シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコートが全然ダメだった件

   
 

ヘッドライトの表面が曇って、夜間走りづらいという方はいませんか?その曇りをヘッドライトの内側の曇りだと思ってしまう方が多いようです。対策として、ヘッドライトの交換を行ってしまうことが多いですが、ヘッドライトを交換するとなると、費用が高くなってしまいます。しかし、この曇りはヘッドライト外側のハードコートの劣化が原因なんです。ハードコートの劣化は、ヘッドライトコーティング剤で抑えることができます。

そこで、今回は、ヘッドライトコーティング剤の「シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコート」を使用してみた効果について調べましたので、紹介します。

なぜヘッドライトコーティングが必要なのか?

長い間乗っている車ほど、ヘッドライトが黄ばんだり、表面が曇った状態になることが多いです。これは、ヘッドライトの表面部分のプラスチック素材が劣化することが原因で起こる症状です。ヘッドライトは、紫外線や熱に弱く、時間の経過と共に劣化してしまいます。そのため、少しでも劣化するのを防ぐためにヘッドライトコーティングを行う必要があります。さらに、ヘッドライトコーティングそのものの効果も永年ではないため、定期的にヘッドライトの黄ばみや汚れを除去し、常にコーティング剤で保護されている状態にすることをおすすめします。

ヘッドライトコーティングの効果

ヘッドライトコーティングを施工することで、ヘッドライトの耐久性が上がります。また、表面が滑らかになり、ヘッドライト内部に汚れの侵入を防ぐこともできます。ヘッドライトに施工したコーティングが劣化するまでは、一般的には3年といわれています。それを過ぎると、徐々に劣化していくと思ってください。

ヘッドライトは、夜間走行時に視界を確保するための重要な機能です。事故を防ぐためにも、常にヘッドライトをきれいな状態に保つようにしましょう。

シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコートとは?

「シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコート」とは、樹脂レンズ専用のヘッドライトを対象とした、ヘッドライトコーティング剤です。誰でも簡単・お手軽に樹脂製ヘッドライトの黄ばみを落とし、 くすんだヘッドライトが蘇る効果があります。持続効果も1年と超耐久性能で、クリアな輝きが期待できます。

シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコートの口コミ

「シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコート」の口コミには、効果がみえて良かったという意見もある一方で、誰でも簡単に施工できるような商品ではなく、中・上級者向けだという意見や、上手く施工できなかったという意見もあります。ヘッドライトの汚れの状態をみて、ペーパーなど使い分けることができるような方には、問題ない商品でしょう。

また、こちらの商品は、気温5℃以下での使用は禁止されていますが、5℃以上であっても冬季など気温が低い時期の施工した場合、白いムラが発生することがあるようです。

そこで、初心者でも簡単に施工できるおすすめのヘッドライトコーティング剤を紹介します。

ヘッドライトコーティングにおすすめ!「CarZoot HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション」

初心者にもおすすめのヘッドライトコーティング剤は、「CarZoot HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション」です。この商品は、手軽にプロ仕様のクリーナーとコーティングが施工でき、Amazonでも高評価を得ています。

ヘッドライトの黄ばみ・くすみを簡単に除去できる専用クリーナーと、汚れにくくするコーティング剤がセットになっているため、黄ばみや汚れを簡単に除去でき、いつまでも綺麗な状態が続きます。

また、従来のクリーナーとは異なり、ヘッドライト専用のコーティング剤だからこそ、汚れや黄ばみを落とすだけではなく、さらに汚れにくく黄ばみが戻らないように、しっかりとコーティングまで施工され、効果も長期間期待できます。

他社製品であれば、使用するペーパー施工や研磨機材を使用せず、セットになっている、専用研磨剤入りのヘッドライトクリーナーと、ヘッドライト専用コーティング、専用スポンジ、専門クロス2枚のみで、ヘッドライトコーティングが簡単に行なえます。また、付属の施工マニュアルには、わかりやすい写真付きのため、初めてのコーティングでも簡単に確実な施工が可能です。

価格は3,680円と業者に頼むよりも圧倒的に安いです。ここまでの低価格でヘッドライトコーティングができるのは、CarZootしかありません。ぜひ気になった方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ホイールを綺麗にする方法!前のページ

おすすめのヘッドライトコーティング剤とは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    お米が美味しい山形県から引っ越しで乗り捨てが出来るレンタカーショップを3選紹介!

    該当のショップのリンクを文章内に埋め込みマーカーの引き方につ…

  2. 記事

    靴を脱いで運転するのはOK?メリットと交通法規を紹介

    普段車を運転するとき、なにを履いて運転していますか?靴を脱いで運転し…

  3. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナーは?手入れの重要さを紹介!

    あなたのお車の窓枠部分は、きれいな状態でしょうか?特に、ヨーロッパ系…

  4. 記事

    417.どれを選べばよいか分からない人必見!おすすめのアルミモールクリーナー

    アルミモールに白いシミができ、こすっても落ちない、とお悩みの方は多い…

  5. 未分類

    次亜塩素酸タイプとCarZoot車内消臭剤「ClearOne」の違いとは?

    家族や友人たちと車でドライブ、ビジネスでの移動で車内を最適環境にする…

  6. 未分類

    PROSTAFF(プロスタッフ)ホイールコーティング剤が全然ダメだった件

    高い金額で購入した車は、いつまでもキレイな状態で長く使用したいと、誰…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    群馬県で車で行けるパワースポットを3ヵ所ご紹介! 
  2. 記事

    熊本県で自動車免許取得におすすめな自動車学校3選!
  3. 記事

    洗車しても落ちない!水アカとイオンデポジットってなに?
  4. 記事

    高速道路の安全を守る!高速パトカーってどんなクルマ?
  5. 未分類

    DIYでヘッドライトの黄ばみをクリア!ホームセンターで買える物だけでヘッドライト…
PAGE TOP