25年にはパワートレイン(動力源)はEVのほうが安くなる!日本電産の永守会長の発言が波紋!

   
 

議論になっているのが日本電産の永守会長の発言です。彼の発言によると、25年にはパワートレイン(動力源)はEVのほうが安くなる、とのこと。本当なのでしょうか?

こちらでは、日本電産の永守会長の発言の真意に迫ります。EV車の今後の自動車業界の発展に深く関わる問題でもあるので必見です。

なぜEVのほうが安くなるのか?その理由を確認してみよう

なぜ永守会長はEVのほうが安くなると発言したのでしょうか?そもそも本当なのでしょうか?EV車とこれまでのガソリン車のパワートレーンの違い等にも注目して詳しく解説します。

エンジン車に比べコストが掛りにくいのがEV車

実は通常のエンジン車に比べ、EVのほうが部品点数が少ない事実があります。したがって、各パーツの用意などにかかるコストはだいぶ抑えられると考えられるのです。また部品の製造コストや調達コストもある程度不要になるとされています。

さらにエンジン車のパワートレインと、EV車のパワートレインでは仕組みも異なります。EV車のほうは電気が動力源であるため仕組みも簡略化できます。

今までの車の産業構造は垂直統合とされてきました。しかしEV車になると水平分業が可能になります。つまり各パーツを個別に作って簡単に組み上げるだけで車ができてしまうのです。

実際に日本電産では、車の製造に必要な部品のうち半分程度しか手掛けていません。その他については外注することで調達しているのです。まさに水平分業のメリットを享受しているのです。

EV車の需要が高まる

もちろんコストカットできるのだけが発言の真意ではありません。

EV車は、今後需要が圧倒的に高まると予測されています。通常のガソリンエンジン車は売りにくくなり、EV車は売りやすい環境になるため、一定のコストが掛かったとしてもペイできると考えられるのです。

ちなみに予測ではありますが、2050年には内燃機関の新車はゼロになると予測されています。ほとんどがZEV。つまりはゼロ・エミッション・ビークルになると考えられるのです。もちろんPHVも一部は残ると考えられていますが、HVに関してはほとんどなくなると想定されている点にも注目でしょう。

欧州では電力大手がロビー活動を活発化!政治もEVへ舵を切らざるを得ない

EVの普及に力を入れているのが、欧州の電力各社です。EV車が普及すれば、電力が売りやすくなり電力需要拡大にも繋がります。そこで彼らは積極的にロビー活動を開始し、ドイツに至っては社会民主党が内燃機関禁止を提唱するまでになりました。

今後はさらに、政治的な動きを活発化させることになるでしょう。

日本は世界のEV市場に取り残される?

EV車やPHV車では世界的に遅れを取っていると見られがちな日本ですが、技術面で劣っているわけではありません。普及という観点では欧州に負けていますが、二次電池および燃料電池での技術優位性で勝負できるとされているのです。

ただ欧州の電動化は圧倒的な状況になりつつあります。技術があるからといってあぐらをかき続けていてはいつか取り残されるでしょう。日本電産の永守会長の発言は、そのあたりも意識しているのかも知れません。

ヘッドライトの黄ばみなんてもう見たくない!おすすめクリーナー&コーティング剤をご紹介!

車を運転するに当たり、あまり意識しない部分ではあるかと思いますがヘッドライトの透明感は見た目にも大きな影響を与えます。黄ばんでいたりくすんでいたりすると、古ぼけて見えてしまいます。

ヘッドライトはカーシャンプー程度ではきれいになりません。専用のクリーナーで、定期的にメンテナンスしましょう。

おすすめクリーナーなのが「CarZoot ヘッドライト 黄ばみ くすみ 黄ばみ取り カバー 車 ライト くすみ 汚れ」です。洗浄力の高いクリーナーであり、しかもコーティングまで付属しています。クロスやスポンジも付属しているお買い得商品です。アマゾンで販売されており、価格は3,680円で送料は無料です。

【2020年】アルミ圧延品の出荷が約10%減!車業界への影響をチェック!前のページ

ネットで話題沸騰?軽トラテストってなんのこと?詳しく解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    デンソーがパワーステアリングを新開発!

    運転操作の誤りで起きた死亡事故のうち、一番多い要因はなんだと思います…

  2. 記事

    日産・新型ノートのカスタムカー『オーテック』 2020年度内に発売

    日産のノートはどのような車を知っていますか?日産の世界戦略車…

  3. 記事

    IHIが「カーボンフリー水素」事業の調査を開始!豪州電力会社と協業か?

    株式会社 IHIがオーストラリアにてカーボンフリー水素の製造および販…

  4. 記事

    車のナンバープレートはどうやって決まるの?地名に関する豆知識

    クルマを購入してまず行うのが「自動車登録」。自動車登録の申請…

  5. 記事

    イスラエルの自動車産業やドライブスポットを知っておこう

    イスラエルには、様々なフォトスポットがあるので、レンタカーを利用して…

  6. 記事

    耐久性抜群の生地。ベントレーがツイード生地を設定?

    皆さんは車の内装にこだわりを持っていますか?車を選ぶ時の判断…

新着記事の一覧

  1. 藤枝ってどんなところなの?【22番目】歴史や観光スポットを紹…
  2. 岡部のおすすめの観光スポットとは?【21番目 】岡部を徹底解…
  3. 丸子(鞠子)の魅力を調査!【20番目】ぜひ行きたいおすすめス…
  4. 府中(駿府)の魅力をご紹介!【19番目】おすすめスポットも合…
  5. 【東海道五十七次】十一番目の宿場町「静岡県三島市」三嶋大社の…
  1. 記事

    ”オートバックスガイズ”とは 模範整備士への道
  2. 記事

    サイレンはなってないときや回転灯が回ってない時は捕まらない?事実をまとめて紹介
  3. 記事

    車のドアの取っ手はバータイプが主流?どうしてそうなのか徹底解説します!
  4. デザイナーB

    GMCが生き残りをかけて行っている取り組みとは?車だけにこだわらないやり方!
  5. 記事

    カーポートをDIYしたい人集まれ!これで車を雨風から守れます
PAGE TOP