意外と高額!欧州車のヘッドライトユニット交換〜交換ではなくクリーニングがおすすめ〜

   
 

皆さんが所有している自動車のヘッドライトに注目してみてください。黄ばんでしまっている人、新車を買ったばかりだからまだキレイだという人、キレイだと思っていたら意外と汚れていることに気づいた人…車はキレイな状態を維持し続けたいものですよね。

この記事ではヘッドライトのメンテナンスの重要性やヘッドライトユニット交換について、また、交換ではなくクリーニングがおすすめである理由とともにおすすめの商品を紹介しています。是非参考にしてみてください。

ヘッドライトのメンテナンスの重要性とは?

近年のヘッドライトは樹脂製であり、昔のようなシールドビームのようにガラスでできているものは少なくなっています。そのため、紫外線による黄ばみが発生してしまいます。また、黄ばみだけでなく、無数のひび割れが生じていることもあります。ひび割れでクリア部分が曇ってしまうことで、ヘッドライトが暗くなってしまいます。

ヘッドライト交換について

ヘッドライトのメンテナンスを怠ったまま放置を続けていると、症状が進みライトのクリア塗装が剥がれていってしまいます。そのような状態になると磨きをかけても元のきれいな状態には戻りません。また、ヘッドライトが割れたり破損することで車検に通らなくなったらヘッドライトを交換しなければなりません。車検ではヘッドライトの検査があり、正しい光軸にライトを調整されていること、そして必要以上の光量をキープしていることが重要となります。

なぜクリーニングがおすすめなのか?

ヘッドライトの交換はあまりおすすめできません。私がおすすめするのはクリーニングをすることです。ヘッドライトの交換費用はどのくらいか皆さんはご存じでしょうか。おそらく、皆さんが思っている以上に費用がかかります。部品代は高価なものであり、国産の軽自動車でさえ片側のみで3万円近くはかかってしまうのが現状です。

数万では済まないものも…

LEDユニットだと車によっては50万近くかかってしまいます。今のヘッドライトは優秀な制御をしています。対向車のヘッドライトを感知して照射範囲をコントロールすることができます。優秀さであるが故に、高価になってしまいます。ヘッドライトユニット交換は家計に大きな影響を与えてしまうでしょう。

故にヘッドライトユニット交換ではなくクリーニングであれば安価に押さえることが可能になります。事前にクリーニングを怠らないようにしましょう。

注目の商品「[CarZootプロ仕様]『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」

私が注目している商品はCarZootの「[CarZootプロ仕様]【ヘッドライトのくすみを新車の輝きに戻す】ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」です。

この商品を使用することでヘッドライトをいつまでもキレイな状態に維持し続けることが可能となります。なぜなら、専用クリーナーとコーティング剤がセットになっているからです。この専用クリーナーではヘッドライトの黄ばみやくすみを簡単に除去することができます。そしてコーティング剤で汚れにくくすることができます。これにより、いつまでも新車のような透明感を感じることができると思います。また、プロも使用している品質にこだわった商品なのでとても安心ですね。

このような高品質の商品はなんと3,680円で購入することができます。ヘッドライトコーティング剤にしてはお手頃価格ではありませんか?是非購入を検討してみてください。

あなたの愛車は見違えるほど輝いて見えますよ。

せっかくアルミモールを綺麗にしたのにシミが再発したのはなぜ?前のページ

weds(ウェッズ)にオススメのホイールコーティング剤3選次のページ

関連記事

  1. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナーは?適切なケアの仕方を紹介!

    あなたの愛車のメッキ部分は、未だに綺麗な状態で保たれていますか?特に…

  2. 記事

    兵庫県民なら知っておきたい!デートにおすすめのドライブコース!

    兵庫県は神戸を中心とした海に面した港町です。兵庫には、観光地…

  3. 未分類

    ヘッドライトの黄ばみの原因と解決方法

    長く同じ車に乗っている方から、「ヘッドライトが黄ばんできた」という声…

  4. 記事

    山梨県民にオススメ!車の免許取るならここだ!自動車学校3選!

    山梨で自動車学校を探しているけれど、どの自動車学校が良いか分からない…

  5. 記事

    サガン鳥栖本拠地周辺で安くおすすめの駐車場って、どんなところがある?

    熱烈なJリーグサポーターならアウェイの地域でも応援に行くことは厭わな…

  6. 記事

    どこへ行くにも車があると便利!三重のおすすめ自動車学校を紹介!

    自動車の免許取得には高い費用と1月以上に及ぶ時間が必要です。にもかか…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    2021年春夏で使えるボッテガ ヴェネタ(Bottega Veneta)のキーケ…
  2. 記事

    スズキジムニーシエラはどんな自動車?
  3. デザイナーB

    GMCが生き残りをかけて行っている取り組みとは?車だけにこだわらないやり方!
  4. 記事

    タクシー配車アプリの利用者が増加?ICT総研による2023年予想を見てみよう!
  5. 記事

    フォルクスワーゲン平城山がオープン!移転してどんな変化があったのか?詳しく解説!…
PAGE TOP