2021年1月~2月に発売されるマツダの新車はどんな車がある?

   
 

常に革新的で魅力なフォルムの自動車を世に送り出してきたマツダですが、2021年3月期の年間見通しは、売上高2兆8500億円、当期純利益900億円の赤字となる見通しを出しています。

その中で気になる2021年の新車情報はどのようになっているのでしょうか?

新型 MX-30

2021年1月新型MX-30が発売されます。

マツダで初めての量産型の電気自動車SUVモデルで「e-SKYACTIV」が搭載されています。

同社のマツダ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」をテーマに、「Car as Art」として芸術的な要素が加わりました。

大変美しいフォルムとこだわりの高い開発をベースにしつつ、将来の価値観の変化や、これからのライフスタイルを意識した車となっています。

その1つが次世代車両構造技術である「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」で、後部ドアはRX-8を彷彿させるフリースタイルドアが採用され、安全システム「i-ACTIVSENSE」も取り入れられています。

e-SKYACTIV

また、「人馬一体による走る歓び」をコンセプトに新たに電動化技術「e-SKYACTIV(イー・スカイアクティブ)」が採用されています。

これに加え、2.0L直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」にマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」がセットになった組み合わせた「e-SKYACTIV G」が搭載されています。

新型 CX-30

1月には新型 CX-30も発売されます。

「e-SKYACTIV X」「SKYACTIV-D 1.8」の改良モデルを搭載しており、「e-SKYACTIV X」マイルドハイブリッドを組み合わせたモデルがラインナップされています。

「SPCCI」の燃焼制御をベストな最適化を施し、全てのエンジン回転域でトルクと出力が向上しています。

最高出力は現行の132kW(180PS)から140kW(190PS)にアップし、最大トルクは 224N・mから240N・mと高まります。

高応答エアサプライの過給を細かくコントロールしながら、スピーディーなアクセル操作で素早く過給することで応答性もアップさせています。

安全・安心の装備

安全装備面では、追従走行機能とステアリングアシスト機能が投入され、高速道路などでの渋滞時における運転負荷を軽減させるCTSの作動上限車速を約55km/hから高速域まで引き上げています。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)の加減速制御を、より人の操作性に合わせて滑らかに作用するように変更されています。

2021年以降、他にも多くの新車リリース

この他にも、2021年以降には、他にも次のような新車リリースが予定されてます。

新型 CX-5/CX-50

クロスオーバーSUVで知名度の高い「CX-5」が、2021年~2022年初めに次期モデルの発表されるのではないかと見られています。

現行モデルは2017年から発売されていますが、”魂動”のデザインを進化させたエクステリアで都会的なSUVとしての地位を確立させました。

ただ、「CX-5」のフルモデルチェンジという位置付けではなく、「CX-50」というネーミングでの後継車種となる可能性もあります。

新型 マツダ2

2019年7月にマイナーチェンジされたデミオが世界統一車名の「マツダ2」に車名変更されていましたが、フルモデルチェンジの時期が噂されています。

フルモデルチェンジ時期は2021年と見られていますが、2022年になる可能性もあるものの、さらに進化した鼓動デザインや、スカイアクティブのガソリンとディーゼルに加えて、マイルドハイブリッドやMX-30で採用されているEVなどのパワーユニットも採用される可能性も高くなっています。

CarZoot レザークリーナー

CarZoot レザークリーナーは、プロが実際の店舗で使っているレザーシート専用のクリーナーです。

このクリーナーは、微発砲成分が配合されており、革の奥に染み込んでしまった頑固な汚れや細かな汚れも、革にダメージを与えずに、しっかりと徹底的に除去することができます。

市販製品と比較すると、厳しい 汚れを確実に落とす力を持ちながら、革シートを痛めることがない点が特徴です。

このクリーナーで長年悩んでいたシートのシミをさっぴりと無くすことができます。

スバルの2021年に置ける新車発売が予定されるの?1月~2月での新車発売は?前のページ

いま熱い中古車市場!福島でチョイスすべきショップは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    トヨタ、スバルなどの自動車メーカーが訴訟より撤退!どんな意味があるのか?

    今回日本のトヨタ自動車やスバルなどのメーカーは前トランプ大統領への提…

  2. 記事

    テレマティクスのパイオニアが開発したOTAを使った遠隔操作

    遠隔操作で自動車の性能向上を図るOver The Air 。従来は販…

  3. 記事

    【ジブリ作品が好きな人必見!】『ホーホケキョ となりの山田くん』に因んだおすすめカーグッズをご紹介致…

     ジブリの作品、『ホーホケキョ となりの山田くん』をご覧になったこと…

  4. 記事

    石川県でおすすめ!青い海を見ながらカフェデート

    石川県と言えば、日本海に飛び出した能登半島が有名な県ですね。日本海側…

  5. 記事

    新潟県では清津峡 ・矢島・経島 が観光におすすめ!インスタ映えする写真を撮影しよう!

    新潟県でインスタ映えする写真を撮影したいのであれば、清津峡 ・矢島・…

新着記事の一覧

  1. 【54番目】伏見(ふしみ)の歴史や見どころを紹介!
  2. DS4 が3年ぶりに復活、新型は電動モデルを設定 欧州発表
  3. カーオーディオの疑問 サブウーファーが再生する音ってどんな音…
  4. 【Jeepブランド】グランドチェロキー新型が 今春米国発売へ…
  5. 【2021年プログラム発表】メルセデスAMGドライビングアカ…
  1. 記事

    虫が集まりやすい色はあるのか?虫が集まりやすい色を徹底解説!
  2. 記事

    日産自動車の乗合型移送サービスとは!?実証実験の詳細を発表!
  3. 記事

    大型建設の時にはパイルドライバーが必須!特徴を徹底紹介します!
  4. 記事

    高速周遊パス宿泊セットで、Go Toトラベル対象へ!さらに2輪プランもOKに!!…
  5. 記事

    車をカスタマイズするのに、おすすめの雑誌をご紹介!
PAGE TOP