欧州車のアルミモールの磨き方

   
 

アルミモールとは上の画像のようなもので、特に欧州車に多く、車を縁取るように銀色のモールが敷いてあります。ちなみに欧州車とはベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンなどのドイツ車をはじめ、プジョー、ルノーなどのフランス車なども含める、みなさんが一度は聞いたことがあるであろうヨーロッパ系の車です。

このような車は日本では珍しく、又、欧州車においては、アルミモールがあることにより高級感を感じさせてくれます。しかし、その高級感を感じさせる一部分でもある「アルミモール」が白サビだらけであったり、汚れがついていたり、曇っていたりしたらどのように感じるでしょう。きっと「手入れが行き届いていない」、「古臭い」などのマイナスイメージを持ってしまうことでしょう。

今回は、その車の印象を大きく変化させる「アルミモール」に美しい光沢を出し、車に高級感を出させる方法を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

そもそもなぜアルミモールは汚れるのか

車というものは常に外にあるわけですから、「泥」や、雨などによってできる「水垢」などで汚れてきてしまうのは当たり前です。しかし、そのような汚れというのは洗車など、業者に頼んでも、個人でやったとしても簡単にキレイにすることができます。

しかし、アルミモールというのは汚れるといっても、もちろん泥などで汚れることはありますが、多くの場合は「白サビ」や「黄ばみ」などで汚れてしまいます。そのようになってしまうと、ただ洗ったりスポンジでゴシゴシしたりするだけでは、なかなかキレイにはなりません。

アルミモールをピカピカにするには

ということで、今回のテーマである「アルミモールの磨き方」について説明していきます。

やはり、「専門の道具を使って磨く」という方法しかありません。強いて挙げるなら、専門業者にしてもらうことが出来ますが、かなり高額になります。つまり、個人ですると言うことをおすすめします。

では、実際に個人でする手順です。

①マスキングテープで養生する

まず、アルミモールの周り (ボディ) にマスキングテープを貼って、養生していきます。この作業は必ず行ってください。ヤスリでアルミモールを削って白サビを落とすので、万が一、マスキングテープを貼らずに手が滑った場合、ボディも削れてしまいます。

②クリーナーなどを使って、専用スポンジを使って研磨していく

多くの場合、番手の違う様々なやすりを使って、白サビを徐々に削っていきます。やすりがない場合、専用のクリーナーを用いて、専用スポンジなどで擦っていきます。この時、普通の一般家庭の皿洗いスポンジなどで擦っても全く効果はないので専用のものを用意してください。

③コート剤を散布して美しい状態を保つ

今回の作業の中で、かなり大切な部分になります。アルミモールは磨いた後、コーティングの作業をしないと、早くて3カ月~半年ほどで徐々に、白サビが出てきて、アルミモールを侵食し始めます。コーティングをしておくことで1年~3年程、長期に渡りアルミモールを白カビなどの汚れから守ってくれます。

アルミモールをキレイにするならこれがおすすめ

ここまで、アルミモールを磨いて、そしてさらにその状態をキープする方法を紹介してきました。みなさんもお分かりのとおり、アルミモールを磨き、そしてその光沢のあるような状態を長続きさせるためには、まず白サビをなどの汚れを落とす「クリーナー」、その時に使う「スポンジ、クロス」、そして、その状態を長続きさせる「コーティング剤」が必要です。しかし、このような場合別々で売っていたり、初心者では分かりにくいという心配があります。そんな時には、このような商品がおすすめです。

 【CarZootプロ仕様】 アルミモール クリーナー コーティング

◆オールインワンキット

本製品だけで、プロ仕様のくすみ除去からコーティングまでトータルに施工できます。

◆新車のような輝きに戻す

アルミモール専用クリーナー(専用研磨剤)でアルミモールが新車のような輝きに

◆優れた持続力

アルミモール専用コーティング剤でアルミモールを長期間美しい輝きをキープできます。

◆施工マニュアル

製品には分かりやすい施工マニュアルが付属されております。施工マニュアルに従って施工ください。

◆実店舗のメニューにも採用

実店舗のメニューとして採用されているプロ仕様のアルミモールクリーナーです

◆品質にこだわる日本クオリティ

国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております。CarZootブランドの製品はプロが実際に店舗で使用している完全プロ仕様の商品だから安心してご使用いただけます

是非、今回の記事を参考にアルミモールクリーナーの購入を検討してみてください。

フロントガラスに油膜がつく理由は?油膜の除去方法もご紹介!前のページ

カーメイト 車用 ヘッドライトクリーナー & コーティング プレミアムコートについて調べてみた次のページ

関連記事

  1. 未分類

    なぜアウディオーナーはCarZootアルミモールコーティング剤を施工するのか?

    欧州車のうち、特にアウディに乗っている方は、ウィンドウ周りのアルミモ…

  2. 記事

    ピカピカレインのガラスコーティング剤をホイールに塗ったら全く効果が無かった件について

    車は乗っているうちに次第に劣化していくもので、購入したときよりも確実…

  3. 記事

    車事故の壊した物の値段はどのくらい?修理費用について解説!

    不注意でガードレールや標識、信号などを壊した場合、どのくらいの修理費…

  4. 記事

    山形県で安心のカーポート設置!おすすめ業者を紹介!

    カーポートをつくりたいけれど、どこに依頼すれば良いか分からないという…

  5. 未分類

    おすすめのヘッドライトコーティング剤は?

    あなたのお車のヘッドライトは黄ばんでいたり、白く濁ってい…

  6. 未分類

    F1でも使われている?簡単に使えるプロ仕様のホイールコーティング剤

    コーティング材にはホイール専用のコーティング材があり、種類も多いので…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    【お車所有者必見!】山梨県下でのカーポート業者おすすめ3店の紹介
  2. 記事

    トミーカイラといえば幻のスポーツカー「トミーカイラZZ」!トミーカイラの車種と歴…
  3. 未分類

    おすすめのヘッドライトコーティングを紹介!
  4. 記事

    【車お持ちの方!】石川県のおすすめカーポート業者3店と素材のポイント
  5. 記事

    いつのものかわかんないガソリン見つけちゃった!正しい対処法を紹介!
PAGE TOP