楽天で一番売れているヘッドライトクリーナー!CarZootヘッドライトクリーナー

   
 

ひとえにヘッドライトクリーナーと言っても、ネット上には数多くの品物が出回っていて、どの商品を選べば良いか分かりませんよね?施工のしやすさなのか、コーティング能力の持続力で選ぶのか、それともコストパフォーマンスを重視するのか、チョイスする人によっても、良い商品というものは変わっていきます。

今回は、国家整備士である私が、プロにも素人にもオススメのヘッドライトクリーナーをご紹介いたします。

なぜヘッドライトは黄ばんでしまうのか?

まずはなぜヘッドライトが汚れて、くすんでしまうのかを学んでおきましょう。なぜくすむかの理由を知っているのか、知らないのかで、ヘッドライトクリーナーの使い方も大きく変わってきます。

ヘッドライトは非常に紫外線に弱い材質でできているため、常に外を走っている車のヘッドライトは、ずっと紫外線によるダメージを受けている状態になっています。紫外線を受けたヘッドライトは、表面のコーティングが剥げてしまい、平で綺麗な状態だったヘッドライトの表面が、無数の凹凸が出来てしまいます。

凹凸がなぜくすみになる?

無数に出来た凹凸がなぜくすみや黄ばみに繋がってしまうのかと言うと、そのようにダメージを受けたヘッドライトには、凹凸と飛び石などによって、細かな線キズがはいってしまいます。

そのような傷の中に、土ほこりなどが入り込んでしまうのです。目では見えないレベルの傷の中に入り込んでしまいますので、水拭きや洗車用のスポンジ、洗剤ではその汚れは落とすことが出来ません。ヘッドライトの黄ばみ、くすみを落とすためには、一度、凹凸が出来てしまったヘッドライトの表面を削って平らにしてあげるしかありません。

良いヘッドライトクリーナーのポイントとは?

それでは良いヘッドライトクリーナー、ヘッドライトコーティング剤とは、一体、どのような物を指すのでしょうか?いくつかのポイントをピックアップして解説いたします。

しっかりとくすみ、黄ばみを削ることが出来る

まずはこの能力がなければ良いヘッドライトクリーナーとは言えません。凹凸や傷だらけになったヘッドライトの表面をしっかりと削ることが出来なければ、どんなに良いコーティング剤を塗ったとしても、ヘッドライトはくすんだままで、全く綺麗にすることは出来ません。汚れをしっかりと落とすこと出来るのが、良いヘッドライトクリーナーとしての最重要点と言えます。

コーティングの持続性

基本的にヘッドライトクリーナー、コーティングというのは、結構大変な作業です。ライト周りにマスキングをして、ヘッドライトの汚れを根気よく落としきり、均一にコーティング剤を塗布する。洗車感覚で頻繁に出来るような作業ではないのです。そのため、一度施工したならば、最低でも1年はもってもらわないと、良いコーティング剤とは言えません。

施工のしやすさ

いくら確実に汚れを落とせて、コーティングの持続性も非常に高いと言っても、プロにしか扱えないような溶剤だったら、それは良い商品とは言えません。素人でも施工がしやすく、なおかつプロも納得の性能をもっていなければ、良いヘッドライトクリーナーではありません。

価格

なんと言ってもコストパフォーマンスが悪ければ、良い品物ではありません。安くて性能が悪いのは、もちろんNGですが、性能がよくてもものすごく高ければ、そんなの当たり前です。程よいコストパフォーマンスが求められます。

プロもオススメのヘッドライトコーティング剤はこれ!

 

コーティング性能、施工のしやすさ、そしてコーティング能力の持続性。全てにおいて、初心者からプロにまでオススメできる商品がこちらになっています。どのコーティング剤が良いか悩んでいる方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

アルミモールの手入れの仕方を徹底解説!前のページ

ホイールコーティング剤で人気なのはこちら!次のページ

関連記事

  1. 記事

    徳島県からお引越し!レンターカーショップのおすすめ5選!

    引っ越しをする際の選択肢として自身で車をレンタルして引っ越しをするこ…

  2. 記事

    ハイエースで日本一周!燃料代はいくらかかる?その他の経費は?

    クルマを走らせ日本一周したい!夢のような話ですがやろうと思えばできな…

  3. 記事

    失敗しない車コーティング!長持ちさせる秘訣をご紹介!

    車のコーティングが上手くできず失敗してしまうと、通常ピカピカできれい…

  4. 未分類

    おすすめの車の除菌剤とは?実際に使った人のレビュー!

    車の嫌な臭いに悩んでいる人は多いです。時間がたつことにより、車内には…

  5. 未分類

    ヘッドライトをコーティングする理由!施工方法もチェック!

    車のガラス部分やボディをコーティングする人は多いと思いますが、ヘッド…

  6. 記事

    ホイールにボディコーティングを使うのはなぜダメなのか

    ホイールのコーティングをボディのコーティングのついでにしたいと考えて…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. デザイナーB

    あの有名自動車メーカー「トヨタ自動車」のエンブレムに込められた意味を徹底解説!
  2. 記事

    マツダが発表した2022年度の採用計画とは?技術系・事務系は前年並み?
  3. デザイナーB

    【蜜を避け】静岡県でMassプロジェクトを開始する三菱電機の動き
  4. 記事

    アメリカでのドライブはおすすめ!日本との違いに慣れよう!
  5. 記事

    へこみや傷を治す際に最適!千葉県でおすすめの板金屋を紹介
PAGE TOP