サイドアルミモールのコーティングの仕方

   
 

皆さんが乗っている自動車のサイドアルミモールを見てみましょう。どのようになっているでしょうか。キレイだと感じた人もいれば、想像していたより汚くて絶句してしまった人もいるかもしれません。普段の生活で自動車は欠かせない人も多いと思います。自分の愛車なら、いつまでもキレイな状態を保ち続けたいものですよね。

この記事ではサイドアルミモールが汚れてしまう原因とその防止方法、そしておすすめする商品を紹介します。是非参考にしてください。

サイドアルミモールが汚れてしまった原因とは?

サイドアルミモールに雨染みができて落ちない、という現象はおもに欧州車に多いです。日本車と欧州車では素材が異なります。

汚れの原因

日本車はステンレスを使用しており、欧州車ではアルミを使用しています。ステンレスは耐腐食性が強くさびにくい性質を持っています。その一方で、アルミは耐腐食性が弱く、さびも出ます。アルカリ性の洗剤、酸性雨、黄砂が主な汚れの原因となります。日本が高温多湿であることが影響しています。また、汚れを分解してきれいに洗うことができる洗剤が販売されていたり、黄砂を含んだ雨が降ることも影響しています。

汚れを防止する方法

ここでは、汚れを防止する方法3つについて説明していきます。

洗車をする

雨染みができる原因は腐食です。まずは、基本的なことですが、こまめな洗車をし、キレイな状態をこまめに保つことが必要になります。

時々磨く

少しでも雨染みができてしまったら軽度な状態のうちに市販のクリーナーで研磨することで、悪化を防ぐことができます。研磨には金属を磨くためのものを使用する必要があります。

コーティングで保護する

[コーティング剤の画像]

コーティング剤はまだ雨染みが発生していない状態で使用するのが理想的ですが、発生した後でも、磨き落としてキレイな状態にしてからコーティングを施工することで保護できます。

注目の商品「CarZootプロ仕様】 アルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモール の 白サビ を落としてコーティングの力で再劣化防止】欧州車」

私が注目している商品はCarZootの「【CarZootプロ仕様】 アルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモール の 白サビ を落としてコーティングの力で再劣化防止】欧州車」です。

この商品は他社製品と比べると非常に高品質を感じられる商品となっています。その圧倒的な洗浄力とコーティングまで施工できるところが選ばれる理由となっています。一度この商品を購入して、使用すればこれまでにない感動を味わえることでしょう。

また、これまでのアルミモール専用のコンパウンドクリーナーとは異なります。これまで従来のものでは汚れやさび、黄ばみを落としただけで終わりでした。しかし、この商品ではさらに汚れにくくするために、アルミモール専用のコーティングまで施工することができます。この商品は初めてコンパウンドクリーナーとアルミモール専用コーティング剤がセットになったものですので、大変使い勝手の良い商品だと感じられると思います。

この商品は分かりやすい施工マニュアルが付属しています。しかし、マニュアルを見ただけでは理解できない、そういった方は少なくはありません。そんなあなたのために、お問い合わせをいただければ、プロのスタッフによるサポートを受けることが可能になります。

CarZootブランドの製品はプロが実際に店舗で使用しています。日本国内で研究を重ね製造に至りました。そのような高品質の商品をあなたが使用できるのです。プロになった気分で楽しくコーティングしてみませんか。
こちらの商品は3,120円となっており、手が届く価格だと思います。この価格であなたの車がきれいに見えるなら安いものです。さあ、売り切れる前に購入して試してみませんか?CarZootの商品はあなたを待っています。

せっかくアルミモールを綺麗にしたのにシミが再発したのはなぜ?前のページ

weds(ウェッズ)にオススメのホイールコーティング剤3選次のページ

関連記事

  1. 記事

    サガン鳥栖本拠地周辺で安くおすすめの駐車場って、どんなところがある?

    熱烈なJリーグサポーターならアウェイの地域でも応援に行くことは厭わな…

  2. 記事

    カー用品を買うなら「カインズ」がおすすめ?専門店にはない品揃えが人気!

    車の修理や、車内の用品を揃えたい、などと考えるとホームセンターやカー…

  3. 記事

    福島県内でおすすめの安い代行運転業者をご紹介!

    福島県おすすめの代行サービス一覧はこちら週末にちょっとみんな…

  4. 記事

    カー用品のクッションのおすすめは?人気ランキングTOP3!

    カークッションは非常に便利ですが、選ぶ際に迷う方が多いです。自分にぴ…

  5. 記事

    正しいチャイルドシートの選び方と設置方法を解説!

    2000年4月から、お子さんを車に乗せる際、チャイルドシート…

  6. 記事

    車のバッテリー充電器のおすすめはどれ?使い方と人気のグッズ3選!

    室内のライトを点灯した状態で駐車してしまい、翌日に気づいたら「バッテ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    沖縄でカー品を探すなら?那覇などおすすめの店舗を5選してご紹介!
  2. 記事

    上級者にオススメのホイールコーティング剤
  3. デザイナーB

    視界が見にくい!自宅に取り付けるカーブミラーおすすめ3選!
  4. 未分類

    拡大はいつまで?ドライバーのためのコロナウイルス対策
  5. 記事

    車の修理費は高額?脱輪したときの損傷や費用はどんなものか解説!
PAGE TOP