ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤 Amazon悪いレビューをチェック

   
 

長期間車を使用していると、ヘッドライトはどうしても黄ばんでしまいます。ヘッドライトが黄ばむと様々なリスクが生じるため、メンテナンスが必要です。

この記事ではヘッドライトの黄ばみのリスク、有名なヘッドライトコーティング剤である「ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤」のレビュー、そしておすすめする商品を紹介しますので是非参考にしてください。

ヘッドライトは黄ばみやすい

長期間同じ車を使用していると、ヘッドライトが黄ばんでしまいます。こまめにメンテナンスしていたとしても、ヘッドライトの黄ばみを避けることはできません。特に炎天下の駐車が多い場合は、ヘッドライトが黄ばみやすくなります。

ヘッドライトの黄ばみを放置するのは危険

ヘッドライトの黄ばみが進むと、見た目が悪くなるだけでなく、ライトの光量が少なくなり視界が悪くなります。夜間走行する際にリスクを伴います。さらにヘッドライトの劣化が進むと、ひび割れが生じる可能性があります。

ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤 Amazonレビュー

ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤のレビューをご紹介します。ヘッドライトコーティング剤選びの参考にしてみてください。

効果に関するレビュー

・黄ばみがひどいヘッドライトをきれいにしようと、この製品を試してみました。下地処理は入念にしたつもりですが、内側まで黄ばみが生じていたので、あまり改善されませんでした。ヘッドライトの状態の問題かもしれないですが、思うような効果が得られませんでした。

・よく使用されている製品ではありますが、ヘッドライトの劣化が激しいとあまり効果を期待できません。使用するのであれば、少しくすみかけた程度のときに施工する必要があると思います。初心者では思うように効果を出すことができないので、プロ向けかなと思いました。

・値段が高かったので効果を期待していましたが、時間をかけてもあまりきれいになりませんでした。もう少し施工しやすいものを選びたいと思います。

・施工したことにより、傷が付いてしまいました。コーティングすることで、目立たなくはなりましたが、かなり時間がかかったので、労力を考えると高い商品かもしれません。

耐久性に関するレビュー

・半年程度でヘッドライトの黄ばみが生じました。施工を繰り返すペースを考えると、コストパフォーマンスは良くないと思います。それほど効果が優れていないのであれば、もう少し安い製品を選びたいです。

・ヘッドライトが少し黄ばみ始めたときに使用しました。ヘッドライトコーティングをすることできれいにはなりましたが、数か月後に黄ばみが生じてしまいました。保管環境の問題かもしれないですが、効果がもっと持続するタイプを選びたいです。

注目の商品「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」

私が注目している商品はCarZootの「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」です。この商品の魅力は下記のようになっています。

・プロが実際に使うほどクオリティの高い、黄ばみ・くすみ除去剤

・ペーパー施工・コンパウンドなどの研磨剤不要

・持続性が高い

・専用クリーナーが付属

・黄ばみが戻らないようにしっかりとコーティングまで施工できる

この商品は通常価格3,680円で購入が出来ます。ヘッドライトの黄ばみ除去で面倒なペーパー施工、コンパウンドなどによる研磨作業が不要なので誰でも簡単に黄ばみ除去できます。この機会に是非購入を検討してみては如何でしょうか?是非今回紹介させて頂いた内容を参考にしてみてください。

オススメのホイールコーティング剤を紹介!前のページ

【デート前に】女性が嫌がる車内の臭い対策次のページ

関連記事

  1. 記事

    足元を煌びやかにおすすめの装飾アイテムを紹介!

    クルマの装飾アイテムにはいろいろとありますけど、昔から根強い人気を誇…

  2. 未分類

    ブレーキダストとは?汚れを落とす方法を紹介!

    車のホイールの汚れの原因の一つにブレーキダストがあります。ブレーキダ…

  3. 記事

    ドライブを楽しもう車内でできるカラオケセット 

    ドライブをしてると、車の中で歌いたくなってはこないでしょうか?車内で…

  4. 記事

    意外と知らないホイールを綺麗保つ方法

    愛車のメンテナンス、しっかりできていますか?車の中でも最も傷が付きや…

  5. デザイナーA

    泥棒からあなたの愛車を守る!セキュリティアラームランキング5選!

    車を大切にしている人にとっては、自動車の盗難は一大事のことではないで…

  6. 記事

    サイドアルミモールのコーティングの仕方

    皆さんが乗っている自動車のサイドアルミモールを見てみましょう。どのよ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    茨城県には交通安全お守りと神社が多数!
  2. 記事

    おすすめの車用洗剤3選を厳選!
  3. 記事

    いすゞの車種ならコレ!新車を徹底解説!! 2020年度版
  4. 記事

    メルセデスベンツの新システム「MO360」について 
  5. 記事

    車が脱輪してしまった?いざというときの対処法や保険を解説!
PAGE TOP