輸入車におすすめのヘッドライトコーティング剤

   
 

ヘッドライトの表面が曇って、夜間走りづらいという方はいませんか?その曇りをヘッドライトの内側の曇りだと思ってしまう方が多いようです。対策として、ヘッドライトの交換を行ってしまうことが多いですが、輸入車のヘッドライトを交換するとなると、費用が高くなってしまいます。しかし、この曇りはヘッドライト外側のハードコートの劣化が原因なんです。ハードコートの劣化は、ヘッドライトコーティング剤で抑えることができます。

そこで、今回は輸入車におすすめのヘッドライトコーティング剤を紹介します。

なぜヘッドライトコーティングが必要なのか?

[ヘッドライトコーティング剤の画像]

長い間乗っている車ほど、ヘッドライトが黄ばんだり、表面が曇った状態になることが多いです。これは、ヘッドライトの表面部分のプラスチック素材が劣化することが原因で起こる症状です。ヘッドライトは、紫外線や熱に弱く、時間の経過と共に劣化してしまいます。そのため、少しでも劣化するのを防ぐためにヘッドライトコーティングを行う必要があります。さらに、ヘッドライトコーティングそのものの効果も永年ではないため、定期的にヘッドライトをコーティングし、常に保護されている状態にするのをおすすめします。

ヘッドライトコーティングの効果

ヘッドライトコーティングを施工することで、ヘッドライトの耐久性が上がります。また、表面が滑らかになり、ヘッドライト内部に汚れの侵入を防ぐこともできます。ヘッドライトに施工したコーティングが劣化するまでは、一般的には3年といわれています。それを過ぎると、徐々に劣化していくと思ってください。

ヘッドライトは、夜間走行時に視界を確保するための重要な機能です。事故を防ぐためにも、常にヘッドライトをきれいな状態に保つようにしましょう。

ヘッドライトコーティングの方法

まずは、ヘッドライトの表面を水洗いし、ホコリと汚れを完全に除去します。そして、古いコーティング剤を研磨し、透明度が上がるまで磨きます。その後、新しいコーティング剤を塗ることで、ヘッドライトコーティングが完了します。

しかし、輸入車のヘッドライトは、国産車に比べ、ハードコート層が硬い特徴があります。そのため、汚れを削り落とすのにも時間がかかります。業者に頼まずに、ヘッドライトコーティング剤を用いて行おうとすると、汚れを磨ききれず、期待していた効果が得られなかったという方もいるのではないでしょうか。そんな方に、おすすめの商品を紹介します。

輸入車におすすめ!「CarZoot HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション」

ハードコート層の硬い輸入車のヘッドライトにもおすすめなヘッドライトコーティング剤は、「CarZoot HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション」です。この商品は、手軽にプロ仕様のクリーナーとコーティングが施工でき、Amazonでも高評価を得ています。ヘッドライトの黄ばみ・くすみを簡単に除去できる専用クリーナーと、汚れにくくするコーティング剤がセットになっているため、黄ばみや汚れを簡単に除去でき、いつまでも綺麗な状態が続きます。また、従来のクリーナーとは異なり、ヘッドライト専用のコーティング剤だからこそ、汚れや黄ばみを落とすだけではなく、さらに汚れにくく黄ばみが戻らないように、しっかりとコーティングまで施工され、効果も長期間期待できます。

他社製品であれば、使用するペーパー施工や研磨機材を使用せず、セットになっている、専用研磨剤入りのヘッドライトクリーナーと、ヘッドライト専用コーティング、専用スポンジ、専門クロス2枚のみで、ヘッドライトコーティングが簡単に行なえます。また、付属の施工マニュアルには、わかりやすい写真付きのため、初めてのコーティングでも簡単に確実な施工が可能です。

価格は3,680円と業者に頼むよりも圧倒的に安いです。ここまでの低価格でヘッドライトコーティングができるのは、CarZootしかありません。ぜひ気になった方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

せっかくアルミモールを綺麗にしたのにシミが再発したのはなぜ?前のページ

weds(ウェッズ)にオススメのホイールコーティング剤3選次のページ

関連記事

  1. 記事

    なぜ国産車のヘッドライトは黄ばみが目立つのか?

    ヘッドライトの黄ばみは、国産車を持っている方であれば誰しも一度は悩ま…

  2. 記事

    おすすめのアルミモールクリーナーを実際に利用した人の声!

    皆さんが所有している自動車には様々なアルミモールクリーナーがあり、ど…

  3. 記事

    おしゃれでかわいいカー用品を探すなら?インテリアショップがおすすめ!

    おしゃれなカー用品、使っていますか?おしゃれなカー用品がほしくて、お…

  4. 未分類

    車好きが見るポイントはいつだってヘッドライト綺麗?綺麗に保つ方法

    みなさまは、車の洗浄・コーディングを行うとき、ヘッドライトも綺麗にし…

  5. 記事

    道産子必見!北海道でおすすめな自動車学校3選!

    北海道には多くの自動車学校があるので、選ぶ際に迷う方が多いです。自動…

  6. 記事

    福島県で安心してカーポートをつくるならこの業者!

    車を汚れから保護するためにも、快適に車を使用するためにも、カーポート…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車のタイヤにあるスリップサインとは何を表している
  2. 記事

    車のナンバーに欠番があることを知っていますか?欠番と理由を紹介します。
  3. 記事

    車のコーティングで傷は消えるのか?ワックスと効果を比較!
  4. 記事

    サーキットには一般人も気軽に行くべき!その理由を徹底解説!
  5. 記事

    【新潟県】免許更新は免許センターでの手続きがおすすめ!
PAGE TOP