Keeperラボのヘッドライトコーティングについて調べてみた

   
 

皆さんは車のヘッドライトのお手入れとかしていますか?洗車の時に洗う程度に方が多いのではないでしょうか?実はヘッドライトのお手入れはとても大切な事なのです。

車は好きで大切にしてるつもりでも、ヘッドライトまでしっかりとコーティングしてる方は少ないのではないでしょうか?

ではヘッドライトをコーティングする理由って何?注意するべき点まで紹介していきたいと思います。

ヘッドライトを綺麗に保護する方法と理由

ヘッドライトの黄ばみを保護する理由は2つあります。

①見た目が古く見える

②車検が通らない

見た目が古くみえるだけで年式異常に古く見えてしまうのです。ヘッドライトは車の目です。しっjかりとコーティングして綺麗にしておく事をオススメします。オススメ商品は後ほど紹介します。

車検が通らないのは光量が不足している事により車検が通らないなんて事になると、困りませんか?そうならない為にもヘッドライトは保護予防、綺麗にコーティングする必要があるのです。

ヘッドライトの保護方法

コーティングで保護する

①黄ばみや、曇りを防ぐ者を選ぶ

へッドライトが黄ばむ原因を知り、その原因を取り除くことができるコーティング剤を選べばいいのです。

②剥がれ落ちないコーティング剤を選ぶ

ヘッドライトのコーティング剤には、簡単に剥がれ落ちることがないものを選ぶ必要があると言えます。

③耐久性の長いコーティング剤を選ぶ

耐久性の短いコーティング剤を使っていれば、黄ばみを落とすために何度も研磨することになるため、自ら黄ばみの原因を作り出すことになってしまうのです。ヘッドライトのコーティング剤には、一度の施工で長い耐久性を発揮するものを選ぶ必要があると言えます。

ガラスコーティングで保護する

①剥がれ落ちない

ガラスコーティングは他のコーティング剤とは違い、雨で剥がれ落ちることはありませんし、強力なカーシャンプーにも負けません。ガラスコーティングを剥がそうとすれば、ポリッシャーで削り落とすしか方法はないほどなのです。

②耐久性が長い

耐久性についても正しく施工すれば3年は持つと言われています。市販の簡易的なコーティングは長くても3ヶ月、早ければ1週間も持たないものがあることを考えれば、耐久性の高さには雲泥の差があります。

ヘッドライトコーティングは新車には不要

ヘッドライトのコーティングを考えている方の中には、新車購入時にボディと一緒に施工した方がいいのかと迷われているかもしれません。以前に乗っていた車のヘッドライトが黄ばんで悩まされていたからだと思います。新車にはハードコート塗料によるコーティングがされているからです。

これが紫外線を浴びて経年劣化することが原因ですので、黄ばみや曇りがみられるようになってから、ガラスコーティングを検討していただければいいでしょう。

経年劣化を防ぐ方法

①青空駐車を避ける

②車庫やガレージを利用する

③こまめに洗車をする

④ボディ用のコーティング剤やワックスを使用しない

ヘッドライトにガラスコーティングする際の注意点

①完全無機質のガラスコーティング剤を選ぶ

本物のガラスコーティングとは、「完全無機質」のものです。これでなければ、黄ばみを防ぐ効果は得られません。ヘッドライトには「完全無機質」の本物のガラスコーティングを選ぶようにしましょう。

②DIYと専門業者では仕上がりに大きな差が出る

下地処理無くして満足なコーティングはあり得ません。さらに、下地処理はただやればいいというものではありません。その精度がコーティングの効果を左右してしまうのです。コーティングの施工方法にはDIYもしくは業者に依頼する2つの方法がありますが、言うまでもなく業者の方が高いレベルの下地処理ができます。特にヘッドライトの場合には高レベルな研磨技術が必要です。下手に磨いてしまうと真っ白に曇ってしまうこともありますし、ヒビが入ったり割れてしまうこともあるからです。

③業者に頼むと料金が高くなるデメリット

専門業者に施工を頼むと料金が高くなるのではないかと心配されると思います。確かに、一般的にはその通りで割高に感じると思います。具体的な料金に関しては各業者によっても異なってきますが、およそ1万円程度からだと考えていただけるといいでしょう。

一般的な対処方法も記述しましたが除菌脱臭に最もおすすめな商品を最後に紹介しますので是非参考にしてみてください。

注目の商品:【CarZootプロ仕様】アルミモールクリーナーコーティング

私が注目している商品は 【CarZootプロ仕様】アルミモールクリーナーコーティングです。

この商品の魅力は下記のようになっています。

・メアルミモール/ドアモールのくすみや黄ばみを簡単に除去できるアルミモール専用のコンパウンド クリーナーと、美しい状態を維持するアルミモールコーティング剤がセットになっているのでいつまでも綺麗な状態が続きます。

・他社製品と比べ、圧倒的な洗浄力とコーティングまで施工できるところが選ばれる理由です

・従来のアルミモール専用の コンパウンド クリーナーとは異なり汚れや錆、黄ばみを落として終わりではなく、さらに汚れにくくするためのアルミモール専用コーティングまで施工できます。

・アルミモールを美しくするアルミモール専用の コンパウンド クリーナーとアルミモール専用コーティング剤がセットになった初めての製品

・CarZootブランドの製品はプロが実際に店舗で使用している完全プロ仕様の商品だから安心してご使用いただけます。品質にこだわる日本クオリティ 国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております。

この商品はプライム会員限定価格は¥3,120 で購入が出来ます。車内徹底消臭除菌剤でここまでの低価格を実現しているのはCarZootだけと言っても過言ではありません。この機会に是非購入を検討してみては如何でしょうか?是非今回紹介させて頂いた内容を参考にしてみてください。

おすすめの車内消臭剤とは?車内で適切な使い方を紹介!前のページ

【電気自動車を購入する人必見!】EVを買う前に知っておきたい15の情報次のページ

関連記事

  1. 記事

    ドライブを楽しもう車内でできるカラオケセット 

    ドライブを楽しもう!車内でできるカラオケセット &nbs…

  2. 記事

    埼玉県で車のガラスコーティングをするなら?おすすめの業者3選!

    皆さんはしっかりと車のガラスコーティングを行っていますでしょうか。車…

  3. 記事

    安い駐車場を3つ厳選!~京都府左京区編~

    京都市の左京区は、京都市の東北部に位置し、南北に長い形をして…

  4. 未分類

    目で見てわかる、乗ってみてわかる、良いホイールコーティング剤の特徴

    皆さんが所有している自動車には様々なホイールコーティング剤があり、ど…

  5. 記事

    車のバッテリーの選び方のポイントは?規格やサイズなど解説!

    楽しいドライブの途中。エンジンを掛けようと思っても可からなくなる。そ…

  6. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーは?

    あなたの愛車のヘッドライトは白く濁っていませんか?さらに…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    【知ってた?】YouTubeマツダチャンネルのおすすめって何?
  2. 記事

    オートパーツの館の特徴と商品
  3. 記事

    海外旅行好きに必見!自宅にいながら「アートin香港」で香港を楽しもう
  4. 記事

    空冷式エンジンと水冷式エンジンの違い
  5. 記事

    【5121藤倉コンポジット】工業用ゴムのパイオニア2020年決算報告
PAGE TOP