国産車のヘッドライトユニット交換〜交換ではなくクリーニングがおすすめ〜

   
 

車を大切に乗っている方にとっては、ヘッドライトのくすみ、黄ばみというのは気になってしまいますよね?どうにか綺麗にしたいと車屋に相談しても、車屋やディーラーによっては、「綺麗にするのは不可能なので、ユニットごと交換しましょう」なんてことにもなりかねません。今回は、そんな黄ばんでしまったヘッドライトの復活の仕方をご紹介させていただきます。

ヘッドライトのくすみは交換するしかない?

先ほどご紹介したように、汚れたヘッドライトの復活を相談したら、ヘッドライトをユニット毎交換することを勧められた人もいるかもしれません。果たして本当にそうなのでしょうか?

もちろん、くすみ、汚れの度合いによってはユニット毎交換するしかない場合もあります。しかし、ほとんどの場合は、くすみ、汚れは綺麗に落とすことが出来ます。

ユニット交換となると、左右で数十万円は下りませんので、大変高額な出費となってしまいます。

それに、いくら新品に綺麗にしても、また数年経ってしまったら、同じようにくすみや黄ばみが発生してしまいますので、ユニット毎の交換というのは、非常にコストパフォーマンスが悪いです。

ヘッドライトはなぜくすむ?

そもそも、なんでヘッドライトはくすんでしまうのでしょうか?それは、ヘッドライトの材質に問題があります。ヘッドライトにはポリカーボネートという材質が使われているのですが、材質はほぼ100パーセントの紫外線を吸収してしまう性質をもっています。

紫外線を過剰に吸収してしまったポリカーボネートは、表面のコーティングが剥がれ、無数の凹凸が出来てしまいます。また、コーティングが剥がれてしまっているので、傷も入りやすくなってしまいます。

そのように出来てしまった傷に、土ほこりなどが入り込んでしまい、ヘッドライトが黄ばんで、くすんで見えてしまいます。傷の奥深くに入ってしまっている汚れなので、洗車用の洗剤やスポンジでは落とすことが出来ません。

くすみにはヘッドライトクリーニングがオススメ!

それではヘッドライトの黄ばみやくすみは、諦めるしかないのでしょうか?決してそのようなことはありません。ヘッドライトの黄ばみ、くすみには、ヘッドライトクリーニングがおすすめです。

ヘッドライトクリーニングというのは、凹凸や無数の傷ができてしまっているヘッドライトの表面を、研磨剤で磨き、一度、綺麗でフラットな状態にします。そして綺麗にフラットになった表面に、コーティング剤を塗布します。

商品にもよりますが、一度の施工で一年以上効果が持続するものもあります。価格も3000〜4000円以内で購入することができますので、コストパフォーマンスも抜群です。

車は屋内に保管されている以外は、常に紫外線に晒されています。駐車場で保管されている間、走っている時、曇りの時でさえも紫外線は出ているため、本当に常にダメージを浴びています。

そのため、長年車を大切に乗り続けるためには、ヘッドライトのくすみ問題とは上手く付き合っていくしかないのです。くすみや黄ばみが気になるたびに、ユニット毎交換していたら、破産してしまいます。ヘッドライトクリーニングを上手く活用して、いつでも綺麗なヘッドライトを手に入れましょう。

プロがおすすめするコーティング剤は?

 コーティング剤に悩んでいる方はCarzoot社のヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』を購入してみてください。この商品は安価に購入することが可能で、ヘッドライトを綺麗に保つことが出来るので是非参考にしてみてください。

アルミモールの手入れの仕方を徹底解説!前のページ

ホイールコーティング剤で人気なのはこちら!次のページ

関連記事

  1. 未分類

    欧州車におすすめのヘッドクリーナー&コーティング剤はこれ!

    あなたの愛車のヘッドライトは、黄ばんだり白くくすんだりしていませんか…

  2. 記事

    なぜタクシー会社は車内消臭にCarZoot車内消臭剤「ClearOne」二酸化塩素タイプを使用するの…

    タクシーには沢山のお客さんが様々な臭いを抱えて乗車してきます。その為…

  3. 記事

    セレッソ大阪本拠地周辺で安いおすすめの駐車場を紹介!

    セレッソ大阪の本拠地「ヤンマースタジアム長居」。そのスタジアムは大阪…

  4. 記事

    京セラドーム大阪で野球観戦した人におすすめ!安い駐車場4選!

    楽しみにしていたオリックスバファローズの野球観戦に行く日…

  5. 未分類

    おすすめの車内消臭剤とは?臭いに悩んでいる方必見!

    あなたの愛車の室内は「臭くない」ですか?ご自分ではもう気が付かないか…

  6. 記事

    車の燃費はカタログと実燃費違うのはなぜ?その理由を解説

    車を購入する際は車体の価格だけではなく、できるだけ維持費…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    おすすめのヘッドライトコーティング剤とは?
  2. 記事

    車好き必見!愛車をカッコよくしてくれるお店のカーポートマルゼンをご紹介
  3. 未分類

    【車の消臭】意外としつこい加熱式タバコの臭いの消し方について徹底解説!
  4. 記事

    これから伸びる!車紹介系YouTuber7選
  5. 記事

    国会議員の公用車ってどういう時に使われるの?
PAGE TOP