SAMURAI Z1 ホイールコーティング剤が全然ダメだった件

   
 

皆さんは、実際にホイールコーティング剤を使用してみたけれど、どれを選べば満足のいく仕上がりになるのか悩んでいる方が多いと思います。ホイールコーティング剤には様々な種類や商品が存在していますが、ホイールコーティング剤によっては仕上がりや機能的な効果に差があります。

この記事では、「SAMURAI Z1」というホイールコーティング剤の感想、ホイールコーティング剤を選ぶ上で外せないポイント、そしておすすめする商品を紹介しますので是非参考にしてください。

ホイールコーティング剤の「SAMURAI Z1」の感想

SAMURAI Z1の特徴

SAMURAI Z1には以下3つの特徴があります。

  • 低分子ガラスコード
  • 光沢と撥水性
  • 簡単な施工手順

簡潔にまとめると、細かい粒子がホイール表面まで入り込むことで光沢と撥水性を生み、しかもその施工は簡単にできる、というものです。実際に利用して特徴通りの効果が得られるのか試してみました。

使ってみた感想

結論をいうと、宣伝効果ほど大きな効果は得られなかった、という印象です。確かに3年ほどは気になりませんでしたが、SAMURAI Z1では5年耐久であると謳っていたにも関わらず、4年目に入る前に撥水性が衰えているように感じました。

さらに、SAMURAI Z1はAmazonにて4,400円で販売されています。ホイールコーティング剤にしては少々高額な値段設定です。高額な割に高い効果を発揮できなかったのは、コストパフォーマンスの悪い買い物となりました。

ホイールコーティング剤を選ぶ上で外せないポイントとは?

[ホイールコーティング剤を紹介する人の画像]

ホイールコーティング剤は、ホイールを長期間に綺麗に保つ商品です。

ホイールコーティング剤を使用することで、ブレーキダストや砂ぼこりを寄せ付けず、ホイールを美しい状態に保つことが可能になります。

しかし、コーティングの仕上がりによっては、簡単にブレーキダストや砂ぼこりを洗い流せなかったり、記載されていた年数よりも短い期間で効果がなくなってきたりします。ここでは、以下3つの外せないポイントについて説明します。

外せないポイント①:耐久年数のブレーキダストからの保護効果があること

そもそもホイールコーティング剤は、使用してからの耐久年数分はホイールをブレーキダストや砂ぼこりから防ぐ効果が最も重要になります。ところが、商品によっては撥水性に優れていても耐熱性には弱ければ、すぐにコーティングが剥がれてきます。

コーティングにムラがあり持続年数に個人差があったとしても、5年の耐久性があると謳われているならば、5年は少なくとも効果が持続されるべきです。実際に使用してみなければ分からないところではありますが、初めてホイールコーティング剤を購入する場合は、逆に耐久年数の短い商品を購入して様子をみてみるのもありです。

外せないポイント②:耐久年数に対して安価であること

いわゆる「コストパフォーマンスに優れている」ということです。ホイールコーティング剤に限らず、安価なのに高い効果を得られる商品の方が良いはずです。安価で耐久性、耐熱性に優れた商品を選択できることが理想です。

外せないポイント③:施工が簡単であること

ホイールコーティングは商品によってはコーティングが難しいことがあります。特に初めてホイールコーティングをされる方には、分かりやすく手順が解説されているマニュアルが付属で付いている方が嬉しいはずです。

また商品によっては、更にコーティングを簡単にするための専用のスポンジが同梱されていることがあります。マニュアルとスポンジが付属されている商品は、施工手順が簡単なことが多いです。これらのコーティング剤を選ぶ上で外せないポイントから、最もおすすめな商品を最後に紹介しますので是非参考にしてみてください。

注目の商品「ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』」

私が注目している商品はCarZootの「ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』」です。この商品の魅力は下記のようになっています。

  • 低価格
  • 3年以上の耐久性、耐熱性
  • 簡単に施工出来るマニュアル付き
  • 実店舗でも採用されSNSでも話題
  • アルミホイール専用開発による抜群の効果

「ダストバリア」は耐熱性に優れており、3年以上のホイールの保護を可能にします。

この商品はセール特価で3,128円で購入が出来ます。配送料は無料で、2点以上の購入でさらに割引の対象になります。

ガラスコーティング剤でここまでの低価格を実現しているのはCarZootだけと言っても過言ではありません。この機会に是非購入を検討してみては如何でしょうか?是非今回紹介させて頂いた内容を参考にしてみてください。

PROSTAFF(プロスタッフ)ホイールコーティング剤が全然ダメだった件前のページ

人気のDIYガラスコーティング5選!次のページ

関連記事

  1. 記事

    トラックコーティングを安くやれるの茨城のお店を紹介!

    仕事にプライベートにと、長い時間を共に過ごすトラック。だからこそ、出…

  2. 未分類

    ベンツのアルミモールの交換費用は?おすすめのアルミモールコーティング剤について

    皆さんの中には欧州車に憧れて、欧州車を購入している方も大勢いらっしゃ…

  3. 記事

    カッコいいけど違反じゃない?車検に通らない改造をまとめてみた!

    車の改造と聞いて思い浮かぶのは、車高を低くしたり、ホイールやマフラー…

  4. 記事

    何で動かないの?シフトレバーの故障原因や修理法を徹底解説!

    車を運転しようとした際、急にシフトレバーが動かなくなったら焦ってしま…

  5. 記事

    サンフレッチェ広島本拠地に乗り込むなら、周辺で安いおすすめの駐車場はあるの?

    Jリーグファンにとって、やっと感動のリーグが始まります!でも…

  6. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーを選ぶポイントは?実際に利用した人の声

    車を長期間使用していると、ヘッドライトの黄ばみに悩む方がいると思いま…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    おすすめのホイールコーティング剤
  2. デザイナーA

    泥棒からあなたの愛車を守る!セキュリティアラームランキング5選!
  3. 記事

    カーポートが自然災害で倒壊した時に適応する保険はあるの?備えは?
  4. 記事

    白線 実線 黄色の実線の違いを詳しく解説!正しく対応しよう!
  5. 記事

    実測値に差が出る?カタログ掲載の馬力と実測値の違いとは?
PAGE TOP