02センサーとは何?その仕組や点検時期を詳しく解説!

   
 

02センサーとは文字通り02(酸素)濃度を計るセンサーです。エンジンの警告灯が点灯する原因で一番多いのが02センサーの異常なんです。これは自動車の整備士なら常識ですが、一般の方はご存じないのではないかと思います。

そこでこの記事では02センサーについて詳しく解説しています。故障診断では必須の知識なので、最後まで目を通すようにして下さい。

02センサーとは何?

02センサーは排気ガスに含まれる酸素の濃度を計ります。酸素が薄いと燃料が濃いということになり、酸素が濃いと燃料が薄いということになります。燃料の濃い薄いの基準になるのはストイキオメトリー(理論空燃比)で理想的な比率があります。

それはガソリンが「1」に対して空気が「14.7」。この割合の混合気を燃焼させると排気ガス中の有害物質が減少します。ただしエンジンは常にこの割合で燃焼しているわけではありません。車の走行状態により常に変化しています。

02センサーの仕組み

02センサーに使われているのはジルコニア素子です。ジルコニア素子は300度以上の環境下では、酸素の濃淡により起電力を発生します。そしてECUに電圧の変化が伝えられると、インジェクターを調整して燃料を濃くしたり薄くしたり制御するわけです。

02センサーがある場所は?

02センサーは排気ガスをチェックするので、触媒やエキゾーストマニホールドの前後に設置されています。

02センサーが劣化したり故障するとどうなる?

02センサーが劣化したり故障するとどうなるのでしょう。まずは燃費が悪化していることに気付くはずです。これは必要以上に濃い燃料を噴射しているために起きることです。またエンジンのパワーが落ちることもあります。

また濃い燃料を噴射しているため不完全燃焼になります。そうなると排気ガスが臭くなってしまいます。そして02センサーの異常を車載コンピューターが検知するとエンジンの警告灯が点灯することになります。

すぐにエンストして動けなくなるわけではありませんが、なるべく速やかにディーラーや修理工場で見てもらいましょう。

02センサーの点検や交換時期は?

一般的には02センサーの寿命は、走行距離8万kmもしくは5年と言われています。ですからこれを目安に点検すればいいわけです。ただし点検には専門のツールが必要です。素人が目視で判断することは出来ないので、ディーラーか修理工場で見てもらって下さい。

また寿命に達していなくても劣化している場合もあるので、燃費が悪くなったり排気ガスが臭うようになったら点検に出すようにしましょう。

O2センサー交換にかかる費用はいくら?

車種にもよりますがパーツ代が2万円前後、工賃が6000円程度かかります。ただしO2センサーを正規品ではなく社外品にすれば、パーツ代は2000円から6000円で済みます。社外品と言っても使用しているジルコニア素子などは同じなのでお得と言えます。

ただし車がメーカーの保証期間内の場合は、社外品を使用すると保証が切れる可能性もあります。よく確認するようにして下さい。

CarZoot ヘッドライト黄ばみ取り

以前は車のヘッドライトといえばガラス製で角目か丸目の違いしかありませんでした。しかし現在の車のヘッドライトは実に様々な造形があふれています。これはガラスではなく樹脂製になったため、自由なデザインが可能になったんです。

しかもガラス製よりも軽く出来るため、燃費の向上にも繋がっています。いい事ずくめのようですが、一つ大きな問題が残りました。それは樹脂の経年劣化による黄ばみや曇りです。黄ばみや曇がひどくなると、光量が低下してしまいます。場合によっては車検に通らなくなってしまいます。

そこでご紹介したいのが「CarZoot ヘッドライト黄ばみ取り」です。まずはクリーナーで黄ばみを落として下さい。クリアになったらコーティング剤でヘッドライトを保護してやります。こうすれば新車の時と同じ輝きを取り戻します。ヘッドライトの黄ばみが気になる方は、ぜひお試し下さい。

おうちで保管おすすめのタイヤラックを紹介! 前のページ

トヨタ新型モデル「スターレット」が21年ぶりに復活!次のページ

関連記事

  1. 記事

    「ポロ改良モデルを4/22公開」フォルクスワーゲンの魅力とは?

    自動車に詳しくない人でも、ドイツのフォルクスワーゲン社を知っている人…

  2. 記事

    フィジーの交通事情と車でいける植物園を紹介!2021年最新版 

    フィジーは南太平洋に浮かぶ大小あわせて330余の島で成り立っている国…

  3. 記事

    ビットコイン大量購入?米テスラ支払いもビットコインで!

    話題の仮想通貨ビットコインを大量購入したと、米テスラが発表したのをご…

  4. 記事

    【誰でも一度は見たことある標識車】道路維持作業車とはどんな車かを徹底解説 

    道路を走っていると、工事中という電光掲示板標識を乗せたトラックをみた…

  5. 記事

    【2021年版】シートカバーで車内を上質な雰囲気へ!選び方からオススメまで併せて紹介

    アイテムを一つ付け替えるだけで、雰囲気ががらりと変わることがあります…

  6. 記事

    山口県でお得にタイヤを交換しよう!魅力的なお店を紹介!

    定期的にタイヤを交換することは非常に重要です。しかし、タイヤを交換す…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    岩手県内でリフレッシュ!自粛でも楽しめる屋外観光施設を紹介!
  2. 記事

    【空飛ぶタイヤ】長瀬智也主演で池井戸潤の小説が映画化
  3. 未分類

    なぜポルシェオーナーはCarZoot社のアルミモールコーティング剤を施工するのか…
  4. 記事

    どこがいいか迷った時に見て欲しい!愛知の自動車学校3選!
  5. 記事

    工事を進めデジタル化していく京成電鉄と北総鉄道の列車無線
PAGE TOP