自分でできるお手軽DIYヘッドライトクリーナー

   
 

車を大切にされている方であれば、ヘッドライトの黄ばみやくすみはとても気になりますよね?

長く愛車に乗っている方であればあるほど、ヘッドライトはどんどん黄ばんでしまいます。

今回はそのような方のために、自分が自宅できる簡単なDIYヘッドライトクリーナーを、プロの整備士がご紹介させていただきます!

なぜヘッドライトは黄ばんでくすんでしまうの?

そもそもヘッドライトはなぜくすんで黄ばんでしまうのでしょうか?まずは原理から解説していきます。なぜヘッドライトが黄ばんで、くすんでしまうのかは、ヘッドライトの素材に問題があるのです。昔の車であれば、ヘッドライトがガラスで出来ているものもあるのですが、そもそもガラスで出来ていたら、黄ばみやくすみに頭を抱える必要はありません。

しかしガラスのヘッドライトは高価であったり、破損しやすかったりと、問題点が多いため、今ではほとんどのヘッドライトが「ポリカーボネート」という材質に変わっています。この材質は簡単に説明するとプラスチックのようなものなのですが、耐衝撃性はガラスの200倍という驚きの性能をもっています。

加工もガラスと比較して容易でメリットがものすごくあるのですが、黄ばみやすい、くすみやすいという一番大きなデメリットをもっているのです。なぜそんなに黄ばむのかというと、このポリカーボネートという材質は、太陽光に含まれている紫外線をほぼ100パーセント吸収してしまうという厄介な性質をもっています。

紫外線は塗料を色褪せてしまったり、ダメージを与えたりと、車にとっては悪影響ばかりです。特にガレージなどの屋内保管でない限りは、車は常に紫外線にさらされています。

ヘッドライトは常日頃からダメージを受け続けているのです。

紫外線がなぜ黄ばみに?

紫外線が直接的に黄ばみになるというわけではありません。「さっきまでと言っていることが違う」と言う方もいるかもしれませんが、簡潔に説明致します。紫外線によってダメージを受けたヘッドライトは、少なからず表面に無数の凹凸が形成されてしまいます。また、紫外線だけでなく、走行中に前から飛んできた小石などによって、目に見えないような小傷がたくさんついてしまいます。

そのような凹凸や小傷の中に、汚れが奥の方まで入り込んでしまい、ヘッドライトが黄ばんで汚れて見えてしまうという仕組みです。奥の奥の方まで汚れが染み込んでしまっているため、水拭きや洗車用の洗剤で洗っても、そのような汚れは落とすことが出来ません。

ヘッドライトを綺麗に保つためには?

「じゃあヘッドライトを黄ばまないようにしたい!」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、結論から言うと、ヘッドライトを黄ばまないようには出来ません。黄ばみ、くすみとは上手く付き合っていくしかないのです。ただし、一度黄ばんでしまったヘッドライトを綺麗にすることは出来ますし、黄ばみにくくする方法もあります。

それは、ヘッドライトクリーナーで磨いて、コーティングをするということです。昨今では、自宅で素人にも簡単に出来るヘッドライト磨き、コーティングが存在します。文末でプロもオススメする商品を記載しますので、気になる方はチェックしてみてください。

ヘッドライト磨きの行程は主に3行程となります。

1. 下地処理

ヘッドライトの汚れを綺麗に落としきります。

2. 研磨剤で黄ばみ、くすみを削り取る

黄ばみやくすみを除去する上で一番大切な研磨の行程です。念入りに磨いて気になる黄ばみを徹底的に除去しましょう。

3.コーティング

磨いて綺麗になったヘッドライト面に、コーティング剤を均一に延ばして覆いましょう。黄ばみやくすみにも強くなります。

プロもオススメのヘッドライトクリーナーはコレ!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07K68B5X8

 

プロも愛用しているヘッドライトクリーナーとガラス系コーティング剤です。汚れをしっかりと落としきり、素人でも綺麗にコーティングすることが出来ます。マニュアルも付属しているため、初めて施工する方でも安心して取り掛かれます。

ジムニーにお乗りの方必見!オススメのホイールコーティング剤3選前のページ

車にコーティングは必要なのか?次のページ

関連記事

  1. 記事

    おすすめのホイールコーティング剤

    皆さんが所有している自動車には様々なホイールコーティング剤があり、ど…

  2. 記事

    タピックひやごんスタジアムへ行こう!FC琉球サポーターにおすすめの周辺駐車場を紹介!

    FC琉球の本拠地は、タピック県総ひやごんスタジアムです。沖縄…

  3. 記事

    車事故の壊した物の値段はどのくらい?修理費用について解説!

    不注意でガードレールや標識、信号などを壊した場合、どのくらいの修理費…

  4. 記事

    車のホイールナットの選び方をご紹介!知っておくと便利な基礎知識も

    車、タイヤ、ホイールをつなぐ重要な役割を果たしているのがホイールナッ…

  5. 未分類

    車内の臭いが気になる方におすすめの車内消臭剤

    車を使い続けていると、次第に車内の臭いが気になり、悩む方が多くいます…

  6. 未分類

    市販のホイールコーティング剤はいいのか?

    ブレーキダスト、粉じんや泥から大切なホイールを守るホイールコーティン…

新着記事の一覧

  1. 子供におすすめF1関連のおもちゃをいくつか紹介
  2. 2021年度版 維持費節約のためのエコな車を紹介!(普通車編…
  3. 現代は中古ナビで十分!?中古のメリットとデメリットを紹介しま…
  4. 実は余分に車の維持費払ってない?やってしまいガチなメンテナン…
  5. ユーズドタイヤ(中古タイヤ)にするといくらぐらいの節約になる…
  1. 記事

    【大地の女神】トヨタのミニバンガイアを紹介
  2. 記事

    軽自動車VS小型車|大きさ?排気量?その違いを徹底解説!
  3. 記事

    パナソニックが電動モビリティを監視するサービスを開発とは?
  4. 記事

    ネットショップでカー用品を購入するならスポコン!ジョイボックスダイレクトはいかが…
  5. 記事

    僧侶が運転中に逮捕?袈裟を着用しての運転は違反なのか
PAGE TOP