アルミモールの光沢を出す方法

   
 

みなさんは、自分の車など、「見た目」を意識していますか? 車は常に外にあるわけですから、日が経てば汚れてくるなど、車の見た目を大きく変化させてしまします。今回は、その見た目に大きく関わってくる「アルミモール」においての光沢の出し方について紹介していきます。

アルミモールとは

アルミモールとは上の画像のようなもので、特に欧州車に多く、車を縁取るように銀色のモールが敷いてあります。ちなみに欧州車とはベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンなどのドイツ車をはじめ、プジョー、ルノーなどのフランス車なども含める、みなさんが一度は聞いたことがあるであろうヨーロッパ系の車です。

このような車は日本では珍しく、又、欧州車においては、アルミモールがあることにより高級感を感じさせてくれます。しかし、その高級感を感じさせる一部分でもある「アルミモール」が白サビだらけであったり、汚れがついていたり、曇っていたりしたらどのように感じるでしょう。きっと「手入れが行き届いていない」、「古臭い」などのマイナスイメージを持ってしまうことでしょう。

今回は、その車の印象を大きく変化させる「アルミモール」に美しい光沢を出し、車に高級感を出させる方法を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

そもそもなぜアルミモールは汚れるのか

車は常に外にあるわけですから、「泥」や、雨などによってできる「水垢」などで汚れてきてしまうのは当たり前です。しかし、そのような汚れというのは洗車など、業者に頼んでも、個人でやったとしても簡単にキレイにすることができます。

しかし、アルミモールというのは汚れるといっても、もちろん泥などで汚れることはありますが、多くの場合は「白サビ」や「黄ばみ」などで汚れてしまいます。そのようになってしまうと、ただ洗ったりスポンジでゴシゴシしたりするだけでは、なかなかキレイにはなりません。

アルミモールをピカピカにするには

やはり、「専門の道具を使って磨く」という方法しかありません。

強いて挙げるなら、専門業者にしてもらうことが出来ますが、かなり高額になります。つまり、個人ですると言うことをおすすめします。

では、実際に個人でする手順です。

①マスキングテープで養生する

まず、アルミモールの周り (ボディ) にマスキングテープを貼って、養生していきます。この作業は必ず行ってください。ヤスリでアルミモールを削って白サビを落とすので、万が一、マスキングテープを貼らずに手が滑った場合、ボディも削れてしまいます。

②クリーナーなどを使って、専用スポンジを使って研磨していく

多くの場合、番手の違う様々なやすりを使って、白サビを徐々に削っていきます。やすりがない場合、専用のクリーナーを用いて、専用スポンジなどで擦っていきます。この時、普通の一般家庭の皿洗いスポンジなどで擦っても全く効果はないので専用のものを用意してください。

③コート剤を散布して美しい状態を保つ

今回の作業の中で、かなり大切な部分になります。アルミモールは磨いた後、コーティングの作業をしないと、早くて3カ月~半年ほどで徐々に、白サビが出てきて、アルミモールを侵食し始めます。コーティングをしておくことで1年~3年程、長期に渡りアルミモールを白カビなどの汚れから守ってくれます。

アルミモールをキレイにするならこれがおすすめ

ここまで、アルミモールに光沢を出し、そしてその状態をキープする方法を紹介してきました。みなさんもお分かりのとおり、アルミモールをキレイにして、そしてそのキレイな状態を長続きさせるためには、まず白サビをなどの汚れを落とす「クリーナー」、その時に使う「スポンジ、クロス」、そして、その状態を長続きさせる「コーティング剤」が必要です。しかし、このような場合別々で売っていたり、初心者では分かりにくいという心配があります。そんな時には、このような商品がおすすめです。

【CarZootプロ仕様】 アルミモール クリーナー コーティング【アルミモール/ ドアモール の 白サビ を落としてコーティングの力で再劣化防止】欧州車

この商品は

◆オールインワンキット

本製品だけで、プロ仕様のくすみ除去からコーティングまでトータルに施工できます。

◆新車のような輝きに戻す

アルミモール専用クリーナー(専用研磨剤)でアルミモールが新車のような輝きに

◆優れた持続力

アルミモール専用コーティング剤でアルミモールを長期間美しい輝きをキープできます。

◆施工マニュアル

製品には分かりやすい施工マニュアルが付属されております。施工マニュアルに従って施工ください。

◆実店舗のメニューにも採用

実店舗のメニューとして採用されているプロ仕様のアルミモールクリーナーです

◆品質にこだわる日本クオリティ

国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております。CarZootブランドの製品はプロが実際に店舗で使用している完全プロ仕様の商品だから安心してご使用いただけます。

QUIXX(クイックス)ヘッドライト用レストアキット ヘッドライトレンズポリッシュのAmazon悪いレビューまとめ!ヘッドライトコーティングの必要性について前のページ

車内の臭いが気になる方におすすめの車内消臭剤次のページ

関連記事

  1. 記事

    ケンタッキーが支払いにETCを導入?その仕組みを解説!

    「フライドチキンといえば?」ケンタッキーと誰でも答えが出てくるほどの…

  2. 記事

    車のエアコンは渋滞時に注意が必要!改善ポイントなど解説!

    車のバッテリーが上がるトラブルは寒い季節に増えるイメージがありますが…

  3. 未分類

    意外と高額!アメ車のヘッドライトユニット交換〜交換ではなくクリーニングがおすすめ〜

    ヘッドライトは紫外線などの影響で次第に黄ばんでしまいます。黄ばみがひ…

  4. 未分類

    タバコの嫌な臭いにおすすめの車内消臭剤

    車内の臭いが気になり、悩む方が多くいます。車内は狭い空間なので、嫌な…

  5. 記事

    車のバッテリーランプがついた時の対処法と原因を徹底解説!

    車のダッシュボードにある警告灯の一つ、バッテリーランプが点灯したとき…

  6. 未分類

    ホイール専用コーティング剤は必要?

    車のコーティングというと、ボディのコーティングを普通思い浮かべると思…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    郵便局ネットショップで手に入るジムニーのミニカーセット
  2. 記事

    トヨタでおすすめな車種を徹底解説!~2020年度版
  3. 未分類

    ドイツ人が日本に来て買うカー用品 1位ホイールコーティング剤
  4. 記事

    神奈川県限定!密にならない!車で行けるおすすめゴルフ場まとめ
  5. 未分類

    カーメイトの商品の悪い評判は?Amazonの悪いレビューまとめ!
PAGE TOP