対向車のライトが眩しすぎる!フロントガラスの油膜が原因かも!

   
 

毎日車に乗っていても、気が付きにくいのですが、夜間の走行時に対向車のヘッドライトが、眩しすぎる時ってありませんか?それってもしかすると、フロントガラスにこびり付いた油膜が原因かもしれません。油膜って何?そんな方も多いでしょう。そこで、危険も伴うフロントガラスの油膜について説明していきましょう。

油膜って何?

油膜と言う言葉を初めて聞く方もいるでしょう。漢字から何となく想像できるかもしれませんが、簡単に言えば漢字の通り”あぶらの膜”です。フロントガラスに油と言ってもピンときませんが、どこからこの油はくるのでしょうか。実は、この油膜の油は、シリコンと言われています。

最近、日常生活でもよく耳にする”シリコン”ですが、そのシリコンがフロントガラスの油膜の成分と考えられています。このシリコンの主成分は脂分、つまり、脂と言うわけです。この脂分であるシリコンが、膜を張った状態を油膜と言います。

油膜の原因

油膜がシリコンであることは、なんとなくわかりましたが、どうしてシリコンが発生するのでしょうか?ほとんどの方が原因不明と考えそうですが、非常に簡単な理由があります。その理由について紹介していきましょう。

車のお手入れカーワックス

車のお手入れと言えば、カーワックスもその1つです。汚れや傷から車の表面を守ってくれ撥水性もあり、日本人には人気の車ケアアイテムです。しかし、時にはそのカーワックスによるケアが、フロントガラスなどの油膜の原因になります。実は、車のボディや天井部分にカーワックスをされる方は多いのですが、このワックスが徐々に雨や暑さなどによって流れフロントガラスに蓄積します。その結果、油膜となるのです。

このカーワックスにも、種類があります。特に使いやすく手に入りやすい液体ワックスには、シリコンポリマーが主成分のものが多く、雨などに少しずつ流れてしまいます。その他にも、半ねりワックス(液体と固形の中間)にも、シリコンポリマーやフッ素樹脂などを使ったワックスがあり同じように油膜の原因になります。

ワックスの中には、高級なカルナバ蝋(植物性蝋)もあります。こちらは、基本的に融点が非常に高く、硬めのワックスなので流れにくいと言えるかもしれません。そのため、ワックスと言っても種類や特徴があり、必ずしもワックスだけが原因と言うわけではありません。

車内は手脂

実は、油膜はフロントガラスの外側だけと言うわけではありません。車内のフロントガラスやサイドガラスも油膜ができます。その主な原因は、手脂です。思い当たる節もあるかもしれません。フロントガラスは、何か物を取るときなどに触ってしまうことがあります。また、サイドガラスは気がつけば子供の手形がいっぱいと言う事もあります。これも立派な油膜の原因です。

いいニオイが原因

実は車内・車外のガラスに共通した油膜の原因が外気です。街中には、様々ないいニオイが漂っています。例えば、スーパーの近くからはお惣菜の唐揚げなどのニオイがしたり、焼き肉店からは、当然お肉の焼けるいいニオイが漂っています。このニオイ、実は油・脂をたっぷり含んでいます。車の窓を開けてる場合には、車内にこの脂がニオイと共に入ってきます。また、焼き肉を食べに行って駐車場に車を止めれば、場所によって油・脂がたっぷり含まれた外気がフロントガラスに付着し油膜になることもあるのです。

油膜の危険

油膜は知らず知らずのうちに、危険な状態を引き起こすことがあります。ワイパーがあるから大丈夫なんて思っていませんか。実は、ワイパーがあっても油膜がとれにくく、フロントガラスの視界に影響を与えています。どんな影響があるか説明していきましょう。

夜間走行時の危険

昼間の運転では、全く気が付かなかった油膜の存在ですが、夜間の走行時に対向車のヘッドライトが非常に眩しく感じたことはありませんか。それって、まさしく油膜かもしれません。また、街中のスポットライトやネオンにも同じように、いつも以上に眩しく感じることがあります。これは、油膜によって乱反射が生じているものと考えられます。

また、雨の日に対向車のヘッドライトに反射し、フロントガラスが白く光りホワイトアウトしてしまう事もあります。光が目に入ることで、気が散ったり視界が邪魔されて運転に影響を及ぼすことが考えられます。もちろん、全て起こるわけではありませんが、その可能性は、油膜が酷くなればなるほど高くなるのです。

豪雨時の危険

雨天時の水をはじく機能性が、油膜で失われてしまうと当然危険が伴います。その中でも、通常の雨ではなく、豪雨のような予期せぬ大量の雨の場合には、ワイパーも役に立たず、水もはじかない状態で”視界ゼロ”なんて怖い状態になってしまうことがあります。近年、様々な地域や場所で豪雨が突然発生することが多発しています。その事を考えると、他人事ではありません。

油膜による危険を回避する

油膜の危険性など説明しましたが、そんな危険を回避するためにおすすめなのが、油膜を除去してくれるガラスクリーナーです。日ごろからフロントガラスのケアにおすすめです。油膜や水垢・ウロコなどフロントガラスの視界の邪魔をする汚れを除去し、コーティングしてくれるおすすめのガラスクリーナーを紹介しておきましょう。

おすすめガラスクリーナー

【CarZootプロ仕様】油膜 ウロコ 水アカ 除去 ウィンドウケア ガラスクリーナーです。こちらはプロ仕様と言うだけあって、実際に実店舗で使用されているガラスクリーナーです。しっかりフロントガラスの汚れを除去し、次のコーティング剤を施工しやすくしてくれます。このコーティングは、抜群の撥水性で視界も安定させてくれます。これでかなり危険回避出来るはずです。また、安心で信頼の日本製となっています。

簡単ガラスクリーナー施工方法

【CarZootプロ仕様】油膜 ウロコ 水アカ 除去 ウィンドウケア ガラスクリーナーの施工方法です。施工方法は、いたって簡単な作業になりますので、どなたでも取扱いできる内容になっています。そのため、初心者でも安心してお試しいただけます。

まとめ

車を運転するときに、視界がきれいなのは気持ちが良いものです。しかし、気持ちよく運転するためだけではなく、自分自身そして家族のためにも安全性は最重要課題です。そのためにも、フロントガラスの油膜などの汚れに注意する必要があります。簡単にDIYでガラスクリーナーやコーティングも施すことが出来ますので、ぜひとも、この機会に簡単予防策も試してみて下さい。

avatar
フロントガラスの油膜には耐久年数の長いコーティング剤がおすすめだよ!

DIYでやってみよう!

おすすめの車の除菌消臭剤はこちら!前のページ

BMWのアルミモールの磨き方次のページ

関連記事

  1. 記事

    セリアで買える車用品を厳選してご紹介!便利でお得なグッズなど

    あなたにはお気に入りの100円均一ショップがあるでしょうか?今回は私…

  2. 未分類

    ホイールの劣化を防ぐには?

    車体の傷やタイヤの溝を気に掛けるドライバーの方は多いかと思いますが、…

  3. 未分類

    オートサロンで注目されたホイールコーティング剤3選!

    ホイールは汚れやすいので、ホイールコーティングをするのがおすすめです…

  4. 記事

    車好きな女性に贈りたい!おしゃれでかわいいカー用品5選!

    大好きな彼女へのプレゼント選びに悩まれていませんか?異性へのプレゼン…

  5. 記事

    芸能人も多く乗っているランボルギーニのおすすめな車種を徹底解説!! 2020年度版

    車好きが必ず1度は憧れるであろうスポーツカー、「ランボルギーニ」。今…

  6. 記事

    香川県でおすすめのカーポート業者やお店はこちら!

    四国の豊かな自然あふれる県、香川県。都市部にはバスなどの公共交通機関…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    三重県でタイヤ購入交換がお得にできるお店を紹介!
  2. 記事

    長野県でSNS映えを狙おう!おすすめスポットはこちら!
  3. 記事

    ソケット分配器は便利!選び方やおすすめの商品を紹介
  4. 記事

    ドライブスルー洗車を安くする2つのコツ!ドライブスルー洗車っていくらぐらいするの…
  5. 記事

    【自粛中におすすめの映画】ファーストラン~風を抱きしめて~ネタバレ注意
PAGE TOP