車好きはホイールをピカピカにする、その方法は?

   
 

愛車のホイールは綺麗に保っていますか?走行中についた傷やブレーキダストなどの汚れはなかなか落ちません。定期的な洗車をしていても足回りはいつも思ったように汚れが落ちない。ホイールの汚れはなかなか落ちず、つい諦めがちになってしまう部分でもあります。

だからといって業者に頼んでしまうと施工料金も高く、諦めがちだったりします。そういった悩みを持った方に自分でも出来るホイールコーティング剤の使用をお勧めします。この記事ではホイールコーティング剤はどういうものなのか、使う前と使った後でどう変わるのかを説明し、最後におすすめ商品を紹介していきたいと思います。

ホイールコーティング剤を使う

ホイールは、ブレーキダストや砂などによりなかなか汚れが落ちないものになります。ホイールには頑固なブレーキダストが付着しやすいため簡単には落とすことができません。日頃のメンテナンスをすることである程度、綺麗なものを保つ事もできますが、ホイールコーティング剤を使う事で、汚れも落としやすく、その後の持続効果もあり非常におすすめです。

車好きにとって輝くホイールはとても大切です。

スポーツカーや海外の車はホイールが大きく、非常に目立つ箇所でもあるため愛車を大切にする方はしっかりと自分の車の状態に合ったコーティング剤を選びましょう。

ホイールコーティング剤の選び方

ホイールコーティング剤は車種や、汚れている状態により様々な効果を発揮するものがあります。

どれを選んでも間違いはありませんが、効果的なコーティングをするためには今の愛車の状態をみて適正なものを選ぶことが大切です。

一番のおすすめは強い強度と持続性を持ったガラスコーティング剤です。

ガラスコーティング剤は、ホイール表面にガラス状の皮膜を作り出しホイールを覆うことで砂や泥などの汚れや小石などの傷からも守ることが出来ます。

コーティング後の持続効果も大事

ホイールコーティングの主な目的は施工後の汚れを弾き、汚れからホイールを守る持続効果です。

コーティングをすると汚れを落としやすく、本来ホイールにあった輝きを取り戻すことができるためその後の持続効果は大切な要素です。

持続効果が長く、しっかりと汚れを落とせるものを選びましょう。

艶出し効果のあるものを選ぶ

艶出し効果の高いホイールコーティング剤を選ぶことで、ホイールをピカピカにすることができます。ピカピカのホイールにあこがれている人は、ホイールの艶、光沢効果を重視するのがおすすめです。

施工手順をしっかり守る

いずれのコーティング剤も施工をする際は、しっかりとホイールの油汚れを綺麗にしてから施工を行なってください。落とせる汚れを落とさずに施工してしまうことで、まだらにコーティング剤が定着してしまったり、上手くコーティング剤が乗らずに綺麗に仕上がりません。

施工が完了してからコーティング剤が定着するまで半日ほどかかりますので雨の日や乾燥しきっていない状態での走行は避けてください。最後に、今イチオシの商品を紹介したいと思います。

注目の商品「ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』」

私が注目している商品はCarZootの「ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』」です。この商品の魅力は下記のようになっています。

・高い効果を持ったコーティング剤でありながら非常に低価格

・強固なガラス被膜でホイールを保護

・持続効果3年以上の耐久性

・専用のスポンジ、マニュアルが付属

この商品は通常価格3,680円で購入が出来ます。ガラスコーティング剤でここまでの低価格を実現しているのはCarZootだけと言っても過言ではありません。この機会に是非購入を検討してみては如何でしょうか?

ご興味持ちましたら、今回紹介させて頂いた商品をぜひ参考にしてみてください。

おすすめのヘッドライトクリーナーは?前のページ

なぜベンツのオーナーはCarZootヘッドライトコーティング剤を施工するのか?次のページ

関連記事

  1. 記事

    トラックコーティングを安くやれる奈良のお店を紹介!

    トラックコーティングを奈良でしたい場合は、どこでしてもらえばいいのだ…

  2. 記事

    トラブルの時に備えて車に積んでおきたい工具7+2選!

    「ドライブの途中なのに車がおかしい・・ひょっとして故障した!?」とい…

  3. 記事

    楽しく免許を取ろう滋賀県でおすすめな自動車学校4選!

    滋賀には魅力的な自動車学校が多数あります。選ぶのに迷う方が多いですが…

  4. 記事

    何で動かないの?シフトレバーの故障原因や修理法を徹底解説!

    車を運転しようとした際、急にシフトレバーが動かなくなったら焦ってしま…

  5. 未分類

    車好きはヘッドライトをピカピカにする!その方法を伝授!

    ヘッドライトが輝いていると、車の見た目はきれいになります。車好きの人…

  6. 記事

    紙やすりでヘッドライトを磨くと黄ばみが取れてクリアになるのか?

    現在の自動車にはヘッドライトにポリカーボネートのような樹脂が主に使用…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    デートにいくっぺ!茨城ならこのコースだ!おすすめのドライブコースを2選紹介!
  2. 記事

    真夜中の納涼ドライブ、冷や汗、悪寒が止まらない石川県の心霊スポット3選
  3. 記事

    トヨタがある愛知県でおすすめ!交通安全お守りと神社を厳選して3つ紹介!
  4. 記事

    20年前と今ではここまで違う衝撃基準について紹介
  5. 記事

    名前は知っているけど、JAFって何の略?詳しく紹介 
PAGE TOP