新車を買ったらするべきこと

   
 

新車を買ったら長く愛用して綺麗に使用したいですよね。綺麗に保つには新車のうちにしておくべきことがあります。今回は黄ばみやすいヘッドライトを綺麗に保てるように新車のうちに行うことでヘッドライトを綺麗な状態を長く保つことができます。今回はヘッドライトを綺麗に保ちたい多くの方へおすすめのするべきことを紹介したいとおもいます。

ヘッドライトが黄ばんでしまうと…

ヘッドライトが黄ばんでしまうことでどんな障害があるのでしょうか。

見た目が悪くなる

黄ばんでしまうことで見た目が悪くなります。普段透明なヘッドライトが黄ばんでしまうと、普段と違うので汚い印象を持つ方が多いかと思います。

そのため、見た目が悪くなってしまい、せっかく好きな車に乗っても黄ばんだヘッドライトのせいで印象が悪くなります。

ヘッドライトの光量低下

黄ばんでしまう事により、ヘッドライトの光量が低下してしまいます。ヘッドライトの光量が不足してしまう事で、夜間の走行時や悪天候時の走行で視界が悪くなってしまい、歩行者や自転車、道がよく見えなくなってしまいます。さらに、他の車からも視認される確率が落ちるためヘッドライトの光量が低下することは大変危険です。

ヘッドライトの光量が不足することで、車検にも通らなくなってしまいます。車検には一定の基準で定められた、光量が必要になります。しかし、黄ばんでしまう事により光量が不足してしまい、基準を超えることができなくなってしまいます。

部品交換のリスク

黄ばんでしまうことで、ヘッドライトの部品交換をしなくてはいけなくなる可能性があります。

黄ばみはヘッドライトが劣化していくことで、黄ばみます。その劣化が進行することで部品を交換しなくてはいけなくなってしまいます。

以上がヘッドライトが黄ばんでしまう事によるデメリットになります。

これらのようになってしまうのは何故でしょうか。次は原因について説明したいと思います。

黄ばんでしまう原因とは?

紫外線

紫外線を浴びる事により、ヘッドライトが劣化していきます。ヘッドライトはポリカーボネイトという素材でできており、軽量ながら高い耐久性を持ちますが紫外線に弱い性質があります。

そのため、青空駐車(屋根のないところに駐車している事)をしている方はさらに、黄ばみやすくなります。

傷などによる劣化

走行中に飛んできた石などにより傷がつき、汚れが溜まり黄ばんでいるように見えてしまいます。さらに傷がつく事で劣化が進むので、黄ばみやすくなってしまいます。ヘッドライトの位置関係的に仕方のない事なのですが、傷をつけないことが重要です。

以上がヘッドライトが黄ばんでしまう主な外力(外からの力)による原因になります。

黄ばませないために重要なことは何でしょうか。

ヘッドライトを黄ばませないためにするべきこと

ヘッドライトを黄ばませないために、新車のうちにしておくべきことを紹介いたします。

ハードルの高いものもあるので、できるものから試してみましょう

屋根付き駐車場に止める

紫外線からのダメージを防ぐために、駐車場に屋根をつけて紫外線からのダメージを防ぎます。

駐車中もダメージを防ぐことができるので効果的ですが、費用が非常に高くついてしまいます。

カバーをかける

車にカバーをかけてしまうことで、紫外線を防ぎます。手間がかかるものの、駐車中の紫外線のダメージを防ぐことができるので、効果的です。

コーティングをする

コーティングをすることで紫外線をカットできます。普段の走行時などの紫外線をカットできるので常に効果を発揮し続けます。傷防止のコーティングもあるのでそれらを使用する事で外力からのダメージを軽減し黄ばみを防ぎます。

定期的なコーティングが必要になります。

保護シートを貼る

保護シートを貼る事で、外力からのダメージを防ぎます。コーティングよりも物理的なダメージに強く傷などを防ぐことも得意とします。また手軽にできるので新車のうちから行いやすい方法になります。

ヘッドライトコーティング剤を購入するなら?

新車を購入したら、コーティングをする必要があります。その中で今回おすすめしたい商品が[CarZootプロ仕様]【ヘッドライトのくすみを新車の輝きに戻す】ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』です。

この商品は安価に購入をすることが可能で、ヘッドライトの黄ばみを徹底的に除去することが可能です。Amazonのレビュー評価も高い為、是非この機会に購入をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

新車のうちから、黄ばみ対策をすることで綺麗な状態を長く保ち、また定期的なメンテナンスもしやすくなります。そのため、新車を購入した際には、紫外線に当てない傷をつけないようにすることが重要になります。早いうちからできることをしておき、長く愛車を乗り続けることができるようにできることから行いましょう。

おすすめのアルミモールコーティング剤はこちら!前のページ

サイドミラーに撥水効果は必要?次のページ

関連記事

  1. 記事

    ボディコーティング剤とホイールコーティング剤の違いとは?ホイールの汚れについて徹底解説!

    皆さんはボディコーティング剤とホイールコーティング剤の違いについてし…

  2. 記事

    カー用品を大阪で買うなら?おすすめの店舗を2選してご紹介!

    大阪にはカー用品店が多数ありますが、どの店舗を利用するか迷う方が多く…

  3. 未分類

    おすすめのホイールコーティング剤の魅力とポイント!

    皆さんが所有している自動車には様々なコーティング剤があり、どの商品を…

  4. 記事

    ガソリンの予備タンクって何?規定や特徴などを詳しく解説!

    ガソリン予備タンクがどういうものか気になる方が多いです。ガソリンタン…

  5. 記事

    プロ野球チームも持っている!ヒュンダイのおすすめな車種を徹底解説!! 2020年度版

    韓国の自動車メーカーと言えば、「ヒュンダイ自動車」が一番です。ヒュン…

  6. 記事

    車の徹底消臭をするには?車内の臭い消しに除菌剤を使ってみた!

    車の消臭については悩みを持つ方が多いテーマとなります。理由は車内には…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    ドライブも楽しんじゃおう!宮城県内の車で行けるおすすめドッグラン2選!
  2. 記事

    【比較してみた】売れているホイールコーティング剤の耐久力
  3. 記事

    コーティング後の車の洗車方法のおすすめ!正しい洗車方法と注意点を解説
  4. 記事

    岐阜県で窓ガラスのコーティングを行ってくれるお店を選ぶなら、おすすめのお店を3選…
  5. 記事

    三重県のドッグラン3選と守るべきマナーとは?   
PAGE TOP