意外と高額!アメ車のヘッドライトユニット交換〜交換ではなくクリーニングがおすすめ〜

   
 

ヘッドライトは紫外線などの影響で次第に黄ばんでしまいます。黄ばみがひどくなると、クリーニングで対処できずに交換が必要になるため、高額な費用がかかります。早めに対処することが大切です。

この記事ではヘッドライトが黄ばむ原因、ヘッドライトに黄ばみが生じた際の対処法、そしておすすめする商品を紹介しますので是非参考にしてください。

ヘッドライトは昔よりも黄ばみやすい

ヘッドライトは従来、ガラス製でしたが、現在ではポリカーボネートが一般的に使用されています。ポリカーボネートは衝撃に強いため、万一事故に合ったとしても飛散しにくくなっています。一方で、紫外線に弱く、傷付きやすいというデメリットもあります。ヘッドライトは黄ばみやすいということを把握し、定期的にメンテナンスすることが大切です。

ヘッドライトが黄ばんでしまう原因

ヘッドライトが黄ばむ原因は主に紫外線ですが、洗車傷によっても黄ばみが進行します。ヘッドライトの黄ばみの原因を知ることが、ヘッドライトの劣化防止対策につながります。ヘッドライトの黄ばみで悩んでいる方は確認してみてください。

紫外線による黄ばみ

同じ車を長期間使用していると、次第にヘッドライトが黄ばんでしまいます。初めのうちはコーティングが施工されているため、黄ばみが生じにくいですが、コーティングが剥がれると劣化が進みます。ヘッドライトに紫外線が当たると黄ばみが生じるため、早めに対策する必要があります。特に青空駐車をする機会の多い方は注意が必要です。

洗車傷による黄ばみ

洗車時にヘッドライトをごしごしこすると、傷を付けてしまいます。特にヘッドライトの黄ばみがひどい場合、汚れを落とそうと必死になるため、強く磨きがちです。細かい傷も黄ばみの原因になるため注意が必要です。

ヘッドライトの黄ばみの対処法

ヘッドライトの黄ばみの対処法をご紹介します。ヘッドライトの黄ばみに悩んでいる方必見です。

ヘッドライトの交換は費用がかかる

ヘッドライトの黄ばみが進行すると、光量が少なくなり、視界が狭くなります。車検に通らず、やむを得ず交換する人もいます。しかし、ヘッドライトの交換費用は意外と高く、数万円かかるケースもあります。

ヘッドライトをクリーニングする

ヘッドライトに黄ばみが生じたら、クリーニングするのがおすすめです。ヘッドライトは黄ばみが生じた際すぐに対処すれば、きれいにキープすることができます。また、同時にコーティングすることで、3年程度黄ばみを防ぐことができます。ヘッドライトのクリーニングとコーティングは数千円でできるため、交換するよりもリーズナブルです。

注目の商品「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」

私が注目している商品はCarZootの「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」です。この商品の魅力は下記のようになっています。

・プロが実際に使うほどクオリティの高い、黄ばみ・くすみ除去剤

・ペーパー施工・コンパウンドなどの研磨剤不要

・持続性が高い

・専用クリーナーが付属

・黄ばみが戻らないようにしっかりとコーティングまで施工できる

この商品は通常価格3,680円で購入が出来ます。ヘッドライトの黄ばみ除去で面倒なペーパー施工、コンパウンドなどによる研磨作業が不要なので誰でも簡単に黄ばみ除去できます。この機会に是非購入を検討してみては如何でしょうか?是非今回紹介させて頂いた内容を参考にしてみてください。

PROSTAFF(プロスタッフ)ホイールコーティング剤が全然ダメだった件前のページ

人気のDIYガラスコーティング5選!次のページ

関連記事

  1. 記事

    車が好きなお父さんにプレゼントするなら?おすすめカー用品3選!

    いまのご時世では、自動車離れが進んでいて自動車を購入しようとしてる人…

  2. 記事

    かわいいサンリオのカー用品を探すなら?おすすめの通販サイトをご紹介

    サンリオのカー用品が欲しい。と思っている方はいませんか?なかなか市販…

  3. 記事

    車の警告灯の意味をご紹介!オイルランプやブレーキマークの意味!

    運転中に、突然見た経験のない警告灯を確認した際に、その車を動かして良…

  4. 記事

    車が炎上すると危険!どういう状況でガソリンは爆発するのか徹底解説

    車が炎上すると非常に危険です。車が炎上してすぐに対処するというのは非…

  5. 未分類

    なぜ有名人は車の臭い消しにCarZoot車内消臭剤「ClearOne」二酸化塩素タイプを使用するのか…

    車は密室状態である事が殆どな閉鎖的な空間のため、その匂いを気にする方…

  6. 記事

    子供とお出かけするなら?すごく便利なカー用品を2選ご紹介

    子供とお出かけすると、車酔いで嘔吐するケースが多いですが、対処法が分…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車中泊におすすめ!イレクターパイプを徹底解説
  2. 記事

    【貸し切りバス】静岡県で利用するならこの会社がおすすめ!
  3. 記事

    埼玉県在住の方必見!カーシェアリング大手3社を比較してみました 
  4. 記事

    サンフレッチェ広島本拠地に乗り込むなら、周辺で安いおすすめの駐車場はあるの?
  5. 記事

    カーライフを楽しもう!新潟県でトレッキングやハイキング
PAGE TOP