市販のホイールコーティング剤はいいのか?

   
 

ブレーキダスト、粉じんや泥から大切なホイールを守るホイールコーティング剤はアルミホイールを保護する必須アイテムです。シルバーに輝くホイールの光沢を簡単なお手入れで、長く保つことができるので、ショップで施工を勧められた経験をお持ちの方も多いと思います。しかし、ショップでのプロの施工は安心ではありますが、1回のコストが数万円、それを毎年繰り返すとなるとなかなかハードルが高いかもしれません。

それならば市販のホイールコーティング剤を購入して、洗車の際に自分で施工すると手間がかからず、コストが省けて良いのではと考える方も多いでしょう。その場合、「市販の製品はクオリティが低いのでは?」とか「本当に自分で上手く施工できるのだろうか?」などの疑問があると思います。

実際に市販のホイールコーティング剤はいいのか、一般のユーザーでも簡単に施工できるのか、これらの視点から検証してみます。

市販のホイールコーティング剤のクオリティは?

[車に装着されたアルミホイールの画像]

世の中にある多くの製品はプロ用に開発されたものと、一般用に開発されたものがあります。通常、品質はプロ用製品は高く、一般用製品は低い。一方、価格はその逆ということが多いです。ただし、一部にはプロ用に開発された品質の高い製品を一般用に手の届きやすい価格で販売している場合があることも見受けられます。

ホイールコーティング剤にもこのことが言えます。

またコーティングに関してプロはガラス系コーティング剤が樹脂系のものに比べて傷がつきにくく、効果が長持ちすることを常識的に理解しています。従ってショップで使われているのはガラス系コーティング剤であることを覚えておく必要があります。

アマゾンなどでホイールコーティング剤を探す場合、製品の価格とかブランドだけにとらわれるのではなく、製品説明に「ガラスコーティング剤」というキーワードを注意してチェックすると同時に「プロ仕様」とか「実店舗で使用されている」等といった記述を探してみるといいです。そういった記述がある製品はプロが施工したレベルの効果が期待できるということになります。

製品が良くても専門的な施工技術が必要なのでは?

[コーティングを施しているところの画像]

プロがプロたる所以はプロ専用の製品を使っているだけではなく、施工技術にノウハウを持っており、一般の方にはマネのしづらい技術があるからという考えもあります。

確かにその側面はあるのですが、アマゾンなどで販売しているメーカーはその部分を穴埋めするような情報提供を親切に行っているところがあります。

その背景にはプロ専用製品を一般の方に販売するにあたって、しっかりした施工をしてもらえないと製品そのものの評価に影響するということがあります。せっかくプロが使っている製品を買っていただいたお客様に満足してもらわないと、という姿勢です。

ホイールコーティングに関しては、コーティング前の洗浄、乾燥をしっかり行い、ムラなく塗り込み、丁寧に拭き取る、そして完全にコーティングできるまで車を動かさないといったポイントがあります。これらは決してプロでなくでもこなすことの出来る作業です。

アマゾンで購入する際にはこの流れを丁寧に説明しているマニュアルがあるか、施工しやすい道具(スポンジなど)が付属されているか、といった点を注意して確認しておくべきです。また、いざという時に問い合わせができて、優秀なスタッフが親切丁寧に応対してくれるシステムになっているかというのも重要な点です。

これらの点をクリアしていれば、安心して一般の方でもプロ並みの施工ができ、製品の品質を引き出すことが充分に可能になります。

プロ専用製品を選び、ポイントを押さえた施工を行うこと、この二点が大切ということが分かっていただけたと思います。

プロ専用製品で親切な施工マニュアルがある製品とは

これまで述べたポイントを全てクリアしている製品がこの製品です。

[CarZootプロ仕様]【ホイールがダストで汚れない!】ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』

この製品はアルミホイール専用に開発されたガラスコーティング剤で、その品質の高さからプロが実際にショップで使用しています。当然、施工の時に戸惑わないように丁寧な施工マニュアルも付属しており、使いやすい専用スポンジもついています。いざという時にはプロのスタッフに問い合わせすることも可能ですので、安心して使用できます。

PROSTAFF(プロスタッフ)ホイールコーティング剤が全然ダメだった件前のページ

人気のDIYガラスコーティング5選!次のページ

関連記事

  1. 記事

    風量が強いおすすめの車内扇風機5選!

    車用の扇風機にはさまざまな種類があります。シガーソケットから給電する…

  2. 未分類

    アストンマーチンのヴィラージュとは?中古車の値段や性能を見てみよう!

    新車で購入すれば2000万円以上する車、それがアストンマーチンのヴィ…

  3. 未分類

    プロもおすすめ!ヘッドライトクリーナー剤3選

    車のヘッドライトの黄ばみが気になる方は多いのではないでしょうか?ヘッ…

  4. 未分類

    カーディーラにCarZoot車内消臭剤「ClearOne」が人気の理由

    CarZootプロ仕様シリーズに中でも、車内消臭剤「ClearOne…

  5. 未分類

    BMWのアルミモールを綺麗にするための費用はどれくらい?

    BMWなど欧州車を所有している方は、窓枠のアルミモールの汚れが、とて…

  6. 記事

    車のバッテリーのAhとWhの違いは?意味や違いを解説!

    愛車に乗り続けていれば、バッテリーの交換は必要になります。しかし、バ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車のルーフ上にある補助灯は合法なのか?車検は通るのか?交通法規の詳細を解説
  2. 記事

    宮崎県でキャンプを楽しもう!ドライブも楽しめる密にならないキャンプ場4選
  3. 未分類

    自動車の錆は修理せず放置するとまずい?
  4. 記事

    ホイールのDIY塗装でガンメタにしよう!素人でもできるその方法とは?
  5. 記事

    ドライブがてら一度チェックしておきたいロケ地 大阪編
PAGE TOP