ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤 Amazon悪いレビューをチェック

   
 

長期間車を使用していると、ヘッドライトはどうしても黄ばんでしまいます。ヘッドライトが黄ばむと様々なリスクが生じるため、メンテナンスが必要です。

この記事ではヘッドライトの黄ばみのリスク、有名なヘッドライトコーティング剤である「ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤」のレビュー、そしておすすめする商品を紹介しますので是非参考にしてください。

ヘッドライトは黄ばみやすい

長期間同じ車を使用していると、ヘッドライトが黄ばんでしまいます。こまめにメンテナンスしていたとしても、ヘッドライトの黄ばみを避けることはできません。特に炎天下の駐車が多い場合は、ヘッドライトが黄ばみやすくなります。

ヘッドライトの黄ばみを放置するのは危険

ヘッドライトの黄ばみが進むと、見た目が悪くなるだけでなく、ライトの光量が少なくなり視界が悪くなります。夜間走行する際にリスクを伴います。さらにヘッドライトの劣化が進むと、ひび割れが生じる可能性があります。

ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤 Amazonレビュー

ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤のレビューをご紹介します。ヘッドライトコーティング剤選びの参考にしてみてください。

効果に関するレビュー

・黄ばみがひどいヘッドライトをきれいにしようと、この製品を試してみました。下地処理は入念にしたつもりですが、内側まで黄ばみが生じていたので、あまり改善されませんでした。ヘッドライトの状態の問題かもしれないですが、思うような効果が得られませんでした。

・よく使用されている製品ではありますが、ヘッドライトの劣化が激しいとあまり効果を期待できません。使用するのであれば、少しくすみかけた程度のときに施工する必要があると思います。初心者では思うように効果を出すことができないので、プロ向けかなと思いました。

・値段が高かったので効果を期待していましたが、時間をかけてもあまりきれいになりませんでした。もう少し施工しやすいものを選びたいと思います。

・施工したことにより、傷が付いてしまいました。コーティングすることで、目立たなくはなりましたが、かなり時間がかかったので、労力を考えると高い商品かもしれません。

耐久性に関するレビュー

・半年程度でヘッドライトの黄ばみが生じました。施工を繰り返すペースを考えると、コストパフォーマンスは良くないと思います。それほど効果が優れていないのであれば、もう少し安い製品を選びたいです。

・ヘッドライトが少し黄ばみ始めたときに使用しました。ヘッドライトコーティングをすることできれいにはなりましたが、数か月後に黄ばみが生じてしまいました。保管環境の問題かもしれないですが、効果がもっと持続するタイプを選びたいです。

注目の商品「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」

私が注目している商品はCarZootの「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」です。この商品の魅力は下記のようになっています。

・プロが実際に使うほどクオリティの高い、黄ばみ・くすみ除去剤

・ペーパー施工・コンパウンドなどの研磨剤不要

・持続性が高い

・専用クリーナーが付属

・黄ばみが戻らないようにしっかりとコーティングまで施工できる

この商品は通常価格3,680円で購入が出来ます。ヘッドライトの黄ばみ除去で面倒なペーパー施工、コンパウンドなどによる研磨作業が不要なので誰でも簡単に黄ばみ除去できます。この機会に是非購入を検討してみては如何でしょうか?是非今回紹介させて頂いた内容を参考にしてみてください。

オススメのホイールコーティング剤を紹介!前のページ

【デート前に】女性が嫌がる車内の臭い対策次のページ

関連記事

  1. 未分類

    車内のタバコ匂いの防止策を知ろう!

    車内のタバコの匂いに悩んでいる方が多いと思います。様々な除菌消臭剤が…

  2. 記事

    おすすめのアルミモールコーティング!ピカピカのアルミモールが復活!

    アルミモールには白サビが生じやすいため、適切なメンテナンスが必要です…

  3. 記事

    カーコンバータって何?使い方やスペックを解説!

    「スマホの充電を車のバッテリーで行いたい」と思ったことはありませんか…

  4. 記事

    【信号が青でもよく見るみぎひだり】 交通ルールが学べる施設@山梨

    コロナ禍に伴い、公共交通機関を避けて、自家用車での移動が増えています…

  5. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナー

    あなたの愛車の欧州車は窓枠のアルミモールの部分が、白く汚れて劣化して…

  6. 記事

    車のバッテリーの外し方や付け方を解説!端子からの交換方法も!

    車の部品で一番最初に状態がおかしくなったのはバッテリーではありません…

新着記事の一覧

  1. 大分県で引っ越しするならどの業者が良い? ~コロナ渦の状況も…
  2. 熊本県からお引越し!2021年のコロナ禍で私たちの引っ越しは…
  3. 佐賀のおすすめ引っ越し業者を紹介!コロナ禍での引っ越しは狙い…
  4. 多くの方が経験する引っ越し!長崎県からお引越しの場合、コロナ…
  5. 鈴鹿サーキットの名物“シケイン“の名前が変更?新たな名前とは…
  1. 記事

    安いおすすめの駐車場を紹介!~大分トリニータ編~
  2. 記事

    現役力士はなぜ車の運転が禁止なのか?
  3. 記事

    ダイハツのマックスってどんな車?スペックと歴史、および中古車価格を徹底調査
  4. 記事

    キャンピングカーの分からない点をみんなで解決!教えてキャンピングカーがオープン
  5. 記事

    インド大手のタタ自動車の新CEOはドイツの大手メーカーから来たあの人だった・・・…
PAGE TOP