でカスタマイズをしている!あなただけの595をゲットしよ…
PAGE TOP