簡単に車の査定額があがる!ヘッドライトをきれいに見せるコツ

   
 

皆さんはヘッドライトをきれいな状態に保ち続けているでしょうか。実際にヘッドライトを見ると、思いの外黄ばんでいたり、傷があったことに気づいた方もいるかもしれません。

車の外観が良いと、気持ちよく運転ができますし、とても気分の良いものですよね。ヘッドライトという一部分をきれいにすることは、あなたの愛車をよりいっそう魅力的にすることができます。

この記事では、ヘッドライトが黄ばむ原因と危険性、ヘッドライトが黄ばまない方法、そしておすすめする商品を紹介します。是非参考にしてください。

ヘッドライトが黄ばむ原因とは?

長年車に乗っていると、ヘッドライトに黄ばみや曇りが見られます。主な原因は太陽光の紫外線です。そのため、屋根のない駐車場の車の場合はヘッドライト表面が劣化し、黄ばみや曇りを避けることができません。

また、現在の市販車はヘッドライトに樹脂製のものが使われていることが多いです。昔は主にガラス製品が使われていました。樹脂製はガラス製のものよりも紫外線に弱く、傷がつきやすいというデメリットがあります。紫外線にさらされ、洗車でこすると、コーティング塗装が剥がれていってしまいます。

黄ばみの放置は危険?

黄ばみの進んだヘッドライトを放置することは危険です。基板で汚れが付着したまま夜間走行すると、ライトを点灯していても光量が少なくなってしまい、視界が悪く見えづらくなってしまいます。なんとなくライトが暗い気がする..と感じたらヘッドライトがどのような状態なのか、チェックするようにしましょう。

ヘッドライトが黄ばまない方法とは?

それでは、どのようにすればヘッドライトが黄ばまなくなるのでしょうか。黄ばまなくする方法について、いくつか紹介していきます。

日陰に車を置く

上記でヘッドライトが黄ばむ原因は紫外線であることは説明しました。そのため、できるだけ紫外線が当たらないように日陰に車を停めたり、屋根のあるところに停めたり、車にカバーをかけるといったことが必要になります。ただ、日陰に車を置く環境にない方は多いでしょうし、わざわざカバーをかけるのには手間が必要になります。

ヘッドライトフォルムをつける

ヘッドライトフォルムをつけることで、ヘッドライト自体が汚れたり、傷がつくといったことは防ぐことができます。しかし、色付きのフォルムの場合は光量が不足する可能性があります。最悪の場合、光量が足りず車検に通らない可能性があります。

こまめな洗車をし、コーティング剤をつける

できるだけ汚れがたまらないようにしてコーティングをすることが大切になります。しかし、コーティング剤が劣化すると黄ばみになってしまい本末転倒となってしまいます。よって、こまめに洗車をすることが重要です。

注目の商品「[CarZootプロ仕様]『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」

私が注目している商品はCarZootの「[CarZootプロ仕様]【ヘッドライトのくすみを新車の輝きに戻す】ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」です。

従来のクリーナーでは汚れや黄ばみを落とすだけでした。しかし、この商品は違います。この商品では、さらに汚れがついたり黄ばみがついたりしないように、しっかりとコーティングまで施工することができます。

この商品を見てどのように感じましたか?3,680円と価格もやさしいものとなっています。今回紹介した記事でヘッドライトをきれいにしたい、と感じた方も少なくないはずです。是非購入を検討してみてください。きれいな車があなたを待っています。

オススメのホイールコーティング剤を紹介!前のページ

【デート前に】女性が嫌がる車内の臭い対策次のページ

関連記事

  1. 未分類

    プロも愛用する!おすすめホイールコーティング剤

    愛車の車体だけでなく、ホイールも綺麗に保ちたい。そう思われる方は多い…

  2. 記事

    車の修理費は高額?脱輪したときの損傷や費用はどんなものか解説!

    車は修理費が高額なのではないかと、気になりませんか。そのため、脱輪し…

  3. 記事

    車のバッテリー上がりの原因は?要注意症状と防止方法について解説

    突然車のバッテリーが上がってしまったら、とても困ると思います。今回は…

  4. 未分類

    アルミモールは何故汚れるの?

    アルミモールの汚れに悩んでいる方は多いと思います。アルミモールは汚れ…

  5. 記事

    キャンプで車中泊をするなら?おすすめの車用品4選!

    キャンプに行ってテントに泊まるのも一つの醍醐味です。でも、心配なのは…

  6. 記事

    山形で車の免許取るのにおすすめな自動車学校3選!

    自然の恵み豊かな山形県。特産品のサクランボをはじめ、豊かな自然が織り…

新着記事の一覧

  1. 【最新情報】2021年2月に発売予定のオススメ国産車を一挙紹…
  2. 【箱根】交通情報の一元化とは?オススメスポットも紹介! 
  3. くつろぎに行きたい仙台泉プレミアム・アウトレット
  4. クーパーをこの世に生み出した「ジョン・クーパー」とはどのよう…
  5. 1日じゃ足りない楽しさ?佐野プレミアムアウトレットの魅力をご…
  1. 記事

    新潟県でデートするなら抑えておこう!ドライブコースを3つ紹介!
  2. 記事

    【ヒノノニトン】2020年最新小型トラック・日野デュトロのスペックや魅力について…
  3. 未分類

    ヘッドライトコーティングとは?意外と知らない綺麗の秘訣!
  4. 記事

    セダンやミニバンの上座や下座はどこ?車のビジネスマナーをご紹介!
  5. 記事

    【今週末はここへいけ!】福島のおすすめの公園2つ!
PAGE TOP