3Mヘッドライト用クリア コーティング剤が全然ダメだった件

   
 

愛車を長く乗っていると、だんだんと気になってくるのはヘッドライトの黄ばみですよね?ボディを綺麗に保っていても、ヘッドライトが黄ばんでいるだけで、何故だか車がボロく見えてしまうものです。そのような時に活躍するのが、ヘッドライト用の研磨剤、コーティング剤となるのですが、世の中には数多くの研磨剤が出回っていて、どれが本当に効果的なものなのか分からないものです。

今回は、私プロの一級自動車整備士が、大手メーカー3Mのヘッドライトコーティング剤を使った感想と個人的にオススメの商品をご紹介させていただきます!

ヘッドライトの研磨、コーティングの方法とは?      

ヘッドライトの研磨、コーティングというのは、基本的に4ステップで行います。「下準備」「研磨」「研磨2」「コーティング」という段階です。まず準備段階では、ヘッドライト表面の汚れを綺麗に除去する必要があります。レンズを綺麗に磨くことができたら、ヘッドライトの周りをマスキングテープで保護し、研磨剤がボディに付着しないようにします。

その後の2段階の研磨工程では、それぞれ1000番、3000番など目のことなる研磨剤を使用して、ヘッドライトの黄ばみやくもりを除去していきます。最後にコーティング剤をレンズ表面に塗って完了です。それぞれの行程が非常に重要で、下準備の段階で汚れを落とせていなければ、研磨の段階で余計な傷が入ってしまいます。また、研磨が甘ければコーティング剤がうまくヘットライトにのりません。

コーティングを均一に塗れないと、レンズ表面に嫌なムラができてしまうでしょう。どれか一つでもダメだと全てが台無しになってしまうと考えてください。

ぶっちゃけ3Mのヘッドライト用クリアコーティング剤はどう?

これに関してはタイトルで結果が既にお分かりになってしまっているかもしれません。結論から申し上げますと、使いにくい。素人には施工するのが非常に難しいです。特に最後にコーティング剤を塗る最後の工程で、失敗してしまうという方が多いようです。

更に詳しく説明すると、コーティング剤の乾燥が非常に早く、均一にムラなくコーティング剤を延ばしたい時に、すぐに硬まってしまって綺麗に塗ることができません。乾燥が早いというのは、プロにとっては作業がしやすいのですが、素人にとっては難易度が上がることでしかないのです。

ヘッドライトをピカピカに!コーティングを失敗しないためには?

それではヘッドライトのコーティングを失敗しないためにはどのようにすれば良いのでしょうか?それは下準備、研磨の行程が何より大事ということです。まずは研磨をはじめる前に、しっかりとヘッドライトの下地処理、洗浄を行うようにしてください。先ほどもお伝えしましたが、汚れが残った状態で研磨に入ってしまうと、その細かい土ほこりの汚れが、ヘッドライトに深い傷をいれてしまう原因になってしまうのです。

コーティングと聞くと表面にベールのようなものを纏わせるイメージがあるかもしれませんが、コーティングの前には必ず「研磨」、つまりは削って磨くという行程があります。ヘッドライト自体を削って傷や汚れを落とし、その上にコーティング剤を纏わせるのです。

ですので、ピカピカにするためには、全ては研磨の段階が重要ということです。コーティングはあくまで綺麗な状態を長い間保たせるための予防といったイメージです。

プロにも素人にもオススメのコーティング剤は?

素人向けだと、満足できない。でもプロ仕様は難しい。そのような方に向けて、プロの私がご紹介するのがこちらのCarZootの商品です。黄ばみや汚れを落とす力はもちろんのこと、価格もお求めやすく、施工もしやすいという魅力溢れる品物です。他のコーティング剤では落とせなかった黄ばみも、この商品なら落とせた。という口コミも多数寄せられています。

ヘッドライトコーティング剤でお悩みの方は、まずはこちらをご検討してみてください。

avatar
ヘッドライトが汚れているととても危険!

黄ばみも取れるコーティング剤を利用しよう!

30秒でできる!ヘッドライトの黄ばみ・くすみを簡単に取り除く方法!前のページ

ホイールコーティングはしてないとどうなる?次のページ

関連記事

  1. 未分類

    車内エアコンのアンモニア臭の原因と対策を解説!

    車のエアコンのスイッチを入れた途端に悪臭がすると、嫌な気持ちになって…

  2. 記事

    車好きの父親にプレゼントするなら?喜ばれるギフト5選!

    長年勤めた職場を定年退職し、これからは趣味に時間をかけられる機会が増…

  3. 記事

    芸能人も多く乗っているランボルギーニのおすすめな車種を徹底解説!! 2020年度版

    車好きが必ず1度は憧れるであろうスポーツカー、「ランボルギーニ」。今…

  4. 記事

    車内が快適に使える?最新のカー用品おすすめランキングTOP5!

    ちょっとしたお出かけや長距離のドライブでも、車内を快適な空間にできた…

  5. 記事

    ガラスコーティングしている車の洗車方法とは?注意点について

    車を綺麗な状態で長時間保つためにガラスコーティングを行う方が多いと思…

  6. 記事

    100均ディズニーのカー用品がかわいい!ダイソーの人気商品4選!

    車を大好きなディズニーキャラクターで飾りたいけど、お金がかかる…とお…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車のバッテリーの規格や種類は?サイズなど寸法の見方を解説!
  2. 記事

    AMGのおすすめな車種を徹底解説!!
  3. 未分類

    これで完璧!おすすめ車の消臭剤
  4. 記事

    北海道の大自然のパワースポットを車で回ろう
  5. 記事

    なぜホイールコーティングをしろとディーラーは言うのか?
PAGE TOP