なぜベンツオーナーはCarZootホイールコーティング剤を施工するのか?

   
 

自動車の魅力にはいろいろありますが、意匠性に富み、キラキラと輝くホイールの美しさもその一つです。しかし、車の中でも特に地面に近い場所にあることもあり、ホイールはすぐに汚れてしまうのが実情です。

この記事では、ホイールが汚れる原因を理解した上で、ホイールの美しさを長く維持できるホイールコーティング剤の選び方についてご紹介します。おすすめの商品もご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

ホイールが汚れる原因はブレーキダスト

ホイールは地面に近い場所にあります。タイヤが巻き上げた地面の小石や埃、泥水などを浴びることで、汚れたり傷ついたりしやすいことは、容易に想像できます。

しかし、そういう意味では全く同じ条件であるにも関わらず、ベンツやアウディ、BMWなどの欧州の車のホイールの方が、日本車のホイールよりも汚れやすいのは何故なのでしょうか。

ベンツをはじめとした欧州車の特徴

ご存知の方も多いと思いますが、ホイールの汚れの原因は、タイヤが巻き上げた地面の小石や埃、泥水などだけではありません。ブレーキをかけた時に出るブレーキダストも大きな汚れの原因なのです。

ブレーキは、一般的にディスクブレーキという方式が採用されています。ディスクブレーキは、タイヤと一緒に回転するディスクローターをブレーキパッドで両側から挟み込み、そのパッドでディスクローターを強く押し付けた時の摩擦でタイヤの回転を減速・停止させる構造になっています。

ディスクローターにブレーキパッドを強く押し付けると、細かい鉄粉が発生します。これをブレーキダストと言います。実は、このブレーキダストがホイールを真っ黒に汚す最大の原因なのです。

欧州の車は日本の車よりもブレーキの効きが良いのですが、それが原因で日本車よりもブレーキダストの量が多く、ホイールをすぐに真っ黒に汚してしまう原因となっているのです。

ホイールコーティング剤でブレーキダスト対策

ブレーキダストはなかなか落ちにくく、またホイールは意匠性が高くて複雑な形状をしているため、ホイールの洗浄には苦労します。せっかくきれいにしたら、その美しさを長持ちさせたいと思うのが人情というものです。

そこでおすすめするのが、ホイールコーティング剤の施工です。ホイールコーティングを行うことで、ホイールを汚れや傷から守ることができます。

もちろん、全く汚れないわけではありませんが、汚れを落としやすくしてくれます。コーティング剤の撥水効果により、少量の水で汚れを浮かせて拭きれば良いので、手間がぐんと減るのです。また、凍結防止のために雪道に撒かれた塩化カルシウムも簡単に落とせるため、ホイールの腐食も防げます。

ただ難点は、コストが掛かるということです。業者に依頼すると、数万円単位の費用が掛かってしまいます。そこでおすすめするのが、効果が高く長持ちする良いコーティング剤を使用してご自身でホイールコーティングを施工するという方法です。

ホイールコーティング剤の選び方

業者に出すよりも安価に、しかし業者に出すのと引けを取らない効果を出すためには、良いホイールコーティング剤を選ぶことが重要です。ここでは、ホイールコーティング剤を選ぶ際のポイントについてご説明します。

ガラス系のコーティング剤を選ぶ

重要なのは、汚れがつきにくいことと、ついた汚れを落としやすいことです。この条件を満たすには、ガラス系コーティング剤が最適です。ガラス系コーティング剤は、表面を薄いガラスの被膜で覆うため、傷がつきにくくなります。そのため、汚れが傷の中にこびりついて取りづらいということもなくなります。

またガラス系コーティング剤は、美しい艶出し効果も期待できます。美しい艶出し効果により、光り輝くホイールの魅力を存分に引き出すことができます。

ホイール専用のコーティング剤を選ぶ

いくらガラス系コーティング剤を選んでも、ボディ用コーティング剤を流用したものの場合、耐熱性に難点があります。ホイール専用のガラス系コーティング剤を選べば、耐熱性が高いため、ブレーキの摩擦熱が発生するホイールを、長期間守ることができます。

使い勝手の良いコーティング剤を選ぶ

どんなに効果の高いコーティング剤でも、複雑な形状をしているホイールに満遍なく、しかも簡単にコーティングできなければ意味がありません。そのためには、使い勝手の良いコーティング剤を選ぶことも重要なポイントになります。

ベンツオーナーにも自信を持っておすすめできる ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』

私が注目している商品はCarZoot「ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』」です。この商品の魅力は下記のようになっています。

・アルミホイール専用のガラス系コーティング剤なのでブレーキダストも寄せつけない

・3年以上の耐久力

・艶と光沢でホイールを美しく維持

・付属の専用スポンジで細かい隙間にもしっかり塗布できる使い勝手の良さ

・プロが現場で使用しているホイールコーティング剤なのでその高い性能は信頼できます

専用スポンジだけではなく、写真付きの分かりやすい施工マニュアルも付属していますので、初めての方でも安心して施工することができます。価格も、AMAZONでは¥3,680とお手頃価格なので、この機会にぜひご購入を検討してみてください。

車の消臭!意外としつこいアイコスの臭いの消し方を解説!前のページ

ヘッドライトコーティング剤 値段を気にしないならこれを買え!次のページ

関連記事

  1. 記事

    カー用品のハンドルカバーを男性・女性別に3選してご紹介!

    今回は車用ハンドルカバーの購入を検討している方向けに、おすすめ商品を…

  2. 記事

    車のバッテリーのアンペアとボルトの違いを解説!メーカーによっても違う?

    車のバッテリーは2年から3年ほどで交換するのが望ましいとされています…

  3. 記事

    【真偽はいかに?】車でエアコンをつけると燃費は落ちる?徹底解説!

    夏場のドライブは気持ち良いですよね!海へ行ったり、キャンプへ行ったり…

  4. 記事

    車の見た目が若返る!ヘッドライトをきれいに保つコツ

    中古車だけではなく新車で購入していたとしても、長年乗っているとヘッド…

  5. 未分類

    なぜCarZootホイールコーティング剤は売れているのか プロが解説

    世の中には多くの「ホイールコーティング剤」があります。こんなに多すぎ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    日産、新型「アリア」を「北京モーターショー2020」で海外初公開 2021年末ま…
  2. 記事

    今では見なくなくなったバブル時代のユニークで特殊な車オプション大公開!
  3. デザイナーB

    富山県のカーオナーがすすめる交通安全お守り、神社4選にクローズアップ!
  4. 記事

    秋田県でおすすめしたいドライブコースを2選まとめて紹介!
  5. 記事

    え!なんだこれ!?首都高に突然現れる信号機の理由とは?
PAGE TOP