CarZootアルミモールコーティングAmazonレビューまとめ

   
 

欧州車のウィンドウ周りのアルミモールなどに白いサビが浮いていることに悩んでいる方は少なくないと思います。新車を買って数か月、となると気にすることはないと思いますが、数年たつと嫌でも目に入って憂鬱な気分になってしまう事が多々あることでしょう。せっかく購入した愛車なら、いつまでもきれいな状態を保ち続けていてほしいものですよね。

この記事ではアルミモールをキレイに保つ方法とCarZootアルミコーティングのAmazonレビュー、そしておすすめのアルミモールコーティングの商品を紹介するので是非参考にしてみてください。

アルミモールをキレイに保つ方法とは?

まず、アルミモールをキレイに保つためにはどのような方法があるのでしょうか。

洗車をこまめに行う

雨染みができてしまう理由は腐食しているからです。根本的な問題ですが、こまめに洗車をすれば、キレイな状態に保つことは可能となります。しかし、忙しいドライバーにとっては、そのような時間を容易にとることは難しいかもしれません。

時々磨く

軽度な状態なら市販のクリーナーで研磨しておくことで、悪化を防ぐことができます。研磨には金属を磨くためのものを使用します。

コーティングで保護する

コーティングで保護するのはまだ雨染みが発生していない状態で行うのが理想的と言えます。しかし、既に雨染みが発生してしまった後でも、磨き落としてきれいな状態にしてからコーティングを施工することで保護することができます。

CarZootアルミコーティングのAmazonレビューまとめ

[アルミモールコーティング剤の画像]

・雨降りが続き自慢の愛車に張り付けたメッキモールが冴えないのは天気の具合でかと思っておりました。しかし、晴れた日になってもメッキモールが以前の輝きがありません。何かなぁーと思っていたのですが、先日、友人から金属類のくすみのことを聞きました。その時は、えーと思ったのですが、よく見ると何かの膜に覆われているように見えます。これが、金属のくすみかと気が付き、この商品を購入しました。案外、女性でもマニュアル通りに行えば出来るもんです。この商品のお蔭で、自慢のメッキモールの輝きが眩しくなりました。

・どれだけ洗車しても落ちなかったメッキモールのくすみ(水垢的な)が一度、二度、三度とメッキモール専用クリーナーで磨いていくうちにどんどん綺麗になりました。10年らいの頑固なくすみだったので、完全に綺麗にするのに2.3度同じ作業を繰り返しました。クリーナー後は専用コーティング剤を施工して光沢も出て大満足です。

クリーナーとコーティングのセットになっている商品は今までなかったですし、他にはないと思いますので、目を付けるところが流石プロ仕様だなと。新商品も楽しみにしております。

・旦那の車のメッキモールのくすみが酷くて、さびれ感が半端ないのでキレイにしたいなぁと思い購入してみました。手袋やタオルまで入っていて必要なものが全てセットになっていたので他に用意するもの無し。ほんとに便利でした。マスキングテープも以外と簡単に貼れました。クリーナーで磨くとどんどんくすみがとれていくのが気持ち良かったです。コーティング剤塗って、拭き上げて完了。めちゃめちゃ簡単に綺麗に輝きが戻りました。メッキ部分がキレイになると車全体のくすみがとれたみたい。車を買い替えたくなってきてましたが、まだまだいけそうです。

ついでに自分の車もやりました。大きくない車ではありますが、2台充分いけましたよ。お得です。

注目の商品「【CarZootプロ仕様】 アルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモール の 白サビ を落としてコーティングの力で再劣化防止】欧州車」

私が注目している商品はCarZootの「【CarZootプロ仕様】 アルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモール の 白サビ を落としてコーティングの力で再劣化防止】欧州車」です。

例えば10年前から乗っている古い車のアルミモールでもきれいになる可能性が高いです。まだあきらめるのははやいかもしれません。

なんとこの商品は3,120円で購入可能です。アルミモールコーティング剤でここまでの低価格を実現しているのはCarZootだけなのかもしれません。低価格な上に非常に高品質な商品ですので購入してみる価値はあります。是非検討してみてください。

せっかくアルミモールを綺麗にしたのにシミが再発したのはなぜ?前のページ

weds(ウェッズ)にオススメのホイールコーティング剤3選次のページ

関連記事

  1. 未分類

    おすすめのヘッドライトコーティング!ヘッドライトきれいに保つポイントを伝授!

    ヘッドライトは紫外線などの影響を受け、時間の経過とともに黄ばみを生じ…

  2. 未分類

    ホイールコーティングした後の手入れの仕方

    輸入車のブレーキダストは強力で、なかなか汚れが落ちません。基本的に、…

  3. 記事

    栃木scサポーターにオススメ!周辺駐車場をまとめて紹介!

    スポーツ観戦が趣味の方は、いろいろなところに応援に行く機会もあると思…

  4. 記事

    トラックコーティングを長崎で安く済ませよう!

    トラックのコーティングをすることで、トラックのメンテナンスが楽になり…

  5. 記事

    ホイールカバーの正しい取り付け方と外し方!交換方法はこうする!

    ホイールカバーを使用している方は多いですが、正しい取り付け方、外し方…

  6. 記事

    中古の車用品の買取方法まとめ!値段UPのポイントもご紹介!

    現在愛車に搭載している車用品を売って、新しいものを購入したいと考えて…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車が炎上すると危険!どういう状況でガソリンは爆発するのか徹底解説
  2. 未分類

    ブレーキダストとは?汚れを落とす方法を紹介!
  3. 記事

    北海道のラーメン屋に車でアクセスしよう!おすすめのお店を紹介!
  4. 記事

    冬場のフロントガラス凍結対策の方法と、おすすめアイテムを徹底紹介!
  5. 記事

    日産の新型キックスはこんなに素晴らしいSUVだった!
PAGE TOP