ヘッドライトの明るさのケルビンとは?

   
 

ヘッドライトの事を評する単位として「ケルビン」というものがあります。今回はこの、ケルビンというものは一体何なのか?そして、その視認性の高いケルビンの特性を、長期間活かすためにはどんなケアが必要なのか?を具体的に見ていこうと思います。

ケルビンとは「色温度」の単位の事

まず、最初に「ケルビンとは何?」という話からしていきます。ケルビンと言うのは「色温度」のことです。色の温度。ガスの炎は根元の「熱が弱い部分」のほうが赤く見え、逆に先の方の「熱が強い部分」は青く見えます。

この温度の違いを数字で表した物が「ケルビン」になります。ケルビンが高いヘッドライト(バルブ)の方がより青く光り、ケルビンが低いヘッドライト(バルブ)の方が黄色く光ります。ただし、このケルビンは「高ければ高いほどいいのか?」と言われると、そうでは無いのが本当です。

4000K~6000Kの色温度のヘッドライトが標準

 国産車の殆どの車種は、4000K~6000Kの色温度のバルブが装着してあります。つまり、その範囲の色温度のバルブが一番視野を広く保てると考えられているからです。 実は、ケルビンの値が高くなればなるほど、「見た目が青くて美しい」のですが、視認性は下がっていきます。

 中には10000Kの色温度のバルブを付けられている方もいらっしゃいますが、夜間の運転時には、かなり近くの場所しか見えにくいのです。逆に、4000Kくらいの色温度の低いバルブを付けると、今度は視野は広がりますが、見た目が「黄色い光」になってしまい、美しくありません。

そのため、見た目の美しさと、視野の広さの両方を考慮した4000K~6000Kの色温度のバルブが使われることが多いのです。車検の際にはこの明るさのバルブが推奨されています。

ヘッドライトの視認性を保つためにはコーティングは欠かせない

また、そのヘッドライトの明るさや視野の広さ、あるいは見た目の美しさを維持するためには、「ヘッドライトの表面のコーティング」は絶対にかかせません。どんなに、色温度が高く綺麗なバルブを付けていても、ヘッドライト自体が汚れているときれいには見えないでしょう。

さらには、ただでさえ視野の狭い状態のバルブですから、ヘッドライトが汚れることによって、さらに視野が狭くなってしまう恐れがあります。あるいは、適正な色温度のバルブを付けていても、ヘッドライト自体が汚れることによって、夜間の運転で正しい判断が出来ずに、重大な事故につながる恐れもあるでしょう。では、どんなヘッドライトコーティング剤を使ってコーティングすればいいのでしょうか?

おすすめのヘッドライトコーティング剤はヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』

今回私がおすすめするヘッドライトコーティング剤はCarZoot社のヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』です。専門の業者にコーティングを依頼するよりも、よりリーズナブルにコーティングが可能です。

製品の特長としては以下のような感じ。

  • コーティング初心者でも扱いやすい内容
  • コーティングに必要なやすりやコンパウンド材まで、全てワンパッケージになっているので、届いたその日からすぐに施工に取り掛かれる
  • 通常業者にヘッドライトのコーティングをお願いすると、数万円以上はかかる費用が、なんと3680円で簡単にできるリーズナブルさ
  • 仕上がりは誰がやってもプロのような仕上がりのコーティングになる

この『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』を適切に使う事によって、あなたの愛車のヘッドライトの美しさも維持できますし、夜間の運転の視野をより広く保つことにも役立つのです。しかも、安くてプロ並みの仕上がりになるのですから、今すぐに買って、ご自宅でコーティングをされることがおすすめです!

avatar
クリアな視界を保つためにコーティング剤は欠かせない!

おすすめの商品できれいにしよう!

おすすめの車内消臭剤とは?車内で適切な使い方を紹介!前のページ

【電気自動車を購入する人必見!】EVを買う前に知っておきたい15の情報次のページ

関連記事

  1. 未分類

    手入れが簡単なヘッドライトコーティング3選

    ヘッドライトの黄ばみ気になりませんか。ヘッドライトは車のフロント部分…

  2. 記事

    湘南の海沿いを走ろう神奈川県でおすすめの自動車学校3選!

    自動車学校なんてどこも同じなの?そんな疑問を持ってい…

  3. 未分類

    【韓国】高陽市でおすすめの観光名所と車を運転する時に注意すべきこと

    コロナが収まったら韓国旅行に出かけたいという方も多いと思います。韓国…

  4. 記事

    高齢者マークは何歳から?明確な基準を紹介!

    高齢者になると紅葉マーク(高齢者マーク)を付けないといけないことは知…

  5. 記事

    トラックを駐められる太田区の駐車場をまとめて紹介!

    トラックドライバーにとって、常に付きまとうのが「トラックを停めさせて…

  6. 未分類

    QUIXX(クイックス) ヘッドライト用レストアキットが全然ダメだった件

    やっと念願の愛車を手に入れたときは、特殊なコーティングをしたり定期的…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    日産「NV150AD」の車名を変更、「AD」の名称が5年ぶりに復活
  2. 記事

    競馬ファンに知って欲しい函館競馬場周辺の駐車場を紹介!
  3. 記事

    創作駄菓子メシってどんな味?コロナ禍車で寄れるオススメの駄菓子屋を紹介! ~In…
  4. 記事

    町工場からチェーン店まである岩手県の自動車修理店
  5. 記事

    【沖縄県の板金屋】丁寧に対応してくれるおすすめ店舗をご紹介
PAGE TOP