意外と簡単に出来る自宅でのヘッドライトコーティング!

   
 

車を持っている皆さんはしっかりと車のコーティングを行っていますか?ボディのコーティングを行っている方は多いと思いますが、ヘッドライトのコーティングまで行っている方は多くは無いように思えます。ですがヘッドライトのコーティングを怠ってしまうとせっかくの格好良い車が台無しになってしまう可能性があります。

この記事ではヘッドライトが黄ばんでしまう理由、ヘッドライトコーティングをし直すタイミングについて、そしておすすめのヘッドライトコーティング剤について紹介します。是非参考にしてみてください。

ヘッドライトが黄ばんでしまう理由とは

フェラーリ, 車, 赤, ヘッドライト

車を購入した時よりも確実にヘッドライトの汚れが気になり始めている方も多いのではないでしょうか。そもそもどうしてヘッドライトは黄ばんできてしまうのでしょうか。ヘッドライトが黄ばんでしまう理由についてお話します。

昔よりも黄ばみやすいって本当?

昔よりも今のヘッドライトは黄ばみやすいです。なぜならヘッドライトは昔、ガラス製品が主流だったのですが、最近のヘッドライトにはポリカーボネートが良く使われています。ポリカーボネートは熱を加えることによって柔らかくなってしまい、冷えると固まってしまいます。それにガラスよりも紫外線に弱く、傷が付きやすいです。

ヘッドライトの表面には購入した際にあらかじめ特殊なコーティングが施されていますが、長期間紫外線に当たり続けていたり、走行していたりすると次第にコーティングは剥がれてしまいます。それによってヘッドライトは黄ばんしまいます。

洗車

洗車によって汚れや黄ばみ、傷が付いてしまう可能性もあります。洗車している際は自分がまさか傷を付けているなんて考えもしないと思います。ですが知らないうちに汚れを落としたいがためにゴシゴシとヘッドライトを磨いていると、それによって細かい傷が付いてしままう可能性があります。

ヘッドライトのコーティングをし直すタイミングについて

メルセデス ・ ベンツ, 車, ホワイト, 白い車, ヘッドライト, 車両, 交通, 自動車, モータ

皆さんはヘッドライトのコーティングをし直すタイミングについてご存知でしょうか。ヘッドライトのコーティングが剥がれてしまっているのにも関わらず、そのまま放置してしまってはさらにヘッドライトが傷付いてしまいます。

ヘッドライトのコーティングをし直すのであれば約3年というのが1つの目安となってきます。ヘッドライトのコーティングは3年程度で劣化し始め、コーティングが劣化してしまうことによって黄ばみやくすみの原因にもなってしまいます。

ですがこれはあくまで目安です。質の良いヘッドライトコーティング剤を使っていれば4,5年と長持ちすることだって十分あり得ます。そこでおすすめのヘッドライトコーティング剤について紹介します。

おすすめ商品「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」

私がおすすめする商品はCarZoot「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」です。この商品の魅力は下記のようになっています。

  • ヘッドライトの黄ばみやくすみを簡単除去
  • 新車のような透明感
  • プロ仕様
  • クリーナーとコーティング剤がセット
  • 優れた持続力
  • 簡単施工

この商品は通常価格3,680円で購入することが出来ます。プロ仕様の専用クリーナーとコーティング剤がセットになっているので、ヘッドライトの黄ばみやくすみを簡単除去することができ、新車のような透明感を長期間持続させることが可能になっています。

avatar
ライトの性能を維持していくコーティング剤です。

それに分かりやすい写真付きの施工マニュアルも付いているので、自宅で簡単にヘッドライトコーティングを行うことが出来ます。もしこれからヘッドライトコーティングを行おうと考えている方がいましたら、この機会に是非購入を検討してみては如何でしょうか。


おすすめの車の除菌剤は?除菌方法と実際に利用している人の評価前のページ

車のガラスコーティングはDIYできる?次のページ

関連記事

  1. 記事

    車のメッキはデリケートだからクリーナー選びにも気を使おう!正しい手入れ法

    車のメッキは愛車の高級感を出すパーツですが、くすみが生じやすいのも事…

  2. 記事

    サイドアルミモールのコーティングの仕方

    皆さんが乗っている自動車のサイドアルミモールを見てみましょう。どのよ…

  3. 記事

    トラックコーティングを安くやれる奈良のお店を紹介!

    トラックコーティングを奈良でしたい場合は、どこでしてもらえばいいのだ…

  4. デザイナーB

    車で遠くに行くならETCを付けておこう!おすすめのETC車載器3選!

    ETCをつけていると、高速道路などを利用する際非常に便利です。ETC…

  5. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナーは?

    洗車してピカピカになった愛車のボディを眺めていたら、なんだか違和感を…

  6. 未分類

    シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコートが全然ダメだった件

    ヘッドライトの表面が曇って、夜間走りづらいという方はいませんか?その…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    事故車になるとどんな不具合が生じる?事故車の定義も併せて紹介 
  2. 記事

    スーパーカーを超えるハイパーカー!?
  3. 未分類

    おすすめのヘッドライトコーティング
  4. 記事

    テスラのおすすめな車種を動画と併せてご紹介!! 2020年度版
  5. 記事

    スマートガードヘッドライトコートAmazonレビュー
PAGE TOP